金山城 2005.12.17その2



馬場曲輪。

月ノ池。

カルガモ。

大手虎口。

月ノ池。

三の丸石垣。

南曲輪に向かう。

南曲輪からの眺望。手前の並んだ山が八王子砦。

南曲輪の復元建造物。

日ノ池。

三の丸石垣。

日ノ池。

三の丸石垣。

石垣の間に岩盤が顔を出している部分も。

石垣。

井戸。

小屋。

石垣。

本丸(実城)へ。

樹齢800年と言われるニレの巨木。

本丸跡は現在新田義貞を祀る新田神社。

本丸跡の「金山城址」の碑。

城主系図。実際は義貞などは金山城の城主だったことはないが、由良氏が自らの正統性を主張するために新田家を祀ったという説もある(明治になり由良氏の子孫は新田氏に改姓)。

金山城地図。これでは見にくいので拡大

古めの「本丸址」の碑。

天主曲輪ともいうらしい。

カエデ。もう終わりかけ。

カエデUP。

本丸から裏側に下りると「武者走り」の石碑が。本丸を囲む形で一周している曲輪をそう呼ぶのだろうか?

さらに降りていくと「本城東北部」の看板が。これ以上降りても下山しそうだったので戻る。

天主曲輪を下の曲輪から。

天主曲輪下馬場跡。

さらに行くと本丸残存石垣。

石垣UP。

石垣。

堀切は続く(実際は民家?につながっているため一周はできなさそう)。

黄色いカエデ。




その3へ。