DDT“闘うビアガーデン 2012” 8/4 1st RING大会その2



第1試合 MIKAMI&松永智充 vs 石井慧介&入江茂弘

先発は松永と石井。ロックアップ、松永ヘッドロック、石井ロープに振ってヒップトス、松永切り返して逆にヒップトス(右写真)。松永アームホイップ、石井ヘッドシザーズ、ブレーク。両軍タッチ。

ロックアップ、入江ヘッドロック(左写真)、MIKAMIロープに振る、

MIKAMIリープフロッグで入江をかわすが入江はショルダーブロック(右写真)。石井を呼び込む。

ダブルでコーナーに振る、MIKAMI石井のキックをキャッチしてドラゴンスクリュー(左写真)。

入江にも(右写真)。

コーナーに振って側転エルボー(左写真)。

ローキック3連打(右写真)。松永にタッチ。

松永ヘッドロックに捕えて顔面パンチ2発(左写真)、ロープで顔面こすり。松永「このブサイク!」場内からはブーイング。

松永首投げからチンロック(右写真)、リリースして顔面踏み付け。MIKAMIにタッチ。

MIKAMIコーナーパンチ連打(左写真)からブロンコバスター、松永にタッチ。

松永は石井の顔面をマットにこすりつける(右写真)。これは痛そう。5分経過。

松永コーナーに振って突っ込む、石井カウンターのキック、コーナーに上ってダイビングネックブリーカードロップ(左写真

入江ショルダーブロック、コーナーのMIKAMIにもショルダーブロック。松永を ロープに振ってパワースラム(右写真)、

その場跳びムーンサルトプレス(左写真)、カウント2。

松永入江にヘッドバット(右写真)、

自分が痛い(左写真)。

ヘッドバットの打ち合いから入江レインメーカー式ヘッドバット(右写真)、

松永すかさずトミーボンバー(左写真)、MIKAMIにタッチ。

MIKAMI入江の顔面にミサイルキック(右写真)。入江はこれで首を痛めたそうだ。

ロープワーク、入江は垂直方向に走って横から交通事故ショルダーブロック(左写真)、石井にタッチ。

MIKAMI下から足を掛けてエビ固め、カウント2。うつぶせの石井の両脇に足を突っ込むと反転(右写真)、

ジャパニーズレッグロールクラッチホールド(左写真)、カウント2。

MIKAMIフルネルソン、石井ブロック。MIKAMI足を取らせて延髄フェイントからのバックキック(右写真)。コーナーに上ってダイビングヘッドバット、カウント2。松永にタッチ。

松永が抱えてハイジャック式パイルドライバー(左写真)。

松永バックドロップホールド(右写真)、カウント2。

松永ブレーンバスター狙う、石井は空中で松永の頭にヒザ蹴り(左写真)、着地、

逆にフィッシャーマンバスター(右写真)、カバーはMIKAMIがカット。

入江MIKAMIにエルボー、石井がジャンピングニー、入江MIKAMIにブラックホールスラム(左写真)。

入江松永に串刺しラリアット、石井は松永を肩に担ぐと正座した入江の頭に落とす(右写真)。

石井延髄蹴り(左写真)、

入江エルボー(右写真)、

石井ジャーマン(左写真)、カウント2。

入江肩に担ぐ(右写真)、

バックフリップ(左写真)、

入江自分が垂直落下式(右写真)。

入江が押さえて石井ニールキック(左写真)、カウント3。

石井(10分16秒 ニールキック)松永

GMがMIKAMIに「MIKAMIさん、朗報があります。」というと内容を聞く前から「やったー!」とヒザまづいて喜ぶMIKAMI(右写真)。

内容はMIKAMIの希望通り、藤波が保留していた8/18武道館のタッグマッチを選手権への挑戦とすることに同意した、というもの。MIKAMI嬉しそうに抱負を語る(左写真)。



その3へ。