御土居 2010.06.12



所在地: 京都市北区、上京区、中京区
最寄駅: JR京都駅、京都市営地下鉄北大路駅、西大路御池駅ほか
現存遺構: 土塁
区 分: 防塁
築城主: 豊臣秀吉
歴 史: 1591(天正19)築造開始
1601(慶長6)一部撤去
大正時代破壊相次ぐ
1930(昭和5)八か所の土塁が国史跡に指定
1965(昭和40)北野天満宮境内の一か所が追加で史跡指定


史跡指定されている御土居跡を中心に巡る。京都御苑東側の廬山寺(上京区北之辺町)からスタート。寺の東側の墓地の奥に土塁。

この石垣は後世のものだろうなあ。

枯葉に覆われた土塁。その昔は土塁上には竹が植えられていたそうだ。

斜め下から。高さは2〜3m程度。

土塁上に上ってみる。

北区紫竹上長目町に移動。加茂川中学前バス停近くに土塁。このあたりが御土居の北東の角だったらしい。

土塁と説明板。

道を隔てた加茂川中学校の敷地にもあるらしいが、中学校に入って写真を撮るのは難しそうなので回避。

ちょっと東に移動して北区大宮西脇台・大宮交通公園内の土塁。

説明板。「御土居は、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が、京都の都市改造の一環として外敵の来襲に備える防塁と、加茂川の氾濫から市街地を守る堤防として、天正一九(一五九一)に多くの経費と労力を費やして築いた土塁です。台形の土塁と堀(堀の一部は川を利用)からなり、その延長は二二.五キロメートルに及び、東は鴨川、北は鷹ヶ峯、西は紙屋川、南は九条あたりに沿って築かれました。土塁の内側を洛中、外側を洛外と呼び、要所にはいわゆる七口を設け、洛外との出入口としました。」

史跡には指定されていないが柵で囲ってあって、これ以上破壊されることはないと思われる。

下から。

結構長い。100m近く?

逆側から。

さらに東に移動、北区大宮土居町に着くと柵で囲われた巨大な土塁とその外側に空堀が。

土塁。端はどうなってるのだろう?

空堀。

史跡の標柱も柵の中。

説明板。先ほどのとは文面が違う。「天正19年(1591)豊臣秀吉が、長い戦乱のため荒れていた京都に都市計画を行ったとき、外敵の来襲に備え、その防塁として築いた土塁(土居)である。その範囲と構造は右図のとおりで当時の京都の周囲をめぐり、延長実に23キロメートルにおよび、これによって洛中・洛外が分けられていた。諸国道への出入口を設けていたが、鞍馬口、荒神口、丹波口などの地名はその名残りである。また京都市立室町小学校校庭には『是よ利洛中荷馬口付のもの条辺から・・・』(もと清蔵口町所在)と刻んだ石柱が移されている。昭和5年(1930)7月8日市内に残る御土居のうち8か所が、京都の沿革を知るうえに、また、広くわが国における都市の発達をたどるうえにきわめて重要な遺跡として『史跡』に指定された。昭和40年10月さらに1か所(北野天満宮境内)が追加指定され、現在9か所が指定地となっている。」

土塁。

土塁逆側から。




その2へ。