DDT “MAX BUMP 2013” 5/3 後楽園ホール大会



ダークマッチ 松永智充&ワンチューロ vs 吉野達彦&アグレソール

11時40分、ダークマッチ開始のコール。カードに入ってないDJニラがリングに上がろうとする(右写真)。

木曽レフェリーが引きずり下ろす(左写真)。

本来ダークマッチを闘う4人がリングイン。先発は松永とアグレソール。松永はパートナーのワンチューロから相手の名前がアグレソールであることを教わる(右写真)。

改めて対峙(左写真)。

ロックアップ、松永腕をひねる、アグレソール切り返す(右写真)。松永切り返してコーナーに振る、

アグレソール切り返して串刺しエルボー(左写真)、ジャンピングキックからカバー、カウント2。両軍タッチ。

ロックアップ、ワンチューロヘッドロック(右写真)、

吉野ロープに振る、ワンチューロショルダーブロック(左写真)、ワンチューロロープに飛ぶ、吉野リープフロッグでかわしてバックエルボー、

ワンチューロはドロップキック(右写真)、吉野場外転落。

ワンチューロプランチャ(左写真)。リングに戻してカバー、カウント2。

ワンチューロ首投げから顔面に噛みつき(右写真)、カバー、カウント2。松永にタッチ。

松永逆水平(左写真)、吉野はエルボー。松永ボディスラムからカバー、カウント2。

松永「ワンチューロ!足!」ワンチューロは手を出す(右写真)。

松永永「足!足出せ!」」ワンチューロは頭を突き出す(左写真)。

3度目でようやく足を出したので吉野をぶつける(右写真)。

ワンチューロ入るとチョーク攻撃、一旦距離を取って「ワタシハ、チクビガ、ダイスキデス!」と叫んで吉野の乳首に噛みつく(左写真)。

松永も「私も、乳首が、大好きです!」と叫んで吉野の乳首に(右写真)。

松永コーナーに振って突っ込む、吉野カウンターのキック(左写真)、

吉野ロープに飛ぶ、松永カウンターのエルボー(右写真)、

松永ロープに飛ぶ、吉野ドロップキック(左写真)、アグレソールにタッチ。松永もワンチューロにタッチ。

アグレソールT-boneスープレックス(右写真)、

ワンチューロアッパー(左写真)。

ワンチューロロープに飛ぶ、アグレソールキャッチしてスパインボム(右写真)。5分経過。

松永入りワンチューロとダブルのクローズライン、アグレソールかわして2人にフライングラリアット(左写真)、吉野にタッチ。

吉野ミサイルキック、ワンチューロのバック取る、ワンチューロエルボーでブレーク(右写真)、

吉野かわしてノーザンライトスープレックスホールド(左写真)、カウント2。

吉野ロープに振る、ワンチューロ切り返してドロップキック(右写真)。

松永が羽交い絞め、ワンチューロ「バカ、アホ、」左写真

「ウンコ!」と叫びながらパンチ連打(右写真)。

そしてカンチョー攻撃(左写真)。

松永入ってバックドロップ(右写真)、

ワンチューロがパイルドライバー(左写真)、カウント2。

ワンチューロエルボー連打(右写真)、

ロープに飛ぶ、吉野ジャンピングハイキック(左写真)、カウント2。

吉野バック取る、ワンチューロブロック(右写真)、

松永がワンチューロの手をつかんで手助け(左写真)。

吉野フルネルソン(右写真)、

ワンチューロブレークするが吉野はジャーマンにスイッチ(左写真)、

これで3カウント(右写真)。

吉野(7分36秒 アスリート・ジャーマンスープレックスホールド)ワンチューロ


前説にMIKAMIが呼ばれる(左写真)。6/2のCruizer's Gameではワンナイトトーナメントを行うそうだ。いつでもどこでも挑戦権持ったままトーナメントだと優勝するしかないなあ。

今後のKO-D無差別級防衛戦日程が発表(右写真)。5/26広島、6/23後楽園、7/21後楽園に防衛戦、King of DDTトーナメントは1回戦が6/28新宿、2回戦が7/6テレピア、準決勝&決勝が7/7アスキーホール梅田。

そして8/17両国初日に参加する「大物アーチスト」が大槻ケンヂであることが発表。これはアガる(左写真)。入江と新藤リングアナもきっとそうだろう。



その2へ。