明石城 2007.8.18



所在地: 兵庫県明石市明石公園
最寄駅: JR山陽本線明石駅
別 名: 喜春城、錦江城、人丸城
現存遺構: 櫓、石垣、堀
区 分: 平山城
城 主: 小笠原氏、戸田氏、大久保氏、本多氏、松平氏
歴 史: 1618(元和4) 船上城主だった小笠原忠真が築城、移る
1633(寛永10)忠真が小倉転封、松平(戸田)庸直が松本より入封
1639(寛永16)庸直の養子・光重が加納に転封、代わって大久保忠職が入封
1649(慶安2)忠職が唐津に転封、松平(藤井)忠国が入城
1679(延宝7)忠国の子・信之が大和郡山に転封、本多忠勝の曾孫・政利が入封
1682(天和2)政利改易、越前大野より松平(越前)直明入封、以降明治まで松平家が城主
1739(元文4)松平直常が大修築を行う
1874(明治7)廃城
1881(明治14)艮櫓解体
1901(明治34)乾櫓解体
1918(大正7)県立明石公園として整備
1995(平成7)阪神淡路大震災により櫓・石垣に被害
2004(平成16)国史跡に指定


JR山陽本線明石駅から坤(ひつじさる)櫓、長塀、巽(たつみ)櫓。

太鼓門裏の武者走り。

巽櫓。

坤櫓。

縦で。

ひぐらし池。

坤櫓。

これは阪神淡路大震災の石碑。

なんと全日本プロレス寄贈。ジャイアント馬場にとって明石野球場が思い出のキャンプ地であり、震災に際し義捐金を送ったことから建てられたそうだ。

稲荷曲輪の石垣。

坤櫓。

坤櫓。

天守台。

天守台。

西の丸門跡。

桜堀。

西の丸門跡を外側から。

本丸門跡。

坤櫓。

坤櫓。

巽櫓。

巽櫓。

二の丸へ。




その2へ。