マッスルマニア2019 in 両国〜俺たちのセカンドキャリア〜 2019/2/16その5



亜門「こちらです!」
スクリーンに「プロレスラー格付けチェック」(右写真)。ナレーションは清水愛。

問題は3問で、全問正解で一流レスラー、間違えるとランクが下がるという説明だったが・・・(左写真

ジャンルは「プロレス味覚」「プロレス音感」「プロレス感性」、この3つから1問ずつ出題(右写真)。

出場チームは4チーム。まずは男色ディーノと山里亮太のチーム南GAYキャンディーズ(左写真)。

そしてスーパーササダンゴマシンとクロちゃん(安田大サーカス)の松竹芸能(右写真)。

純烈・酒井一圭とアントーニオ本多のチーム全問正解(左写真)。

最後は再び登場マッスル三面拳(右写真)。

回答者入場。まずは南GAYキャンディーズ(左写真)。

クロちゃんはアイマスクとヘッドフォン着けての入場(右写真)。拉致なのか?そういえばマネジャーにスケジュール切ってもらったけど、本人には何の仕事か伝えていないと言ってたなあ・・・。

チーム全問正解(左写真)。

マッスル三面拳(右写真)。

「MCとして呼ばれたと思ってた。」と語る山ちゃん(左写真)。

ようやくアイマスクとヘッドフォンを外してもらったが、状況把握できないクロちゃん(右写真)。

第1問は「味覚」(左写真

一流プロレスラー竹下幸之介が厳選したプロテインと(右写真)、

一般人・藤岡典一のスーツケースに2年位放置された飲みかけのオリジナルブレンドのプロテイン(左写真)を飲み比べ。

「母親にはイソフラボンと聞いています」(右写真)という粉はどう見てもきなこ。

さらに謎の物体を噛んで投入(左写真)。

なぜかワインで割って飲むことに(右写真)。

どちらも「普通においしい」と感想を述べるクロちゃん(左写真)。

山ちゃんは微妙な表情(右写真)。

三面拳だけが「B」が竹下のプロテインと予想(左写真)。

正解は「A」(右写真)。

間違った三面拳は2階のイス席Cエリアに行くことに(左写真)。テレビだと画像処理で消されるところだがさすがに生では無理。

第2問は「音感」(右写真)。

一流プロレスラー竹下幸之介による魂のこもったチョップ音と(左写真)、

元アイドル・伊藤麻希による彼女なりに一生懸命放ったチョップ(右写真)音の聞き比べ。

打たれる人間は山ちゃん、クロちゃん、酒井に決定。回答する人間はアイマスク着用して音だけで判断(左写真)。

伊藤麻希登場(右写真)。

抵抗する山ちゃんだったが、飯野に押さえられては逃げようがない(左写真)。

胸も出すことに(右写真)。

伊藤ちゃん渾身のチョップ(左写真)。

「彼女なりに一生懸命」と言っても痛くないわけはない(右写真)。

竹下登場(左写真)。

チョップ一閃(右写真)、

吹っ飛ぶ山ちゃん(左写真)。

続いてクロちゃんに伊藤ちゃんがチョップ(右写真)。

竹下もチョップ(左写真)。

やっぱりこうなる(右写真)。

伊藤ちゃん「行きます!」と叫んで酒井にチョップ(左写真)、

竹下もチョップ(右写真)。

もみじ(左写真)。

アントンのみ「A」と挙げ、他の2人は「B」(右写真)。

アントンが「A」を竹下と判断したのは「伊藤ちゃんが叫んだ『行きます!』はミスリードを誘ったもの」という理由から(左写真)。

しかし結果は「B」(2番目)が竹下(右写真)。

アントンと酒井のチーム全問正解も2階イス席Cへ(左写真)。

ラスト3問目は「感性」(右写真

先ほど行われたペドロ高石引退セレモニーから出題(左写真)。

実は2回あった引退セレモニーは演出した人間が違っていた(右写真)。
ササダンゴ「このために2回やったんですか!」

1人は東京03の豊本明長(左写真)。

もう1人はマッスル演出助手・素人童貞・藤岡典一(右写真)。

「A」(1回目)は花束贈呈がMr.マジック(左写真)、

ビデオメッセージが大吉昌(右写真)、

手紙は大仁田厚(左写真)。

これに対し「B」(2回目)は花束贈呈が趙雲子龍(右写真)、

ビデオメッセージが五味祐司(左写真)、

手紙が高石伊織くん(右写真)。

悩む回答者に亜門から大仁田の手紙に大事な言葉があった、とヒントが。それは「敵にお尻を見せない」左写真)、

「敵に舐められない」右写真)、

「虐げることはしない」(左写真

「もっとわかりやすくしましょうか?」と言うと「お尻」「舐め」「たげる」だけに(右写真)。

するとLINE風の画面が出て「お尻舐めたげるね」(声付き)(左写真

これはあの不倫騒動の・・・

両チームとももちろん「A」が豊本、と回答(右写真)。

両チーム正解(左写真)。

山ちゃん「これ、本人がアフレコしたんですか?」右写真
そうらしい。そしてすでに東京03のコントには組み込まれているという話も。

3問終了して全問正解が2チームのため、代表は決定せず。しかし問題は3問しか用意していなかったという亜門。(左写真
亜門「お前らひょっとして、試合したくないからこのくだりで全部自分たちの出番終わらせようとしてないか?正々堂々、試合でどちらが一流レスラーか決着をつけろ!」
ササダンゴ「いやあ、急に試合と言われても・・・」
亜門「ちょっと時間欲しいんだろ?だったらこの次の試合終わって、その後の休憩明けにお前らのタッグマッチ組むから。時間あれば遺恨くらいできるだろ?」



その6へ。