DDT “両国ピーターパン2011〜二度あることは三度ある〜” 7/24 両国国技館大会その14



第8試合 KO-D無差別級選手権
石川修司(王者)vs KUDO(挑戦者)

睨み合う両者(右写真)。

KO-D無差別級のベルト(左写真)。

KUDOローキック、石川ブロック(右写真)、組みついてロープに押し込む、ブレーク。

KUDOハイキック、石川ブロックして組み付く、KUDO体をずらしてヒザ蹴りに(左写真)。

石川キャッチしてボディスラム(右写真)。

石川ヘッドロック(左写真)、KUDOロープに振る、石川ショルダーブロック。

ロープワーク、KUDOリープフロッグ、石川キャッチしてベアハッグ(右写真)。

石川そこからブレーンバスターに行くが、KUDO着地、ロープに飛ぶ、石川ラリアット、KUDOかわして低空ドロップキック(左写真)、石川場外エスケープ。

KUDOトペ・スイシーダ(右写真)。KUDO場外でキック、鉄柱攻撃。石川の足を鉄柱にぶつける。

KUDOリングに戻すと足にストンピング(左写真)、エルボードロップ。

レッグロック、リリースして足にダブルニードロップ。ヒザ砕き(右写真)、5分経過。

石川立ち上がるとエルボー、パンチ、ブレーンバスターの体勢で持ち上げて下ろしながらヒザ蹴り。場外に出してパンチ、リングに戻して脇腹にヒザ蹴り(左写真)。

ストマッククロー(右写真)、KUDOロープ。

コーナーに詰めてショルダータックル4連発(左写真)。

ボディスラムからダブルフットスタンプ(右写真)。

石川エルボー、ニーリフト(左写真)。

ボディプレス(右写真)、カウント2。

KUDOソバット、ロープに飛ぶ、石川カウンターのキチンシンク、コーナーに振って串刺しラリアット(左写真)。

コーナーに上ってダイビングフットスタンプ(右写真)、カウント2。

ボディシザーズ(左写真)からグラウンドでコブラツイストに。KUDOロープ。10分経過。

KUDOはロープ際での8×4(右写真)、

エプロンからキック、コーナーに上ってミサイルキック(左写真)。

コーナーへの8×4はキャッチ(右写真)、ヒザ蹴り。

KUDO低空ドロップキック、対角線コーナーに振ってヒザへの8×4(左写真)。

エプロンに出した足にドラゴンスクリュー、ヒザへのニードロップ(右写真)。

リングに戻すとヒザ十字からレッグロック(左写真)、石川ロープ。

KUDOローキック連打(右写真)、水車落としで投げてコーナーに上る。

ダイビングダブルニードロップ、石川は下からボディを串刺し(左写真)。

KUDOジャーマン狙うが(右写真)石川は押しつぶす。KUDOエプロンに。

ロープ越しにエルボーの打ち合い、石川はかんぬきヘッドバット連打からかんぬきスープレックス(左写真)。15分経過。

石川ニーリフト(右写真)、

ラリアット(左写真)、カウント2。

石川スプラッシュマウンテン狙う(右写真)、KUDO着地。

KUDO打撃コンボからバックスピンキック(左写真)。

石川はKUDOの首を捕えて(右写真)、

リバースパワースラム風のスープレックス(左写真)。

石川張り手(右写真)、KUDOも張り手。

KUDOローキック連打(左写真)、ヘッドバット。

KUDOジャーマン、今度は成功(右写真)、カウント2。

バズソーキック3連打(左写真)、カウント2。

ボディスラムからコーナーに上って石川の足にダイビングダブルニードロップ(右写真)。

足を固めて十字(左写真)、石川ロープ。



試合の途中ですがその15へ。