DDT“闘うビアガーデン 2012” 8/4 1st RING大会



2012年の“闘うビアガーデン”も今日が最終日。最後は本隊興行ということで鶴見亜門GMの前説でスタート(右写真)。

まずは新事業のストレッチの店の店名だが「『ストレッチマスター』は画数が良くないので『ベストストレッチ』に変更」と。9/3月曜オープン(左写真)。店長は諸橋晴也、トレーナーとしてUSSA大学院でスポーツ科学修士課程を修了、NSCA認定パーソナルトレーナー、JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会公認トレーニング指導士) 、障害者スポーツ指導員等の資格を持つ中澤公胤、そして平田一喜(どこだったか聞き逃したけど医療関係の専門学校出てる)がスタッフ。

「プロレスの実力は伸ばせませんが、筋肉伸ばします。」という中澤公胤さんが「肩こりが激しい」というGMにストレッチの実演 (右写真)。

続いて美月凛音がリングに。凛音「子供の頃から仮面ライダー、戦隊物のヒーローに憧れていました。結局ヒーローになることはできませんでしたが、ある日コスモを感じ、聖闘士(セイント)になることができました。武道館からは聖闘士凛音として闘います。」と改名を発表 (左写真)。29日のビアガーデン初日で決定した通り、歌舞伎町で一番高い酒「レミーマルタン ルイ13世ブラックパール」と同額の1000万円の聖衣(クロス)も準備中。


公開スパーリング 竹下幸之介 vs 福田洋

8/18、vsエル・ジェネリコ戦で武道館でビューの竹下幸之介の公開スパーリング。今回ビアガーデンでもずっと手伝いはしていたが、東京で動くとこを見せるのはこれ初めて。相手はアイアンマンヘビーメタル級王者“Mr.パーフェクトプレックス”福田洋(右写真)。

竹下バック取る(左写真)、

福田腕をひねる(右写真)、竹下切り返す、福田切り返してハンマーロックに。

竹下切り返してヘッドロック(左写真)、

福田切り返してアームロックに(右写真)。

福田ヘッドロックからフライングメイヤー(左写真)。両者立つ。

福田パンチ、ロープに振る、竹下切り返してドロップキック(右写真)、カウント2。

福田が竹下を挑発(左写真)。

ロックアップ、福田サミング。ダウンした竹下にストンピング連打(右写真)。

パンチ連打(左写真)、

ニードロップ(右写真)、足でフォール、カウント2。

チンロック(左写真)からサミング、竹下ロープ。

コーナーに詰めてパンチ連打、竹下を対角線コーナーに振る、竹下切り返す、福田さらに切り返して本のコーナーに振ると木曽レフェリーと激突(右写真)。なんて公開スパーリングだ!

竹下RKO(左写真)、カバーに行くが木曽レフェリーはまだダウンしたまま。

福田は急所攻撃、ニーリフトからパーフェクトプレックスの体勢(右写真)。

投げる(左写真)、竹下カウント2で返す。

竹下ボディスラム、コーナーに上ってミサイルキック(右写真)、

そして逆エビ固め(左写真)、福田ギブアップ。

竹下(4分51秒 逆エビ固め)福田
※竹下が第952代王者に。

平田一喜以来の「デビュー前チャンピオン」となった竹下幸之介(右写真)。

前王者の福田が握手を求める(左写真)。警戒する竹下。

福田は握手すると竹下の手を上げる(右写真)。

ロープの間を開けてやる福田(左写真

竹下がくぐろうとするとロープを引き上げて股間攻撃(右写真)。

ロープに足を掛けてのエビ固め(左写真)でカウント3。

福田(17時39分 エビ固め)竹下
※福田が953代王者に。

若い芽は摘み取る主義か>福田

続いてメインの6人タッグの組み合わせ抽選会(右写真)。抽選箱に入れられた各選手のボールを客が引き、A〜Fの枠に入れる形式。

手書き(左写真)。結果は飯伏、KUDO、ウラノvsHARASHIMA、佐藤、火野に。ウラノは事前に「火野とは戦いたくないなぁ。光留さんとは組んだことないから、組んでみたいかも」とツイートしたのが裏目に出た?

飯伏が乾杯の音頭を命じられる(右写真)。

「かんぱーい!」左写真



その2へ。