DDT “夏休みの思い出2011” 8/28 後楽園ホール大会その6



第6試合 KO-Dタッグ選手権
マサ高梨&関本大介(王者組)vs 男色ディーノ&飯伏幸太(挑戦者組)

ディーノ入場(右写真)。

関本入場、火祭り刀を披露(左写真)。

KO-Dタッグベルト(右写真

高梨「試合前にマイクを持つのは好きじゃないが、ひとつだけ言わせてくれ。いつもは9割関本に任せると言ってるが、最強チームが相手ではそれではベルトを取られる可能性がある。そこで俺は決断した。10割!今日の試合は関本にやってもらう。」左写真

ディーノ「笑止!アンタ最強チームとか言って挑発するのはやめなさい。そうやって油断させようったってそうは行かない。こっちのチームが負けるとしたら私が取られる確率が一番高いのはわかってる。だから私も今日は10割、IWGPJrチャンピオン飯伏幸太に任せる。」
高梨「さすがはディーノ、まさか同じ考えだったとは!火祭り優勝の力を見せてやる!俺は絶対この試合に出ない!」右写真
ディーノ「私も絶対出ない!この試合は我慢比べってわけね。」

ということで関本と飯伏でスタート。ロックアップ、飯伏ヘッドロック、関本ロープに振る、ショルダーブロック。飯伏ロープに飛ぶ、関本リープフロッグ(左写真)からヒップトス。

関本が高梨にタッチしようとするが高梨は拒否(右写真)。

ディーノも当然飯伏とのタッチを拒否(左写真)。

仕方がないので関本と飯伏で試合再開。関本逆水平(右写真)、

飯伏ミドルキック(左写真)。

関本筋肉ポーズで耐える(右写真)。

ディーノ何やら反応して来た(左写真)。

関本ドロップキック(右写真)。

ブレーンバスター(左写真)、カウント2。

キャメルクラッチ。2人の尻を見て思わず手を伸ばすディーノ(右写真)。飯伏ロープ。

関本がロープに飛ぶと我慢できずに抱きついてしまう(左写真)。飯伏は高梨を場外に落とす。

革命軍は関本をコーナーに振りまずは飯伏が串刺しエルボー(右写真)、

そしてディーノが串刺しタッチ(左写真)。

ダブルのブレーンバスター(右写真)、

飯伏がディーノのタイツを下して(左写真)ナイトメア。飯伏カバー、カウント2。

ディーノがコーナーに上り、飯伏が関本の顔を突っ込もうとするが(右写真)、

関本切り返し飯伏が突っ込む(左写真)。さらに尻へのラリアット。5分経過。

ここで「10割任せる」と言っていたはずの高梨が「関本!あとはフィニッシュだけだ、タッチ!」とタッチ要求(右写真)、関本応じてタッチ。

高梨突っ込む、飯伏カウンターのミドルキック(左写真)、カウント2。飯伏コーナーに連れ帰りストンピング、ディーノにタッチ。

ディーノはタイツに手を入れる(右写真)、高梨ロープ。ディーノは飯伏にタッチ。

飯伏ボディスラムから逆片エビ、ディーノはロープに飛んでスライディング、頬杖ついて高梨を見つめる(左写真)。高梨ロープ。飯伏はディーノにタッチ。

ディーノバック取る、高梨はエビに丸め込む(右写真)、ディーノの急所にニードロップ落とし関本にタッチ。

関本2人にボディスラム連発、ラリアット連発(左写真)、ディーノをコーナーに振って串刺しラリアット。高梨入って関本に勢いをつける。

高梨が突っ込むとディーノはカウンターのキック(右写真)、しかし関本がもう一発串刺しラリアット。

関本が高梨を持ち上げる。高梨「いやだーっ!!」左写真

しかし関本は問答無用で高梨をディーノにパワーボムの形で叩きつける(右写真)。

関本は飯伏を場外に落とすと高梨をリフトアップして投げつける(左写真)。10分経過。

コーナーに上ってディーノにフロッグスプラッシュ(右写真)、カウント2。

関本ラリアット、ディーノかわしてキス(左写真)。一旦ブレークされるがまたキス、ダブルノックダウン。起き上がると両軍タッチ。

飯伏が高梨にスワンダイブミサイルキック(右写真)、カウント2。

打撃コンボからその場跳びムーンサルトに行こうとするところを高梨は足をすくって転がす(左写真)、

飯伏はネックスプリングで起き上がるが(右写真)、

高梨座らせてローキック、飯伏寝っ転がってかわす(左写真)、

高梨その場跳びムーンサルト!(右写真)するわけはなく、

起き上がった飯伏に首固め(左写真)、カウント2。

高梨はタカタニック狙うが(右写真)飯伏ブロック。

高梨カサドーラ狙って飛び付く、飯伏キャッチしてジャーマンに(左写真)、カウント2。ディーノにタッチ。



試合の途中ですがその7へ。