キャンプ場プロレスリング・オム旗揚げゴールデンスターシリーズ最終戦 9/26 ネイチャーランド・オム大会



新宿駅西口・スバルビル前にいつもの武井観光の赤いバスが2台(右写真)。遅れた人がいて出発は13時。

1号車の添乗員はばってん多摩川とマンモス半田(左写真)。バスの中はちょうど新宿上空のように暗雲が垂れ込み雨模様に。2号車は神実況コンビ。1号車負け組。

顔を近づけ合ってトークする2人(右写真)。しかし「出会いが1年前の及川千尋引退興行」というのでは、どんなに気が合っていても膨らみようがないのである。

即興コント「おにぎり」(左写真)。空気が重たい。2号車に乗ってる人のツイートには「面白い話だけどノーツイート」。面白い空気だけでも分けてくれ。

15時10分、見慣れた橋を渡る。川は幾分増水している感じか(右写真)。

受付後、オムの車によるピストン輸送で白樺広場に到着(左写真)。

16時、キャンプ場プロレスリングオムの社長とバイトが広場に現れる(右写真)。

声を合わせて開会宣言(左写真)。観客数は124名。超満員札止めだそうだ。

リングアナはジミー・ヤン似の金太郎with熊(右写真)。いつものしゅく造めと、熊役は「あみ」という芸人さんらしい。


第1試合 平田一喜 vs 福田洋

若手2人のシングルでキャンプ場プロレスリング開始(左写真)。福田は珍しく黒のショートタイツ。

ロックアップ、バックの取り合い(右写真)、

グラウンドで切り返し合い(左写真)。これだけでも砂利でこすれて痛そう。

平田がボディスラム狙う(右写真)、福田着地。

福田ガットショット(左写真)、

ヘッドロックからフライングメイヤー(右写真

平田はヘッドシザーズに切り返す(左写真)。

福田倒立して脱出(右写真)。

福田エルボー(左写真)、

平田もエルボー打ち返す(右写真)。

平田てんびん式ヘッドシザーズ(左写真)、福田を投げ飛ばす。

この辺りは砂利というよりは泥になってるがそれでも痛そうなことに変わりはない(右写真)。

平田首投げ(左写真)、

スリーパーに(右写真)。

絞め上げてカバー(左写真)、カウント2。

平田がスライディングキック狙い福田から遠く離れてクラウチングスタートの構え(右写真)。

ダッシュするが福田がカウンターのドロップキック(左写真)。

福田延髄蹴り、ヒップトスで平田を転がす(右写真)。

そして逆エビ固め(左写真)。そこに拡声器からのサイレン音が。

PKが来た(右写真)。まさか第1試合から!

すでに花火には火が点いている(左写真)。

2人の周りをゆっくり回りながら無表情で花火を噴射するPK(右写真)。

標的を見てさえいない(左写真)。

逃げた平田をゆっくり無表情で追い回す(右写真)。

恐ろしいよPK制度!(左写真

福田に噴射(右写真)。

花火を放置して去って行く(左写真)。

試合再開。福田エルボー(右写真)、

平田もエルボー、福田それをキャッチして(左写真

逆さ押さえ込み(右写真)、カウント2。

首固め狙う、平田ブロック(左写真)。

平田はボディスラムに切り返す(右写真)。この広場ではボディスラムは必殺技になりうる。

平田また距離を取って長距離助走からのスライディングキック(左写真)、カウント3。

平田(5分49秒 スーパースライディングキック)福田

PKの恐さのみが残った第1試合。サイレンがなったら遠くに逃げましょう。



その2へ。