新日本プロレス “G1 CLIMAX 26” 2016/8/14 両国国技館大会



メインイベント G1 CLIMAX 26優勝決定戦
後藤洋央紀(Aブロック1位) vs ケニー・オメガ(Bブロック1位)

G1 CLIMAX 26もいよいよ優勝決定戦(右写真)。

Aブロック1位は後藤洋央紀、そしてBブロック1位は"THE CLEANER"ケニー・オメガ!(左写真

「外国人選手が優勝する最後のチャンスかもしれない。俺はそれにふさわしい男だ。俺の新しい伝説が始まる。GOOD-BYE AND GOOD NIGHT BANG!」右写真

優勝決定戦は後藤洋央紀vsケニー・オメガ!(左写真

ケニーのエントランスビデオ(右写真)。

ケニーが花道の奥から姿を現す(左写真)。

リングイン(右写真)。

カメラに向かってアピール(左写真)。

「BANG!」のポーズ(右写真)。

コーナーに上って観客を煽る(左写真)。

バックの取り合いでスタート(右写真)、

ケニーが後藤をロープに押し込む(左写真)、

クリーンブレークと見せかけて頬を張る(右写真)。

ロックアップ、後藤バック取る、ケニー腕を取る(左写真)、

グラウンドに持ち込んで十字狙う、後藤ブロックして(右写真)逆にケニーの腕を取る、

後藤立ち上がるとヘッドロック、ケニーロープに振る、後藤ショルダーブロック、ロープに飛ぶ、ケニーカウンターでフランケンシュタイナー(左写真)、後藤場外に。

ケニー助走(右写真)、

後藤リングに戻ってローキックからステップオーバートーホールド(左写真)から足4の字固め、ケニーロープ。

後藤突っ込む、ケニーカウンターのエルボー(右写真)。

ケニーロープに飛ぶ、後藤追走式ラリアット(左写真)、ケニー場外に。5分経過。

後藤が鉄柵に振る、ケニー鉄柵をつかんで止まり、追いかけてきた後藤にソバット、鉄柵に飛び乗ってムーンサルトアタック(右写真)。

ケニー後藤をエプロンの角にボディスラムでぶつけ、パワーボムの形で持ち上げて(左写真)、

またエプロンに(右写真)。

ケニー先にリングに戻る(左写真)。

後藤がカウント18で戻るとハンギングネックブリーカー(右写真)。

キャメルクラッチ(左写真)、後藤ロープ。

ケニーは後藤の背中にキック(右写真)、

ヒザを着いて逆水平(左写真)。

ケニーチンロック(右写真)、後藤ロープ。

ケニーコーナーに詰めて逆水平(左写真)。

挑発するようなポーズから(右写真

また逆水平(左写真)。

ケニー対角線コーナーに振って突っ込む、後藤かわしてエルボー(右写真)、

今度は後藤が対角線コーナーに振って突っ込む、ケニーカウンターのキック(左写真)、

コタロークラッシャー(右写真)、カウント2。

また逆水平(左写真)、

後藤もチョップ打ち返す(右写真)。

ケニーガットショット、後頭部にエルボースタッブ連打(左写真)。

ケニーロープに飛ぶ、後藤ラリアット(右写真)。コーナーに振って村正からバックドロップ、コーナーに上ってダイビングエルボードロップ、カウント2。

ケニー立ち上がる(左写真)。

ケニー肩に担いで(右写真

カナディアンロッキーバスターから(左写真

セカンドコーナーに飛び乗ってムーンサルトプレス(右写真)、カウント2。

ケニー後藤の顔面にチェーンソー(左写真)。

立ち上がって後藤の後頭部にエルボースタッブ(右写真)、

エルボースマッシュ連打(左写真)。

ケニー逆水平(右写真)、

後藤が「もっと打って来い!」と胸を突き出すとサミング(左写真)。

ケニー高速ドラゴン(右写真)、後藤は場外エスケープ。

ケニーこのポーズ(左写真)。ヤングバックスが「ダダンダンダダン、ダダンダンダダン」とマットを叩き始める。

ケニー助走して(右写真

トップロープノータッチトペ・コン・ヒーロ(左写真)。

クリーンヒット(右写真)。

後藤をリングに戻すとコーナーから飛んで(左写真

上から頭を踏みつけるような(右写真

ミサイルキック(左写真

ケニーフルネルソン、後藤ブレーク、ケニーエルボー(右写真)。

ケニーロープに飛ぶ、後藤ハネ上げるようにして牛殺し(左写真)、ケニーエプロンに逃げる。

後藤ロープ越しにラリアット、ケニーをコーナーに上げて(右写真)雪崩式牛殺しに、カバー、カウント2。

後藤スリーパー(左写真)、

ケニー切り返す(右写真)、

後藤さらに切り返す(左写真)。

後藤リリースしてジャーマン、ケニー着地してジャンピングニー(右写真)。

ケニーAOI SHOUDOUの形で持ち上げて(左写真)、

牛殺しのように後頭部をヒザに(右写真)。

ピストルサインから(左写真

ランニングニー(右写真)。片翼の天使は後藤着地してスリーパー、ケニーかけられたままコーナーに上り後藤を背負ったままリングに落下してブレークする。両者ダウン。20分経過。

ケニー立ち上がるとエルボー(左写真)、後藤もエルボー打ち返す。

ケニーは後藤の頭を捕まえると(右写真)、

下からヒザ(左写真)。

ケニー高く差し上げて(右写真

シットダウンラストライド(左写真)、カウント2。

ケニーコーナートップからダイブ(右写真)、

一回転して(左写真

フェニックススプラッシュ、後藤かわす(右写真)。飯伏技2連発!

後藤裏昇天、カウント2。さらにGTR狙うがケニーが後藤の頭にヒザ(左写真)、ブレーク。

ケニーランニングニー、後藤ブロック(右写真)、

続けてのバイシクルニーはヒット(左写真)。

ケニー高速ドラゴン(右写真)からカバー、カウント2。

指1本天に突き立て(左写真)、

後藤を指さし(右写真)、

ランニングニー(左写真)。

Bullet Club初代リーダー、プリンス・デヴィットの技であるブラディサンデー(右写真)、

2代目リーダーのAJスタイルズのスタイルズ・クラッシュ(左写真)、

そして現リーダー、ケニーの必殺技・片翼の天使(右写真)、カバー、カウント3。

ケニー(26分49秒 片翼の天使)後藤
※ケニーがG1 CLIMAX 26優勝。

Bullet Clubがケニーを祝福(左写真)。

優勝トロフィーを高く持ち上げる(右写真)。

優勝旗も授与されるが(左写真

一振りした後(右写真

放り投げ(左写真)、

Bullet Clubの旗を振る(右写真)。

最初は英語で話していたが途中から「今回特別に日本語で話す。びっくりしてるだろ?悪いですが、今まで俺は日本語を話したくなかった。俺はヒールだからさ。ヒールだけど、日本語話せるのに、お前らの好きな選手に大歓声ね。だから俺は許せない。みんながケニー・オメガのこと応援してくれないと嫌いですね。でも、嫌いかどうか、どっちにしても日本は俺のホーム。だから、そっちには行かない。」左写真

「GOOD-BYE AND GOOD NIGHT, BANG!」右写真

銀のテープが降り注ぐ(左写真)。

ケニーが見えなくなるほど(右写真)。

最後にもう一度トロフィーを掲げる(左写真)。



観戦記INDEXへ。