DDT "KING of DDT OSAKA 2012" 7/8 淀川区民センター大会その10



第7試合 KING of DDTトーナメント2012優勝決定戦
ケニー・オメガ vs 男色ディーノ

ケニー入場(右写真)。

両手で握手(左写真)。KO-D無差別級王者・飯伏は本部席でコーラ片手にこの試合を観戦。

ロックアップ、ディーノヘッドロック、ケニーロープに振る、ケニーリープフロッグ(右写真)でかわす、ディーノ股間狙う、ケニーブロックしてバックハンドチョップ2発。

ケニーバックハンドチョップ、ディーノかわして男色スクリュー(左写真)、

ケニー側転でダメージを避けるとドロップキック(右写真)。

ストンピング2発、パンチ、ターンバックルにぶつけてバックハンドチョップ、顔面にキック、バックハンドチョップ。ディーノパンチ、ケニーも上からパンチ、コーナーに振って串刺しエルボー(左写真)、カウント1。

ケニー引き起こす、ディーノパンチ3連打、ヘッドロック、ケニーはロープに振ってラリアット、ディーノかわして垂直落下式ブレーンバスター(右写真)。

ディーノロープを使ってケニーの首を攻める。パンチの打ち合い、ケニーはバックハンドチョップ(左写真)。

ディーノガットショットからもう一発垂直落下式ブレーンバスター(右写真)、ケニーは場外エスケープ。5分経過。

ディーノはエプロンからダブルアックスハンドル、鉄柱で首攻撃、場外でもう一発垂直落下式ブレーンバスター(左写真)。ディーノはカウント18でケニーを蹴落としてリングに。しかしケニーも20寸前でリングに復帰。

ディーノストンピング、首投げからネックロック、首4の字(右写真)、レフェリーのチェックが入るがケニーはなんとかロープエスケープ。

チョップの打ち合い、ケニーソバット(左写真)。カナディアンロッキーバスターはディーノブロック。

ディーノロープに飛ぶ、ケニーはフランケンシュタイナー(右写真)、ディーノ場外転落。

ケニーはトップロープを飛び越えて(左写真)、

トペ・コン・ヒーロ(右写真)。

リングに戻すとコーナーからダイビングクロスボディ(左写真)、カウント2。

ケニーフルネルソン、ディーノブレークして男色クロー、ケニースピニングバックエルボー。ロープワークからケニー低空ドロップキック(右写真)、

ロープに飛んでコタロークラッシャー(左写真)、カウント2。10分経過。

肩に担いで(右写真)、

カナディアンロッキーバスター(左写真)、

起き上がってその場跳びシューティングスタープレス(右写真)、ディーノかわす。

ディーノシャイニングあてがい(左写真)。

男色ナイトメア(右写真)。

そしてプッシュアップ式のデス・ナイトメア(左写真)。

これはキツい(右写真)。ケニー必死に逃げる。

ディーノコーナーに突っ込む、ケニーカウンターのビッグブーツ(左写真)、2度めは前宙でかわす。

ケニー突っ込む、ディーノはケニーをキャッチするとコーナー目がけて男色スープレックス(右写真)。

ディーノはケニーをコーナーに上げて男色ドライバaaaaahhhhh!!!!!狙う(左写真)、

持ち上げる(右写真)。

ケニーなんとかブロック、着地して下からドロップキック(左写真)。

ディーノを持ち上げると(右写真)、

対角線を走ってターンバックルへのパワーボムに(左写真)。



試合の途中ですがその11へ。