東京女子プロレス旗揚げ戦 12/1 北沢タウンホール大会



MCの桃知みなみがリングに登場(右写真)。最初にライヴがあるためロープは張られていない。

選手入場式の開始をコール(左写真)。

練習生の石澤りりこ(右写真)。

本日デビュー、坂崎ユカとのの子(左写真)。田あゆみはこの後DPGライヴがあるので入場式欠席。

中島翔子(右写真)。

山下実優(左写真)。

木場千景(右写真)。

Kannaが代表挨拶指名される(左写真)。「こんにちはKannnaです。ここにいる皆さん、DDTの皆さん、関係者の皆さんの協力のおかげで私たちは今日旗揚げすることができました。本当に感謝しています。ありがとうございます。」という謝辞で終わり一斉に「もっと話せ」とツッコまれ、「すみません、緊張しています。今回デビューするみんなとか、アイドルさんとか、DPGとかすごい盛りだくさんなので、夜のDDTも見てお腹いっぱいになって帰ってください。」と付け加える。


DPGライヴ

映画「桐島、部活やめるってよ」っぽい映像の後福田らDOGがリングに(右写真)。

ささかまリス子、大内ライダー(左写真)。

DN BANK(右写真)。ステファニー・アユミの姿はない。

新メンバーのすーちーぱいぱいがLINEで呼びかけても返答がない、と(左写真)。

大内ライダーの「プロレスも含めやる気が感じられない」というメッセージに傷ついたらしいと聞いて落ち込むライダー(右写真

ステフを探すために重要人物を呼んでいる、とすーちーぱいぱいが呼び出したのは「宗一郎」ことアントーニオ本多。アントン「日本中探しましたよ。ようやく見つかりました。今日ここに呼んでます。試合あるので来てるの当然ですけどね。」左写真)。

ステフがリングに現れる(右写真)。

ステフはメンバーに宛てた手紙を読む(左写真)。「ミーティングの場でみんなを和ませようと思ってエッチなことばっかり言ってたのが誤解されたのはあるが、DPGのメンバーとは薄っぺらい表面だけの関係だったようだ、DPGを辞めることはもう決めていたが、今日の試合が終わったら友達関係もやめたい」と。

アントンが「友達をやめることはないんじゃないか?何だっけ?あ、DNはこの間話した時、『ステフはコミュニケーションを取るのが苦手なだけなんだよ』って言ってたもん。友達というよりも共同体なんだよ。君たちは結構な密度な共同体なんだよ。だから友達を辞めるとか辞めないとか、そういう話じゃないんだよ。薄っぺらな関係だったら厳しいことは言わない。友達だからこそ厳しいことも言う。多少誤解もあっただろうし、コミュニケーション不足な点があっただけだ。君はプロレスという素晴らしい表現手段を手に入れた。私も実はコミュニケーション不全のきらいがあって、実はリングの上でしか本当のことは言えない。こんなことリング上で言ってて後でしょんぼりするかもしれない。学生時代にプロレスという表現手段を手に入れたけれど、リングの上の自分だけが本当の自分で、それを評価されることによって自信を得てきた。」右写真

「君も今日デビューしてプロレスラーになる以上、やり抜け!」左写真

そして「リングの魔物」スタート(右写真)。

ステフ、最後のパフォーマンス(左写真)。

大内ライダー(右写真)。

細身のシャイボーイ(左写真)。

福田とステフの掛け合い(右写真)。

すーちーぱいぱい(左写真)。

アントンも随所で参加(右写真)。

福田がステフにチョップ(左写真)、

ステフは福田にミドルキック(右写真)。

リス子とステフ(左写真)。

福田ソロパート熱唱(右写真)。

DN BANKがマスクを取り「成田大致」に戻る(左写真)。中学からの友人としてステフ、いや田あゆみを送り出すってことかな?

ステフは泣き顔(右写真)。

アントンが福田にブレーンバスター(左写真)。

成田がステフにメッセージ「デビュー戦、頑張って。まさかこんな、俺が一番愛しているプロレスを同級生の田が始めるなんて思わなかったよ。今日は最後までやり切ってください。」右写真)。

そして「最後にリングの魔物を。」と言い出す(左写真)。え?
「時間ないですかね?」とやめようとするが観客の拍手で再度演ることに。

オープニングのセリフ(CDでは田中ケロ)を細身のシャイボーイがアドリブでかぶせてさよならステフバージョンに(右写真)。

オーラスのステフパフォーマンス始まる(左写真)。

成田大致(右写真)。

アントンと福田はまた乱闘開始(左写真)。

客席にまでなだれ込む(右写真)。

福田戻ってフィニッシュポーズを決める(左写真)。

アントン放心状態(右写真)。

ステフ挨拶「皆さん、本当にありがとうございました。ステファニー・アユミとしては今日でひと区切りつけさてもらいます。社会人、東京女子プロレス、DPGと三足のわらじを履いて今日まで精一杯やってきましたが、今日からは田あゆみとして第二の人生のスタートを切りたいと思います。」左写真

福田にデビュー戦のセコンドに付いてくれるよう依頼、福田はもちろん快諾(右写真)。

福田の「ドーン、ミスイット!」でDPGライヴ終了(左写真)。この後寺嶋由芙、hy4_4yhのライヴがあって(写真撮影禁止なので省略)、リングにロープが張られ、プロレスの試合に。



その2へ。