7/11 アクトシティ浜松大会



試合前にはサイン会。

マイクが故障し、急遽拡声器登場。


第1試合 渡辺えりか vs 佐井富子

佐井がエルボーで先制、すぐにドロップキック3発を浴びせる。しかしカバーは1で渡辺ハネ返す。佐井首4の字、渡辺はレッグロックで切り返す。渡辺立ち上がり、佐井の背中にストンピング。体当たりをかましてボディシザーズに。佐井は体勢をうまく入れ替え、上からエルボーを打ち込み、両足を取って逆エビ(右写真)に。そ・れ・に・し・て・も、会場が暑い。「展示場」系の会場はどこもそうだが、冷房入れてくれよ、ほんと。試合に集中できないじゃん。佐井は逆片エビに移行。渡辺ロープエスケープ。佐井はみずからロープに走りボディアタック。さらにその場旋回ボディプレスとでもいうべき動きを見せ、カバー、カウントは2。串刺しドロップキック2発から渡辺をロープに振るが、逆に振り返されまた体当たりを浴びる。しかも3連発、カバーは2で返す。渡辺、得意のヘッドロックホイップからグラウンドヘッドロックで締め上げる。リリースしてストンピング。首4の字、佐井はロープに。渡辺は佐井の頭を二度ターンバックルにぶつけると佐井をロープに振る。佐井これを逆用してクロスボディ2発。佐井首投げからアキレス腱固め。10分経過。

渡辺、佐井をコーナーに振って串刺しエルボー2発。佐井はコーナー反転クロスボディを狙うが渡辺かわしてエルボーアタック2発。渡辺、佐井をロープに振って払い腰。2発目は体重を乗せて。佐井は2でキックアウト。渡辺ボディスラムで投げ捨てるとエルボードロップ2発。ダイビングエルボーも決めるが佐井はハネ返す。渡辺「今度こそ!」と叫んでもう一発を狙うが2発目は佐井かわす。佐井、渡辺を起こすと一本背負い4連発。トップロープに上り、ダイビングボディアタック(左写真)渡辺、2で返す。佐井、迷わずもう一度トップロープに上がり、ダイビングボディアタック。カバー、3カウント!最軽量の佐井が渡辺に完勝!

佐井(13分26秒 体固め)渡辺

これで佐井は明日の巴戦に向けて自信を付けたか?実際予想が付かなくなった。


第2試合 大隅沙理 vs 春山香代子

大隅、左手に包帯。あとで聞くと「ひねった」そうだが。ロックアップでスタート。大隅力でねじ伏せると、ヒザを入れ、ドロップキック。すかさず髪をつかんでホイップ。首4の字に取るが春山はロープ。大隅ロープに振る。春山体当たりで逆襲。ボディスラムからボディシザーズに取るが、大住は切り返し、逆エビに取る。春山ロープに逃げようとするが、大隅はこれを弓矢固めに取る(右写真)大隅しばらく締め上げてからリリース、ロープに振ってカウンターのエルボー、フェースクラッシャー、いずれもカウントは2。ロープに振ってランニングネックブリーカードロップ。もう一発。カウント2。大隅早くもフィニッシュパターンのミサイルキック、春山は2で返す。首投げからスリーパー、春山切り返して大隅をコーナーに振るが、串刺しドロップキックは効き目がなかった様子。大隅ストンピングからボディスラム。大隅コーナーに振る。春山切り返して串刺しエルボーを狙うが、大隅はかわしてモンゴリアンチョップ。春山もこれをかわしてストンピング。バックを取って心中アトミックドロップを狙うが大隅はこれをエビに丸め込む。

春山、めげずにもう一度心中アトミックにトライ、今度は成功。すかさずエビに固めるが、体勢が崩れカウントは2。春山、もうひとつの得意技、スピニングスパインバスターからのジャックナイフホールドを見せるが、これも体勢崩れる。春山、トップロープからダイビングボディプレス。「もう一発!」しかし大隅2発目はかわしてラ・マヒストラルのような入り方から腕ひしぎ十字固め。春山必死にロープに逃げる。10分が経過。大隅、トップロープに上る。ミサイルキック。春山の腕の辺りにヒット。もう一度トップロープに上り、春山が起き上がるのを待ってもう一発ミサイルキック(左写真)大隅がのしかかるようにフォールすると、春山返せず3カウントを聞く。

大隅(11分6秒 体固め)春山


第3試合 久住智子&渡辺えりか vs 佐井富子&春山香代子

春山、そのまま居残り。ダメージが大きいのか、コーナー下にうずくまったまま。佐井、渡辺、久住が入場してくる。コマンド・ボリショイの負傷欠場(交通事故)でカードが変更とはいえ、新人3人の中に久住が混ざってのタッグマッチとは。久住の腰はそんなに調子悪いのだろうか。確かに腰に包帯らしきものは見える(左写真)が。先発は佐井と渡辺。渡辺は第1試合のリベンジをこの試合で果たすべく、序盤から佐井に対しエルボーアタック、体当たり連発と厳しい攻撃。ストンピングを打ってコーナーに振り、串刺しエルボー。ここで久住にタッチ。久住、佐井をロープに振り、カウンターで足を高々と上げてのキックを当てると佐井の足を取って逆片エビ。佐井ロープに。久住は佐井をロープに振る。佐井、クロスボディで逆襲、春山にタッチ。春山、久住をロープに振ると体当たり連発。しかしカバーはカウント1。春山は首4の字に。久住難なくこれを脱出、レッグロックからキャメルクラッチに。久住、渡辺を呼び込んでダブルタックル。渡辺さらに体当たり2連発、カウント2。春山は逆さ押さえ込みに取るがカウントは2。佐井にタッチ。佐井、渡辺に串刺しドロップキック4連発。渡辺腕を取る。佐井取り返す。渡辺もう一度切り返して十字固めに。佐井ロープ。渡辺が佐井をロープに振る。佐井はクロスボディ。ドロップキック2発打って春山にタッチ。

春山、体当たりからボディスラムで2カウント。2発目のボディスラムは渡辺が首固めに切り返す。渡辺、久住にタッチ。春山ドロップキック、体当たりと果敢に攻める。ちょっと久住が腰を気にする感じ。久住はカウンターのエルボーで反撃。しかし春山も久住の攻撃をかわして体当たり3連発、カウント2。春山ボディスラムを打って佐井にタッチ。久住、ダブルアームの体勢に取るが、佐井は逆さ押さえ込みに切り返す。久住、足を出して佐井に取らせると、ビンタ。そして渡辺にタッチ。なんか変だぞ、やっぱ。渡辺はカウンターの払い腰2連発。カウントはしかし2。ボディスラムからダイビングエルボーを打つがこれは自爆。佐井は春山にタッチ。春山は心中アトミックドロップを狙ってバックを取るが渡辺はロープをつかんで抵抗。しかし春山ロープに振ると見せかけて心中アトミック成功、エビに固めて2カウント。佐井が久住を押さえて、春山がダイビングボディプレスに行くが渡辺は足を出してブロック。逆にダイビングエルボー、佐井があわててカット。久住が入り、ダブルアームの体勢。春山粘る。久住バックを取る。佐井がミサイルキックでカット。春山が久住にスピニングスパインバスターからジャックナイフ。カウント2。佐井が入り一本背負い。佐井のクロスボディをかわし、久住がクロスボディを打つが、佐井は切り返してフォールを狙う。カウントは2。佐井スクールボーイ、これも2。しかし佐井が突っ込んだところにキックを合わせ、ダブルアームスープレックスホールドで久住が佐井から3カウント(右写真)。

久住(16分12秒 ダブルアームスープレックスホールド)佐井


第4試合 デビル雅美&大隅沙理 vs キューティー鈴木&天野理恵子

準地元(静岡県清水市出身)の天野に青の紙テープが飛ぶ。と言っても用意したのも投げたのも東京から行った人間だが。デビル、天野と両手で握手、で、なかなか放さないので天野ビビる(最近これ多い)。先発は天野と大隅。手四つから天野がリストを取る。大隅足を出していくが天野が蹴り勝ち。カウンターのジャンピングエルボースマッシュを浴びせてキューティーにタッチ。キューティーはいきなりのニーアタックからブレーンバスター。首投げから脳天にエルボースタッブ。天野を呼び入れダブルでキック。天野が大隅に逆片エビ。大隅はロープに逃げてデビルにタッチ。天野逃げ腰。デビル、観客からの「やっちゃって」の声に「あいよ!」。天野にもこれに対抗して声援。天野すっと手を挙げる。だんだん芸が増えてきたな、天野。今度はデビルに「女子プロのいぶし銀!」と声が掛かる。これにはデビルも噴き出してしまい、レフェリーにタイムを要求。天野が組みに行くと見せかけてデビルの髪をつかむ。しかし例によってつかんだ方が投げられる。コーナーに振られた天野が反転フライングラリアットに行くがデビルかわす。デビルパワーボムに。天野着地してビンタ。デビルラリアット、天野かわしてワキ固め。デビルがこらえると足を掛けて十字固めに。デビルロープ。天野、キューティーにタッチ。キューティー卍。デビルしばらくこらえてから力でブレーク。大隅にタッチ。大隅ドロップキック、逆片エビ、バックドロップと畳み掛けるが、キューティーは腕を取ってワキ固め、DDQで天野にタッチ。デビルがロープ際で天野を捕らえ大隅がパンチを連打。天野場外転落。デビルがフェンスにぶつける。キューティーは大隅を捕らえて場外走り回る。(左写真)デビルは天野を机の上にリフトアップ&スラム、で、机を傾けて頭から落とす。キューティーは大隅を壁に激突させる。大隅足を痛めた様子。デビルが大隅に喝。

天野と大隅がリングに戻って試合再開。天野ビンタ連発。大隅はエルボーで返してデビルにタッチを求めるが、デビルは「もっと自分で攻めてこい」とばかりにタッチ拒否。大隅、ドロップキック、ストンピングと天野を攻め込んでようやくデビルにタッチしてもらう。天野はフライングラリアット、デビル倒れない。2発目も倒れない。3発目にデビルがラリアットを合わせるが、天野はかわして後方回転エビ、カウント2。キューティーが入り、2人でDDT(右写真)さらにダブルブレーンバスターを狙うが、これはデビルに2人まとめて逆に投げ飛ばされる。大隅が入り、天野にフェースクラッシャー。天野はカウンターでフライングラリアットを入れてキューティーにタッチ。大隅はモンゴリアンチョップ連打からランニングネックブリーカードロップ2発。デビルにタッチするとデビルはトップロープからローリングセントーン、今日は自爆。キューティーがバックを取る。デビルはブレークしてパワーボム。2発目はキューティーが頭の上を飛び越して回転エビ固め、カウント2。天野がそこにダイビングフットスタンプ。キューティーもコーナーに上がって続く。キューティーがデビルをドラゴンスープレックス、2カウント。15分が経過。天野がリングイン。デビルにストンピング。デビルは天野を捕らえるとパワーボムに行こうとするが、天野はこれをうまくDDTに切り返す。

天野、ロープを使っての十字固め、デビルはロープエスケープ(左写真)。天野がコーナーに上る。大隅が押さえる。デビルはキューティーをリング下に蹴り出すと、天野にビンタを入れて雪崩式ブレーンバスター。続くライガーボムはリングに帰還したキューティーが何とかカット。大隅がコーナーに上ってデビルにタッチ要求。デビルがタッチ、大隅飛ぶが天野は足を出す。天野がバック取る。デビルがラリアット。大隅がジャックナイフで固めるがカウントは2。

大隅が天野をコーナーに上げる。キューティーが後ろから大隅を引き落とす。天野ミサイルキック。すかさずジャーマン、これはデビルがカット。キューティーがデビルを押さえる。天野、その間にロープワークから大隅に飛びつき首刈り十字固め(右写真)。

天野(18分4秒 腕ひしぎ十字固め)大隅


ところが、ここからちょっと変わったことが。敵同士であったデビルとキューティーが健闘を称え合う以上に何か話し込む。そしてデビルは束ねていた髪をほどいて垂らす。まるでスーパーヒールのよう。そしてセコンドに付いていた久住(翌12日にシングル対戦予定)をエプロンに上げると、にらみ合い。その後天野にもそのカッコでにらみを利かすが、天野は「私は関係ありません」と言わんばかりにロープ下をくぐって逃げた。デビル、また髪を束ねると、観客にあいさつをして退場。これはやっぱり「明日はスーパーヒール」というサインなのだろうか?


インフォメは久住。


第5試合 福岡晶&宮口知子 vs ダイナマイト関西&本谷香名子


ツアーで「花束を渡す権利」を獲得した斎藤さん。「誰に渡すかはひみつ」とか言ってたが、本谷に。
本谷に三色のテープが飛ぶ。翌日のシングル対決を控えた今日の前哨戦。いきなりの張り手合戦から本谷ジャーマン、宮口すぐに立ってジャーマンを返す。本谷もすぐに立ちあがって、にらみ合い。本谷キック、宮口足を取ってテイクダウン。逆エビに行こうとするが本谷はブロック。宮口ストンピングを入れて福岡にタッチ。福岡キック2発から低空ドロップキック、逆エビ固め。リリースすると背中にキック、バックドロップと容赦のない攻め。キャメルクラッチ、リリースして背中にダイビングヘッドバット。宮口にタッチ。宮口ドロップキック、本谷もドロップキックで返す。宮口起き上がる本谷の背中に強烈なドロップキックを入れ、キャメルクラッチに。本谷これを引っくり返すと逆エビ、そしてキャメルクラッチに。関西が出てナルシストキック(本谷飛ぶ)。

関西が正式にリングイン、キック連打からブレーンバスター。宮口の両足を固め、さらにフェースロックとの複合技に。リリースすると背中にキックを入れて本谷にタッチ。ダブルタックルを浴びせ、本谷が逆片エビから腕も取って変形のストレッチ技に。しかし宮口はその腕を逆に取り、自分の体を回転させると腕十字固めに。本谷がロープに逃げると同時に宮口は福岡にタッチ。福岡がパンチで行くが、本谷はこれをかわしてコブラツイスト。福岡がロープに逃げると、そこに関西のキック。そしてまた本谷コブラ。本谷、自らリリースするとクロスアームサルト3連発、カウントは2。関西にタッチ。関西、福岡をコーナーに振って串刺しラリアット。2発目は福岡がコーナーに飛び乗って、サルト・モルタルかと思いきや突っ込んで来た関西にムーンサルトアタック。カウントは2。宮口を呼び入れ、ダブルタックルに行くが、関西はラリアット。そしてキック。倒れたところに本谷セントーン、ローリングセントーン、しかし反転ローリングセントーンは自爆。福岡ジャーマンを打って宮口にタッチ。10分経過。

宮口すぐさまイナヅマ3連発(左写真)。ブラックバスターにと本谷を担ぎ上げるが本谷は回転の途中で着地。しかし宮口は本谷を捕らえてかち上げエルボースマッシュ3発。宮口コーナーに上る。本谷倒立式ウラカン・ラナ、宮口エビに丸めてカウント2。本谷返してまた2。本谷ミサイルキック。宮口が立ち上がるところに突っ込んでいくが待っていたのはキチンシンク。宮口素早く担ぎ上げ、回転するとブラックバスター、カバー、カウント2。福岡入り、ムーンサルトプレス。これもカウント2。福岡がタイガードライバーの体勢に入るがこれは関西がラリアットでカット。関西さらに福岡にバックドロップ。本谷がそこにダイビングセントーン、しかしカウントは2。本谷休まずラ・マヒストラル、宮口がカット。関西にタッチ。関西が福岡にバックドロップ、福岡は空中で体をひねってこれを潰す。しかし関西は起き上がると突っ込んでくる福岡にカウンターのラリアット。

福岡が立つとバックドロップ(左写真)。関西はスプラッシュマウンテンの体勢。福岡はすり抜けて着地するが、関西は顔面にキック。起きたところにもう一発ハイキック。福岡ダウン。9カウントでようやく立ち上がると関西ラリアット。カバーに行くが福岡の足がロープに。本谷がコーナーに上り、関西が下から支えてファンタスティック・フリップ、本谷カバー、これは福岡自力で返す。15分経過。本谷がフィッシャーマンバスターを狙う。福岡はヒザを入れてこれをブロック。本谷ロープに走る。福岡パワースラム。福岡コーナーに上る。関西がキックで落とす。本谷が今度はコーナーに上る。宮口がリングインするや、まずエプロンの関西を場外に落とし、次いで本谷に雪崩式ブラックバスター。お膳立てを受けた福岡がタイガードライバーで本谷をピン。

福岡(16分8秒 タイガードライバー)本谷

宮口、マイクを取る。「本谷!明日も、私が、絶対、あなたからフォール取ります。」

本谷、言い返さずに殴り掛かる。セコンドが分ける。前哨戦にしては壮絶だったなあ。本谷と宮口の直接のからみは少なかったが。


観戦記のINDEXへ