丹後田辺城 2005.9.24



所在地: 京都府舞鶴市南田辺
最寄駅: JR舞鶴線西舞鶴駅
別 名: 舞鶴(ぶかく)城
現存遺構: 石垣
再建建物: 復興二階櫓、大手門
区 分: 平城
城 主: 細川氏、京極氏、牧野氏
歴 史: 1579(天正7)細川藤孝が築城、宮津城より移る
1582(天正10)信長の死を期に藤孝は宮津城に隠居、田辺城には嫡男の忠興が入城
1600(慶長5)関ヶ原の戦で幽斎(藤孝)が宮津城に放火、田辺城に篭城するが朝廷の仲介により開城、戦後京極高知が入城
1622(元和8)高知の遺言により嫡男・高広が宮津藩主、三男・高三が分藩された田辺藩主となる
1668(寛永8)田辺京極家3代高盛が豊岡に移封、代わって牧野親成が入封し城を大幅改修
1873(明治6)廃城
1940(昭和15)彰古館(復興二階櫓)築造
1992(平成4)大手門再建


JR舞鶴線・西舞鶴駅から500mほど歩くと警察署の前に突然大手門が姿を見せる。

道路挟んだ警察署前から。

復興二階櫓の「彰古館」。

本丸石垣。

上から。

石垣上から彰古館。

石垣の周囲を歩いてみる。

四角い、石碑っぽい石が混じっている気がする。

裏側から彰古館。この場所はレストランの駐車場。

彰古館。

彰古館。

外から大手門。

天守台跡と大手門。細川時代にはこの辺りに門があったらしい?

天守台跡石垣。細川時代は堀で囲まれていたらしい。

内側から大手門。二階は資料館なのだが、この日(9/24)は閉まっていた。土曜なのに・・・・。




近畿の一覧へ