DDT "Judgement 2011" 3/27 後楽園ホール大会その5



第5試合 KO-D無差別級次期挑戦者決定&いつでもどこでも挑戦権争奪ロイヤルランブル(17人参加)

ルールはフォール、ギブアップの他にOTRあり。第5入場者と同時にラダーもリングに持ち込まれる。最終的に勝ち残った人間が5/4後楽園大会で今日のメインの勝者に挑戦し、試合途中で「いつでもどこでも挑戦権」をGETした人間はその時点で勝ち抜けとなる。

最初の入場はユニオン枠の諸橋晴也、二番目に入って来た藤田ミノルにエルボー(右写真)、藤田はサミング、ヘッドロック。

諸橋ロープに振る、藤田ショルダーブロック。諸橋が動じず、筋肉を見せつけると藤田は圧倒される(左写真)。

諸橋観客に向かってポージング(右写真)。

チェリーと唯我が水着?姿で北側ステージ席にいるから何かと思ったらカウントダウン映像がない代わりに手動でボードを操作するプロレス界史上初の「カウントダウンガール」だった(左写真)。

3人目がGO!!(右写真

3人目はヤス・ウラノ(左写真)。

藤田と共闘し諸橋にダブルのエルボー(右写真)。

握手(左写真)。

藤田がウラノを肩車してリング上の「いつでもどこでも挑戦権」を取らせようとするが届かない(右写真)。

通り過ぎたのでウラノが「後ろ!」と言うと藤田は後ろに倒れ(左写真)、ハイアングルのバックドロップに。どこまでがわざとなんだか全くわからない。

藤田はコーナーからジャンプして取ろうとするが当然届かない(右写真)。

4番目、中澤マイケルはサングラスを掛けてロック様っぽい出で立ち(左写真)。

諸橋にロックボトム(右写真)、藤田にはスパインバスター。

エルボーパットを外し(左写真)、ロープの間を走る。

藤田にピープルズエルボー。松井さんは休憩モード(右写真)。マイケルカバー、ウラノがカット。

藤田起き上がってウラノと2人でストンピング(左写真)。諸橋も参加。3人で落とそうとするがマイケルなんとかこらえる。

5番目に星誕期入場。ラダーもリングに。星誕期はぶちかまし連発(右写真)。

ダウンしてたウラノ以外の3人まとめてコーナースプラッシュ(左写真)。

星誕期ラダーに上るが重さのため不安定に。そこにウラノが反対側から上って阻止(右写真)。

6番目の高尾蒼馬が星誕期に急所打ち、ドロップキック、自分が上る(左写真)。諸橋が引きずりおろすと高尾「やってらんねーよ!」と客席で休憩。

藤田と諸橋がラダーに上る、藤田の手が挑戦権に届くがウラノがラダーごと倒す(右写真)。

7番目KUDOが入って諸橋にエルボー、ロープに振ってミドルキック(左写真)、カウント2。

KUDOが諸橋にブレーンバスターの体勢、諸橋ブロック(右写真)。

一人ずつ増えて行って最終的には星誕期を加えて4人になった諸橋チームが3人を投げる(左写真)。

8番目の松永智充はみんなにツバ攻撃(右写真)。

マイケルには強烈なビンタ(左写真)。ここまで休んでいた高尾が「手下が来た」とばかりに戦線復帰。10分経過。

藤田がラダーを自分の首にかけて回転(右写真)。

諸橋、KUDO、ウラノ(左写真。特に痛そうだった)、マイケル、星誕期が次々にハネ飛ばされる。

藤田がマイケルを抱えてツームストーン狙う、そこに9番目の大家健が入り炎のスピアー(右写真)。

藤田が大家を落とそうとするが今度はマイケルがこれを阻止、逆に藤田をOTR(左写真)。

マイケル(11分20秒 OTR)藤田
※藤田退場。

藤田また東郷と絡む前に失格。きっと挑戦する気は満々のはずだが、いつも賑やかしに終わってるよなあ・・・。

しかし大家はマイケルと共闘する気はなく、マイケルを殴り倒すとさっさとラダーに上り、いつでもどこでも挑戦権を手にする。しかし松井レフェリーは松永に妨害されてその瞬間を見ていない(右写真)。

高尾が背後から大家を一斗缶で殴り、いつでもどこでも挑戦権を強奪(左写真)、勝ち抜け。

いつでもどこでも挑戦権が残り1枚になったところで10番目のGENTARO入場、髪のないマイケルの両耳をつかんでホイップという荒業(右写真)。

さらにラダーを押し付ける。そこまでマイケルが嫌いか!(左写真

星誕期が突っ張りでGENTAROをコーナーに詰め、助走付けてスプラッシュ狙うがGENTAROはショルダースルーで星誕期をOTR(右写真)。

GENTARO(13分20秒 OTR)星誕期
※星誕期退場。

GENTAROはマイケルをビッグブーツで蹴倒し、ウラノのサポートを得て(左写真)シャープシューターに。

11番目の佐々木大輔がウラノにミサイルキック(右写真)。

KUDOにはケブラドーラ・コン・ヒーロ(左写真)。

佐々木がGENTAROを落とそうとする、そこに突っ込んで行った大家がほとんど自爆のようにOTR(右写真)。大家、今年は挑戦権取れず。

佐々木&GENTARO(14分36秒 OTR)大家
※大家退場。

松井「大家!足折れてないか!」

佐々木と諸橋が2枚目のいつでもどこでも挑戦権をめぐってラダー上で争う(左写真)。15分経過。

そこに入って来た12番目のケニー・オメガ、考えた末に2人ごとラダーを押し倒す(右写真)。

そしてロープに引っ掛かった諸橋を場外へ(左写真)。

ケニー(16分20秒 OTR)諸橋
※諸橋退場。この時点で12人入場、5人が退場&勝ち抜け。



試合の途中ですがその6へ。