DDT "King of DDT TOKYO" 5/21 1st RING大会



KO-D無差別級挑戦者決定トーナメントがいよいよスタート(右写真)。優勝者は7/24両国大会のメインでその時点の王者(6/19に決定)に挑戦。ルールは全試合30分1本勝負であらゆる引き分けは両者失格となる。


第1試合 King of DDTトーナメント1回戦
大石真翔 vs ケニー・オメガ

大石入場(左写真)。

ケニー入場。しかしすぐにきびすを返して花道奥に。戻ってきた時にはライガーから奪取したJAPWライトヘビー級のベルトを持っていた(右写真)。

いい演出するねえ(左写真)。

ケニーがいつものように両腕を広げてポーズを取ろうとすると背後から大石がドロップキック(右写真)、ロープから顔を出したケニーにエプロンを走ってもう一発。

大石絶品(左写真)、カウント2。

大石がミラクルエクスタシー狙うとケニーは高くジャンプして大石を飛び越す(右写真)。

ケニー着地するとバックハンドチョップ(左写真)。

バックスピンキックをかわされるともう一回転して水面蹴り(右写真)で大石を倒し、ロープに飛んで頭にベースボールスライド。この動きは新しい。

大石をコーナーに振って串刺しビッグブーツ(左写真)、大石がエプロンに出るとトップロープ越しのブレーンバスター狙う、

大石ブロックしてロープでスタナー(右写真)、

ヘッドシザーズでケニーを場外に落とす(左写真)。

大石は場外のケニーに絶品(右写真)。

カウント16でリングに戻ってもう一発(左写真)。

大石ラ・マヒストラル(右写真)、カウント2。

大石スタナー狙う、ケニーブロックしてロープに突き飛ばすとフラッシュマンズタイムストッパーの体勢(左写真)、

しかし大石はケニーの腕を払うとスタナー(右写真

大石ミラクルエクスタシー狙う、ケニーブロックしてパンチ、大石もパンチ(左写真)。

パンチの打ち合いから大石パンチ連打、ロープに飛ぶ、ケニーはカウンターのジャンピングニーアタック(右写真)。

バック取ると高速ドラゴンスープレックス(左写真)。

ケニー波動拳、大石ブロック(右写真)。

ケニーの両腕を取ると足で両肩を付ける(左写真)、

ケニーがキックアウトするとその両足を自分の両足で押さえて欧州式エビ固め(右写真)、これもカウント2。

大石トルネードクラッチ(左写真)、

ケニー十字架固めに切り返す(右写真)、カウント2。

立ち上がったところに波動拳(左写真)。

大石を肩車(右写真)、

一回転してリリース(左写真)、

キャッチ(右写真)。

この高さから(左写真

一気に引っこ抜いて(右写真

クロイツ・ラス(左写真)、カウント3。

ケニー(4分46秒 クロイツ・ラス)大石
※ケニー2回戦進出。

ケニーも86kgまで落としたらしいがまだ体格差があるような。



その2へ。