新日本 “NEW YEAR DASH !!” 1/5 後楽園ホール大会その2



第5試合 ケニー・オメガ&ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン vs 田口隆祐&KUSHIDA&アレックス・シェリー

第70代IWGPジュニアヘビー級王者・"THE CLEANER"ケニー・オメガ入場(右写真)。

リングインするとこのポーズ(左写真)。

カッコええ(右写真)。

ガウンを脱いで筋肉を見せつける(左写真)。

ベルトを取られてもファンキーな田口(右写真)。

先発はKUSHIDAとニック。ロープワーク、ドロップキック相打ち(左写真)。マットとシェリーにタッチ。

シェリーがロープに飛ぶ、ニックが場外から足を引っ張って倒し、自軍コーナーに連れ帰ると3人でストンピング(右写真)。

シェリーをヘッドシザーズで捕えてジャンピングトラースキック(左写真)。

3人でキック(右写真)。

ケニーが入って連続シュミット流バックブリーカー(左写真)。

チェーンソー始動!(右写真

ヤングバックスが擬音担当(左写真)。

シェリーの顔面にチェーンソー(右写真)。

コーナーに戻ってニックに代わるとやり切った感(左写真)。

さらにシェリーに集中攻撃(右写真)。5分経過。

ニックのキックがマットに誤爆(左写真)。

ケニーブレーンバスターの体勢で持ち上げる(右写真)、

シェリー抵抗して一旦下がる(左写真)、

もう一度持ち上げる(右写真)、

しかしシェリー着地して延髄蹴り(左写真)、田口にタッチ。

ケニー突っ込む、田口かわす。田口ロープに飛ぶ、ケニーカウンターのバックハンドチョップ(右写真)。

ケニーロープに飛ぶ、田口カウンターのヒップアタック(左写真)。

トルネードボム(右写真)、カウント2。

ヒップバット連打(左写真)、

マットとニックにジャンピングヒップアタック連発(右写真)。

ケニーバック取る、ヤングバックスがダブルのトラースキック、田口かわしてケニーに誤爆(左写真)。

田口ケニーにアンクルホールド(右写真)、

ヤングバックスがダブルのトラースキックでカット、今度はヒット(左写真)。ケニーはマットにタッチ。

マットがアンクルホールド(右写真)、

田口が前転してコーナーに飛ばすとKUSHIDAがジャンピングハイキック(左写真)。

KUSHIDAスワンダイブチョップ、ロープに振ってフライングフォアアーム(右写真)。

再度ロープに振る、マット切り返す、KUSHIDAはハンドスプリング式の浴びせ蹴り(左写真)。

ダブルのバックドロップはKUSHIDA着地、突っ込んで来たニックにキック(右写真)。

ヤングバックスがダブルでロープに振る、KUSHIDAハンドスプリングエルボー、ヤングバックスキャッチ、しかしそこにシェリーがダイビングクロスボディ(左写真)。

シェリーとの連携でドロップキック(右写真)。

田口、KUSHIDA、シェリーがトリプルプランチャ(左写真)。

串刺しダブルニーとジャンピングハイキックでサンドイッチ(右写真)。

マットにI-94狙う(左写真)、

マット脱出すると対角線コーナーへのパワーボム+ニックがキック(右写真)。

KUSHIDAはマットのバック取ってロープに押し込むと足折り固め、カットに入ったニックのバック取ってジャーマンで投げる(左写真)、

マットを足折り固めで固めるとともにニックをジャーマンスープレックスホールド(右写真)、カウント3。

KUSHIDA(9分16秒 ジャパニーズレッグロールクラッチ&ジャーマンスープレックスホールド)マット&ニック

赤恥かかされたヤングバックスは合体ツームストーン(左写真)で報復。

田口にはダブルのトラースキック(右写真)。

3人で「too sweet」サイン(左写真)。



飯伏の試合へ。