加納城 2004.3.13



所在地: 岐阜県岐阜市加納丸の内
最寄駅: 名鉄名古屋本線加納駅
別 名: 叶城
現存遺構: 曲輪、石垣
区 分: 平城
城 主: 奥平氏、大久保氏、戸田氏、安藤氏、永井氏
歴 史: 1601(慶長6) 奥平信昌が加納入封
1602(慶長7) 信昌が加納城築城
1632(寛永9)奥平氏無嗣廃絶、大久保忠職が入封
1639(寛永16)忠職明石に転封、代わって松平(戸田)光重入封
1711(正徳元)光重の孫・光煕が淀に転封、安藤信友が入封
1756(宝暦6)安藤氏三代・信成が磐城平に転封し永井直陳が入封、以後明治まで永井氏の居城
1871(明治4)廃城
1939(昭和14)本丸跡に陸軍第51航空師団司令部が置かれる
1954(昭和29)自衛隊駐屯地となる
1975(昭和50)自衛隊移転、公園として整備開始
1983(昭和58)国史跡に指定


名鉄名古屋本線加納駅(無人駅)の方から歩いてくるとこの石垣がまず目に入る。本丸跡の石垣。

本丸入り口脇の石垣。

本丸跡に入る。内側からは土塁しか見えない。

本丸跡。現在は公園。

本丸石垣は一周現存している。

堀の跡らしい空き地が石垣を囲む。

野面積み?

一周回って本丸入り口の右手に。この周りの堀跡には遊具が設置してあり子供の遊び場に。

岐阜城の天守を移築したといわれる三階櫓を始め、建物は全く残っていない。

石垣。

これだけ石垣が残っていればいい方か?一部崩れてるところもあったが。帰りはJR岐阜駅まで歩く。20分ほど。




東海の一覧へ