DDT “夏休みの思い出2011” 8/28 後楽園ホール大会その2



第2試合 アイアンマンバトルロイヤル10分制限
ゴージャス松野(王者)vs ヤス・ウラノ(挑戦者)vs 中澤マイケル(挑戦者)vs DJニラ(挑戦者)

井上マイクリングアナが王者・松野に今日のルールが10分闘い続けて最後に王座を持っていた人間が勝者であるということを認識しているか確認。松野「10分どころか一生持ち続けますよ。」右写真

なぜか女子トイレに入る松野(左写真

さらになぜか待ち伏せしていたマイケルに襲われ3カウント奪われる(右写真)。もう試合は始まっているらしい。

マイケル(7秒 スクールボーイ)松野
※871代王者・松野が防衛に失敗、マイケルが872代王者に。

そのマイケルの顔をウラノが便器に突っ込みギブアップを奪う(左写真)。

ウラノ(11秒 ギブアップ)マイケル
※872代王者・マイケルが初防衛に失敗、ウラノが873代王者に。

この時点の王者はウラノ(右写真)。そして戦いの舞台はようやくリングに。

と言ってもリング上にはウラノとマイケルのみ。ウラノ首投げからサッカーボールキック、ヘッドロック(左写真)。

ロープワークからショルダーブロックの打ち合い(右写真)。

マイケルロープに飛ぶ、ウラノヒップトス(左写真)。

張り手(右写真)。

ウラノロープに振る、マイケルフライングフォアアーム(左写真)。最近はチョップになってること多いな。

マイケルがトラースキックに行くべく足踏みをしていると(右写真)、

ニラがひっそりと入場(左写真)。

ニラマイクを取ると「おかしいだろ!4Pでもちゃんと試合らしくボディチェックしろよ!俺は、こういうなしくずし的なDDTの姿勢が14年前から嫌いだったんだ!」右写真

この主張を認め改めてボディチェック(左写真)。

マイケルには触りたくない松井さん(右写真)。

ウラノもボディチェック(左写真)。

終わるとニラがウラノを場外に突き落とす(右写真)。

そして「秘技・肛門拡張拳」でマイケルの肛門を責める(左写真)。マイケルロープ。5分経過。

さらに顔面に消しゴム攻撃(右写真)。

マイケル逆水平(左写真)、

ニラカンチョー(右写真)の応酬。

ここでニラがまた「おかしいだろ!4Pだろうが!なんで3人しかいねーんだ?松野さんがいねえだろ!松野さんはなあ、ちゃんと入場テーマがないと入ってこれねえんだよ!音響!松野さんのテーマをかけろ!」左写真

ということでゴージャス松野のテーマが流れると松野がリングイン(右写真)。

ウラノにドロップキック(左写真)。

マイケルにドロップキック(右写真)、ニラにもドロップキック。

ニラをカバー、しかし現王者はウラノなのでこれは意味がない(左写真)。

ウラノが松野を場外に(右写真)。8分経過、残り試合時間2分。

マイケルエルボー(左写真)、

ウラノもエルボー(右写真)。

マイケルが「熱くなって来たぞー」と脱ぎ出すとウラノはキック(左写真)、

タイツを首に引っかけて丸まった状態にすると(右写真)コーナー付近に転がす。

ニラと松野がウラノに対しダブルのフライングクロスアタック(左写真)、

そして松野がゴージャス☆スターエルボーを狙う(右写真)。

足が引っ掛かる(左写真)。

ニラがコーナーに上るが足が引っ掛かる(右写真)。

ウラノ謝る(左写真)。

「どうもすいませんでした!!」右写真

「もうお前でいいよ!」とマイケルを解放するとマイケルは山嵐流バックフリップ(左写真)。

松野がラ・マヒストラル、その上から2人が押さえる(右写真)、カウント3。

松野(9分59秒 ラ・マヒストラル)ウラノ
※873代王者・ウラノが初防衛に失敗、松野が874代王者に。

そして試合終了。松野が改めて王者と認定。

ニラがロケットパンチからカバー(左写真)、カウント3。

ニラ(12時34分 体固め)松野
※874代王者・松野が初防衛に失敗、ニラが875代王者に。

マイケルが背後から忍び寄り自分のタイツをニラの頭にかぶせる(右写真)。

そして首固め(左写真)、カウント3。

マイケル(12時35分 首固め)ニラ
※875代王者・ニラが初防衛に失敗、マイケルが876代王者に。

バトルロイヤルで闘おうにも相手がいない状況ってすごいなあ。



その3へ。