岸和田城 2004.7.24



所在地: 大阪府岸和田市岸城町
最寄駅: 南海本線蛸地蔵駅
別 名: 千亀利(ちきり)城。もともとは猪伏山滕(ちきり)城と呼ばれていたらしい。
現存遺構: 石垣、堀
再建建物: 復興大天守、模擬小天守、隅櫓、大手門
区 分: 平城
城 主: 和田氏、小出氏、松平氏、岡部氏
歴 史: 1334(建武元)頃和田氏がここに築城と言われる
1585(天正13)小出秀政が城主となり、城郭整備開始
1597(文禄6)五層の天守が竣工
1619(元和5) 秀政の孫・吉英が出石に再転封、松平(松井)康重入封
1640(寛永17)康重没し子の康映は播磨国山崎に転封、代わって岡部宣勝が入封し以降明治まで岡部氏が城主
1827(文政10)雷により五層の天守が焼失。その後再建されず
1871(明治4)廃城
1954(昭和29)三層の復興天守が建てられる
1969(昭和44)櫓と城壁を復興


岸和田駅から歩いて約10分、今は残っていないが東大手門側から岸和田城に。

ちょっとUP。

岸和田高校(その昔は老中屋敷)前を通って城の南側に。

南の角。

堀沿いに北東に歩く。

横で。

真横。

本丸隅櫓。

天守。

二の丸跡に建てられた心技館(武道場?)。

隅櫓と天守。

本丸に続く門。

天守と小天守。しかし昔は五層の天守があったのみで小天守はなかったらしい。

八陣の庭。

上から。

天守から二の丸隅櫓。

天守内にある模型。

ほんとにこの通りだったとしたら高さの違いはあれどデザインはそう変わってない?

二の丸隅櫓。実はトイレ。

北の角。

二の丸石垣。

東側の堀沿いに歩く。

真横。

縦で。

ほぼ一周。




近畿の一覧へ