新日本 "WORLD TAG LEAGUE 2012" 11/20 TDCホール大会



第1試合 後藤洋央紀、“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン、獣神サンダーライガー、KUSHIDA vs ルーシュ、ディアマンテ・アスル、タイガーマスク、BUSHI

ルーシュがオーバーマスクをかぶって入場(右写真)。

マスク取ってポーズ(左写真)。

パートナーの初来日、ディアマンテ・アスルも結構大型の選手(右写真)。

カール・アンダーソンはコーナーでマシンガンポーズ(左写真)。

先発はライガーとタイガー(右写真)。

タイガー腕取ってハンマーロック(左写真)、ライガー切り返す、タイガーキックでブレーク。タイガーキック、ヘッドロック。ライガーはエビ固めに、カウント1。再度エビ固め、カウント1。ライガーヘッドシザーズでブレーク。

タイガーソバット(右写真)、ロープに飛ぶ、ライガーはロープを引き下げて場外に出す。アンダーソンが羽交い絞めにしてライガーがスライディングキック、タイガーかわしアンダーソンに誤爆。

タイガーリングに戻りライガーに突っ込む、ライガーキャッチしてケブラドーラ・コン・ヒーロ(左写真)。アンダーソンとアスルにタッチ。

アンダーソンとアスルロックアップ(右写真)、

アンダーソンバック取る(左写真)、

アスルハンマーロックに(右写真)、アンダーソン切り返す。アンダーソンヘッドロック、アスル首を抜いてグラウンドに。カバー、ノーカウント。

再度ロックアップ、アンダーソンが腕を取る、アスル足をすくってダブルレッグロックに(左写真)。アスルが立ち上がるとアンダーソンはカニばさみで倒しカバー、ノーカウント。

両者立ち上がる、アスル飛びついてウラカンホイップ(右写真)、

アスルロープに振る、アンダーソン切り返してゼロ戦キック(左写真)。KUSHIDAとBUSHIにタッチ。

ロープワーク、KUSHIDAリープフロッグでかわし(右写真)、

パンチ、チョップ、バックハンドチョップのコンボ(左写真)。

KUSHIDAロープに振ってショルダースルー狙い、BUSHIは後方回転で着地(右写真)、

ウラカンホイップ(左写真)。

BUSHIストンピング、ロープに振ってドロップキック(右写真)、カウント1。ルーシュにタッチ。

ルーシュエルボー、ロープに振ってダイアモンドカッター(左写真)、ダブルフットスタンプ、カバーはライガーがカット。ルーシュはタイガーにタッチ。5分経過。

タイガーロープに振ってドロップキック、逆エビ固め(右写真)、ライガーがカット。ルーシュはアスルにタッチ。

アスルがKUSHIDAをコーナーに乗せ(左写真)逆さ吊りに。

助走付けて串刺し式トペ・コン・ヒーロ(右写真)。

ルーシュ入ってダブルでロープに振る、KUSHIDAブロックしてキック(左写真)、

延髄蹴り(右写真)、

アスルをロープに振る、アスル切り返す、KUSHIDAハンドスプリングエルボー(左写真)、後藤にタッチ。

後藤エルボー(右写真)、ルーシュもエルボー返す。

ラリアット(左写真)、

コーナーに振って串刺しニールキック(右写真)、バックドロップ、カウント2。

チョップの打ち合い、ルーシュバックエルボー(左写真)、後藤の鼻に入り動きが止まる。

ラリアット相打ち3発(右写真)、後藤ロープに飛ぶ、ルーシュベリートゥベリー。ドロップキック打ち込んでBUSHIにタッチ。後藤もアンダーソンにタッチ。

アンダーソンコーナーに振る、BUSHIはエプロンに出るとロープ使って逆上がりキック(左写真)。

コーナーに上ってミサイルキック(右写真)。

タイガー軍全員リングイン、タイガー串刺しミドルキック(左写真)、

BUSHIはボディアタック(右写真)、

アスルも(左写真)。アスルリング中央に振る、ルーシュがトラースキック。

BUSHIコーナーに上ってシャリマティ(右写真)、カウント2。ライガー軍も全員入りBUSHI以外の3人を場外に。

BUSHIクロスボディ、アンダーソンキャッチ(左写真)、

ハネ上げて肩に乗せるとTKO(右写真)。

飛びついてガンスタン(左写真)、カウント3。

アンダーソン(9分37秒 ガンスタン)BUSHI

今日は公式戦じゃなかったが出場チーム中最も安定してるようなSWORD&GUNSは好調。そしてCMLL軍もいいとこ行きそう。



その2へ。