DDT "Max Bump 2011" 5/4 後楽園ホール大会



第1試合 KO-Dタッグ選手権
GENTARO&ヤス・ウラノ(王者組)vs HARASHIMA&HERO!(挑戦者組)


HERO!に絡まった紙テープを取ってやるHARASHIMA(右写真)。

先発はウラノとHARASHIMA。ロックアップ、ウラノバック取る(左写真)、HARASHIMA切り返す。ウラノさらに切り返す、HARASHIMAブレーク。手四つ、ウラノハンマーロックに、コーナーに下がってGENTAROにタッチ。HARASHIMAローキック、HERO!にタッチ。

GENTAROやりにくそうな表情見せるがロックアップ、HERO!が腕を取る、GENTARO切り返す(右写真)、ブレーク。

GENTAROロープに振る、HERO!切り返してアームドラッグ(左写真)2発。

HERO!ガットショット、コーナーに振ってクロスチョップ(右写真)。

ここでなぜかHERO!ポーズ(左写真)。

GENTAROビンタ(右写真)、ウラノにタッチ。

ウラノ逆水平(左写真)、

HERO!「パワードスーツ!」右写真

ウラノ胸板にキック(左写真)、

HERO!座ったままで「パワードスーツ!」右写真)ウラノは背中にキック、HERO!悶絶。ウラノはGENTAROにタッチ。

GENTARO背中にエルボードロップ3連発、ロープに振ってバックエルボー。背中にエルボー打ち込んでサイドバスター(左写真)、カバーはカウント1。

GENTARO逆エビ固め(右写真)、HERO!ロープ。5分経過。

GENTAROパワードスーツを脱がせようとする(左写真)、レフェリーが阻止。GENTAROはウラノにタッチ。

ウラノパワードスーツを戻してやり、コーナーに逆さ吊りにして胸にキック(右写真)。

HERO!は逆さ吊りのまま「パワードスーツ!」左写真

ウラノならば、と顔面にドロップキック(右写真)、カバー、カウント2。

HERO!は松井レフェリーの目を盗んでウラノの股間に倒れ込みヘッドバット(左写真)2発、HARASHIMAにタッチ。

HARASHIMA「チェストー!」右写真

ウラノ逆水平、対角線コーナーに振る、HARASHIMA切り返して突っ込む、ウラノカウンターのキック、HARASHIMAその足をキャッチすると横に払って背中に飛びつき子泣きクラッシュ(左写真)。

HARASHIMAファルコンアロー狙う、ウラノ着地してバック取る。HARASHIMAブレークしてロープに飛ぶ、ウラノフランケンシュタイナー(右写真)から延髄蹴り、GENTAROにタッチ。

GENTAROとHARASHIMAラリアット相打ち2回(左写真)、GENTAROバックドロップ狙う、HARASHIMAブロック。GENTAROロープに飛ぶ、HARASHIMAがカウンターのラリアット。

HARASHIMAミドルキック、ファルコンアロー(右写真)、カウント2。

HARASHIMAロープに振る、GENTAROブロックしてバックドロップ(左写真)、HERO!カット。GENTAROはHERO!を場外に出す。

ウラノがHARASHIMAをコーナーに乗せて雪崩式フランケンシュタイナー(右写真)、

そしてGENTARO旋回式ダイビングボディプレス(左写真)、カウント2。10分経過。

GENTARO再度バックドロップ狙う、HARASHIMAブロックしてジャンピングハイキック(右写真)、HERO!にタッチ。

HERO!コーナーに上るとHERO!ポーズ。それを怪訝そうな顔で見るGENTARO(左写真)。

GENTARO雪崩式ブレーンバスター狙ってコーナーに上るがHARASHIMAが肩車(右写真)、そのままバックドロップに。

HERO!の指示でHARASHIMA蒼魔刀(左写真)。

HERO!コーナーから駆け下りてカバー(右写真)、カウント2。

HARASHIMAがGENTAROを羽交い絞めにしてHERO!がコーナーに上る。しかしミサイルキックはGENTAROかわしてHARASHIMAに誤爆(左写真)。

GRANMA串刺し攻撃連発、HERO!がHARASHIMAを押し返しGRANMAに激突、GRANMAは松井レフェリーと激突、松井レフェリーダウン(右写真)。

HERO!はチャンスとばかりにHERO!目突き4連発(左写真)。

2人の頭をぶつけ、急所打ち(右写真)。

HERO!は後頭部にニーアタック、「飛んでけー!」、そしてノーザンライトボム(左写真)、GENTAROがカット。

HERO!コーナーに振る、ウラノ切り返して突っ込む、HERO!はウラノをショルダースルーでエプロンに。ウラノエプロンからショルダーアタック、HERO!ブロックしてウラカン・ラナ(右写真)、カウント2。

ウラノ切り返してエビ固め(左写真)、カウント2。

HERO!さらに切り返してエビ固め、しかしロープをつかんでいた(右写真)のが松井レフェリーに見つかって(HARASHIMAからも指摘)フォール無効に。

松井レフェリーがロープをつかむHERO!の手を蹴るとウラノこれを利用、再度切り返してエビ固め(左写真)、カウント3。

ウラノ(13分3秒 エビ固め)HERO!
※第34代王者組3度目の防衛。

見事防衛の王者チーム(右写真)。

鶴見GMはHARASHIMA&HERO!のタッグ継続を希望するがHARASHIMAは「KO-D次期挑戦者決定トーナメントに集中したい」と固辞。しかし鶴見GMは独断でHERO!の参戦継続を決定、また3人でHERO!ポーズ(左写真)。



その2へ。