DDT "King of DDT Kyoto" 5/29 KBSホール大会



12時半にKBSホールに入るとロビーに人だかりが。売店大人気!と思ったら売店にいるのは高梨、ひかるんとリキオフィスの人のみ。見るとこういう張り紙が(右写真)。詳しい経緯は鈴木健.txtさんがまとめられています。→ブログ「ビッグマッチ扱いで開始1時間前に開場したのに売る物がない」という状況。

高梨がグッズを載せたトラック運転中の大家に電話する。「あと800m」「府庁が見えた」と近くまで来ていることは確かな様子。しかし5分経ってもつかないので大社長が電話(左写真)。大家の最新状況は「あと0.8km」変わってない。大社長が「なんで変わってないんだよ!」とツッコムと「キレ気味に返してきた」そうだ。どうもKBSホールを間近にして道に迷っているらしい。結局大家の到着は開始10分前の12時50分。開始時間は遅らせられないので休憩時間におわびの何かを行うことに。

今日の前説は高木大社長と鶴見GM(右写真)。行きのバス故障の顛末を語る。バスを諦めてタクシーと新幹線で移動した結果224000円もの出費になったそうな。そして関西地方大会予定として8月21日ムーブオンアリーナ大会、11月6日大阪府立体育会館第2競技場大会を発表。今年もKO-D無差別級選手権がメインになるのかな?2011年後半の大一番だな。

さらに各試合の見所。第1試合に登場する泉州力について「現場監督やってた」と信じてブッキングした鶴見GMに対し大社長「自分で勝手にそういうかっこしてただけ」と言い放つ。ショックを受けて「ウソだったんですか!?」と食い下がるGMにめんどくさくなったのか大社長「現場監督でした!」と返事(左写真)。


第1試合 石井慧介、佐々木大輔、泉州力 vs 高尾蒼馬、松永智充、スーパー・シット・マシン

先発は泉州とマシン。ロックアップからチョップの打ち合い(右写真)。マシンサミングからヘッドロック、泉州ロープに振る、マシンショルダーブロック。マシンストンピング、ロープに飛ぶ、泉州カウンターのバックエルボー。

泉州ストンピング(左写真)、石井にタッチ。マシンも高尾にタッチ。

石井と高尾はつかみ合い(右写真)。高尾サミング、ロープに飛ぶ、石井キック。石井は佐々木を呼び込む。

ダブルでロープに振って佐々木がドロップキック(左写真)、ダブルのヒップトス、石井がカバー、カウント2。高尾は松永にタッチ。

松永石井にキック、逆水平、ストンピング。「俺は今からこいつの乳首を潰す!」と宣言して乳首攻め(右写真)、マシンにタッチ。

マシンコーナーで踏みつけ、ボディスラムからセントーン(左写真)、カウント2。サミング、高尾にタッチ。

高尾もサミング、ボディスラムからギロチンドロップ(右写真)、カバーは佐々木がカット。高尾は松永にタッチ。松永ボディスラム3連発、カウント2。ネッククラッチ、石井ロープ。

松永ブレーンバスター、石井着地してソバットからジャンピングニーアタック(左写真)、泉州にタッチ。5分経過。

泉州松永にリキラリアット(右写真)、

マシンにも(左写真)。

マシンにブレーンバスター(右写真)。

サソリ固め狙う(左写真)、高尾がカット。泉州は佐々木にタッチ。

佐々木パンチ、コーナーに振る、松永切り返して突っ込む、佐々木カウンターのキックからウラカン・ホイップ(右写真)。

佐々木ロープに飛ぶ、松永コンプリートショット(左写真)、マシンにタッチ。

マシンが串刺しラリアットからDDT、さらにシットダウンパワーボム狙うが佐々木はパンチでブロック(右写真)、

そしてウラカン(左写真)。

マシンバックドロップ(右写真)。

マシンロープに飛ぶ、佐々木延髄蹴り(左写真)。石井と高尾にタッチ。

エルボーの打ち合い、張り手の打ち合い(右写真)。

高尾ロープに飛び乗って反転エルボー(左写真)。

高尾コーナーに上ってミサイルキック(右写真)。

石井が強引にフィッシャーマンバスター狙うが高尾ブロック、エルボー打ち込んでみちのくドライバーU(左写真)、カウント2。

高尾コーナーに上る、泉州が雪崩式ブレーンバスター(右写真)。

泉州は佐々木にアレを指示するが佐々木理解できず(左写真)。ハイジャックパイルドライバーやりたかった?

マシンが泉州をデッドリードライヴ(右写真)。

石井がマシンに延髄蹴り、高尾にドロップキック、フィッシャーマンバスター(左写真)、カウント2。

石井バック取る、高尾はロープに逃げるが石井は強引にジャーマン(右写真)。

そしてニールキック(左写真)、カバー、松永が木曽レフェリーの足を引っ張ってカウントを阻止。

マシンが一斗缶(右写真)。

泉州はマシンが振り上げた一斗缶にリキラリアット(左写真)、飛んだ一斗缶が泉州の頭に当たるミラクル発生。

石井エクスプロイダー式ニーリフト、高尾トラースキックからシュバイン(右写真)、佐々木がカット。10分経過。

石井ネックロック、リリースしてハイキック(左写真)、カウント2。

石井はダブルアームDDT狙うが高尾ブロック(右写真)、

体勢切り替えてシュバインに(左写真)。

コーナーに上ってダイビングギロチンドロップ(右写真)、カバーには行かず再度コーナーに上る、

今度は後頭部にダイビングギロチンドロップ(左写真)、これでカウント3。

高尾(11分8秒 ダイビング延髄ギロチンドロップ)石井

石井、それでいいのか・・・?

泉州「お前何がやりたいんだよコラ!」右写真
高尾「お前聞きづれえんだよ!教えてやるよ。俺は両国のメインに立つためにいろいろやってるんだよ。両国のメインに立つのはFREEDOMSのGENTAROでもない、ユニオンの石川修司でもない。DDTのこの俺だ!」そしてノーマイクで「お前、似てねえんだよ。」と泉州に。自分もCIMAオマージュなのに一個も似てないくせにー。

泉州は「GM!何なんだあれは!やってやりますよ!」とアピール(左写真)。このアピールをGMがあっさり聞き入れ、泉州の7/24両国出場が決定。



その2へ。