ユニオンプロレス "ゴールデンユニオン2011" 5/4 後楽園ホール大会



3/6新木場大会からの続きのストーリー。ばってんにオカマと罵られた川森リングアナ(右写真)は控室を飛び出して以来行方知れずに。

大森コーチは川森の写真(左写真)を持って新宿二丁目に探しに行く。

川森が働いているという情報を得て二丁目のgroovys barに(右写真)。

出てきたのはそこでは「ヒカル」と呼ばれている女装姿の川森(左写真)。

大森は川森に「自分をさらけ出せ」とアドヴァイス(右写真)。

これで一件落着か、と思いきや、「痛い目に遭ったことがある」ばってんはまだ納得しない(左写真)。

大森はばってんに張り手一閃、「お前にカラダで教えてやる。しかし闘うのは俺じゃない。お前にとっておきの相手を用意した。その対戦相手はコイツだ」」と(右写真)。

その対戦相手とは男色ディーノ!(左写真


ダークマッチ ばってん多摩川 vs 男色ディーノ

川森はこの姿でリングアナを(右写真)。

ばってん「性癖をリングに持ち込んじゃ、ばってん。」左写真

これに対するディーノの返事は激しいパンチの連打(右写真)。

コーナーに追い込んでナックルで連打(左写真)。

捕まえてコンプリートショット(右写真)。

ディーノスイちん(左写真)、

シャイニングあてがい(右写真)。

ディーノコーナーに振る、ばってんはフレアーフリップでエプロンに立つとコーナーに上るがあっさり転落(左写真)。

ディーノストンピング打ち込んでナイトメア(右写真)。

は、ハードコア!(左写真

ディーノキス狙う、ばってん必死にブロック(右写真)。

ばってんボンバー連打(左写真)、

3発目でディーノを倒す(右写真)。

ばってん「アイダホ、ミネソタ、」左写真

「ミシシッピ!」右写真

ディーノは両足でキャッチ、三角絞めに(左写真)、

ばってんは足でロープエスケープ(右写真)。

ディーノキス(左写真)、

ゴッチ式男色ドライバー(右写真)、カウント3。

ディーノ(3分48秒 漢固め)ばってん

ディーノ「ホモをバカにするんじゃないわよ!アンタね、このリングは全てをさらけ出す場所なのよ!アンタの方がよっぽど気持ち悪いわよ!」左写真

川森に「それがあなたの姿なら、そのままでいい。だからあなたはその格好で心の底からコールし続ければいいの。」右写真

そしてキス。
大森「お前らよくみろ。この全てをさらけ出した美しい姿を。ばってん、ここにいる吉田もいろいろ大変だったけど頑張ってる。これでひとつになったな。」左写真



その2へ。