DDT “新春お年玉スペシャル!全席2000円興行” 1/3 後楽園ホール大会



前説。今成組(仮)の正式ユニット名が決まったということで鶴見亜門GM「今成組(仮)の3人、上がってきて!」しかし上がってきたのは今成リーダーのみ(右写真)。で、正式決定したユニット名は「ゴールデンらんでぇぶぅ」。「らんでぇぶぅ」は新大久保の今成リーダーが大好きなお店の名前から。リンクは張らないので興味のある人は各自検索を。

伊橋のテーマで踊る今成リーダー(左写真)。

18時15分、大社長がリングに上がって「プチ戦略発表会2013」(右写真)。
その内容は、@両国国技館2DAYSの大会タイトルが、初日の8月17日が「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」、二日目18日が「両国ピーターパン2013〜プロレスの傾向と対策〜」に決定。初日はいろんなアーチストやグループアイドルとのコラボ、二日目はDDTの両国興行。チケットは二日目が先に1月発売、初日は春頃発売予定。

Aニコ動で興行生放送を定期化。1月は6日の横浜大会、2月は24日新木場大会。基本月1回。「大家の引っ越し」の後有料会員8人増えたので特別企画も増やす。
B地方大会の充実。青森・山形・金沢大会予定、博多大会は年4回。
C選手募集。18歳〜25歳の男子。入門テストは廃止、応募すれば即採用、練習生に。
DDDTテック事業拡大、広告代理店業に進出のため社員募集。経験者優遇(左写真)。

18時35分、「司会」の井上マイクとあべ由紀子がリングに上がっていよいよ大会スタート。今日は選手を高木軍と亜門軍16名ずつに分けての対抗戦。高木軍は高木三四郎、HARASHIMA、ヤス・ウラノ、MIKAMI、男色ディーノ、大石真翔、坂口征夫、DJニラ、彰人、遠藤哲哉、木イサミ、諸橋晴也、大家健、福田洋、風戸大智、X。亜門軍は飯伏幸太、伊橋剛太、石井慧介、高尾蒼馬、入江茂弘、アントーニオ本多、佐々木大輔、火野裕士、星誕期、マサ高梨、佐藤光留、中澤マイケル、松永智充、竹下幸之介、ゴージャス松野、藤原喜明(右写真)。

対抗戦のルールは試合に勝てば30点、引き分けは15点、途中挟まれるおめでたいゲーム3回は勝てば10点、引き分け5点。負けたチームのリーダーは勝ったチームの選手全員にお年玉をあげなければいけない。大社長は問題無さそうだがGMはどうか?とマイクが振るとGM「出せるわけがない。奥さんに『これこれこういう理由でいくらください』と言わなければお金もらえないんですよ?『選手にお年玉』なんて言ったら殺されます!」左写真)それはしょうがないねえ。

続いて恒例?福男レース。優勝者には「できる限りで」なんでも望みを叶えてやるというもの。今回は全員参加の様子。これではゴールデンらんでぇぶぅの2人も「上がってきて!」と言われても無理というもの。レポーターのばってんは皆から足蹴にされる(右写真)。

そんな中遠藤だけは丁寧に対応、「絶対に優勝して今年こそ卒業します。」と抱負を語る(左写真)。何を?

1階の駐車場を一斉にスタート、青いビルの階段を駆け上がる(右写真)。

最初にゲートをくぐったのは現役高校陸上部の竹下幸之介(左写真)。順当な結果。

優勝した竹下、望みを聞かれると「飯伏幸太とシングルマッチがしたい。」右写真

指名された飯伏(左写真)。
GMは「近いうちに必ず実現します。」
後日、1/27後楽園ホール大会で行われることが決定。

「X」となっていた高木軍の16人目について大社長「Xは見つかりませんでしたが、昼から後楽園にいたら、いい感じの人が見つかりました。」現れたのはなんとジュニア二冠王の近藤修司!これは意表を突く人選。近藤はリングに上がって大社長と握手(右写真)。

ジュニア二冠のベルトを肩から掛けた近藤、「なんで1日じゅう後楽園にいなきゃいけないのかまだわかってませんが、せっかく大社長からオファーを受けたので。」左写真

相手に強力な助っ人が入り緊張が走る亜門軍(右写真)。

メイン5vs5シングルマッチの対戦カードを決める綱引き開始(左写真)。

一番目は高木三四郎と入江茂弘。マイクを取った入江だが言葉が出ない(右写真)。

高木に「こんなバカに負けるわけがない。」と言われると「あなたを越えます。」と一言(左写真)。

2番目はMIKAMIと佐藤光留(右写真)。

3番目はHARASHIMAと石井慧介(左写真)。

近藤の相手が飯伏になるか高梨になるか注目されたが、4番目がヤス・ウラノvs飯伏幸太、5番目が近藤修司vsマサ高梨に決定。おののく高梨(右写真)。

GMが「メキシコ時代相当いじめられたって聞いてるけど?手すりのない屋上で目隠ししてスイカ割りさせられたとか?」と聞くと近藤「全っ然覚えてない。」その表情にはうす笑い(左写真)。

5vs5の順番も決定、対抗戦開始宣言(右写真)。

高梨それどころじゃない(左写真)。



その2へ。