全日本 “プロレスLOVE in 両国 vol.13”10/23 両国国技館大会その6



第6試合 世界ジュニアヘビー級選手権
KAI(王者)vs ケニー・オメガ(挑戦者)

挑戦者・ケニー入場(右写真)。

馳浩PWF会長が認定証を読み上げる(左写真)。

そしてコール。ケニーに大量の紙テープ(右写真)。凄い。

セコンドには飯伏(左写真)、マイケル、そして石井。

ロックアップ、ケニー腕を取る(右写真)、KAI切り返す。ケニーさらに切り返す。

KAI切り返してヘッドロック(左写真)からフライングメイヤー、立ち上がるとケニーロープに振る、KAIショルダーブロック。

KAIはスリーパーから再度ヘッドロックに。ケニーロープに振ろうとするがKAIは振らせない(右写真)。KAIフライングメイヤー、ケニーはエビ固めに、カウントは入らない。

ケニーロープに振る、KAIショルダーブロック(左写真)。

KAIロープに飛ぶ、ケニーリープフロッグでかわす(右写真)。

KAIまたフライングメイヤー(左写真)。ケニーロープに振る、KAI切り返す、ケニーブロック。

ケニージャンピングトラースキック、KAIかわす、ケニー一回転して水面蹴り(右写真)。

コーナーに振って串刺しエルボー(左写真)、

ケニーはプロレスLOVEポーズからドラゴンスクリュー、そしてシャイニングウィザード(右写真)観客からはブーイング、KAIは場外にエスケープ。

ケニー助走に入るがKAIすぐにリングに戻ってカウンターのバックエルボー(左写真)。

ロープワーク、KAIはリープフロッグ×2(右写真)、

ドロップキック(左写真)でケニーを場外に落とす。

KAIトペ・スイシーダ(右写真)。

KAIケニーをフェンスにぶつけ、顔面にビッグブーツ(左写真)。

エプロンでの攻防からKAIは奈落式のLAT(右写真)、ケニー頭を強打。5分経過。

ケニーがカウント9でリングに戻るとダイビングフットスタンプ(左写真)。

亀になったケニーの背中にもう一発(右写真)、カウント2。KAIキャメルクラッチ、リリースしてストンピング。

ケニーパンチ、KAIヨーロピアンアッパーカット。ブレーンバスターの形でトップロープに引っ掛けると助走つけて背中にドロップキック(左写真)。

垂直落下式ブレーンバスター(右写真)、カウント2。

ケニーエルボー(左写真)、

KAIはヨーロピアンアッパーカット(右写真)。

ケニー逆水平(左写真)、KAIもチョップ。

KAI頭部にエルボースタッブ連発(右写真)。

KAIロープに飛ぶ、ケニーはカウンターのジャンピングニー、ダブルハンマー連打(左写真)。

ロープワーク、ケニーは低空ドロップキックからコタロークラッシャー(右写真)、カウント2。

ケニーエルボー、肩に担いでカナディアンロッキーバスター(左写真)、

その場跳びシューティングスタープレス(右写真)、カウント2。10分経過。

ケニーフルネルソン、KAIブレーク。KAI三角飛び延髄蹴り(左写真)。

コーナーに上り後頭部にミサイルキック(右写真)、カウント2。

KAIロープに飛ぶ、ケニーフランケンシュタイナー(左写真)、さらにトラースキック、KAI場外転落。

ケニートペ・コン・ヒーロ(右写真)。

ケニーはKAIをリングに戻すとコーナーからダイビングクロスボディ、KAI空中でキャッチしてエースクラッシャーに(左写真)。ケニーのパターンを読んで来てるな。

KAIコーナーに振って突っ込む、ケニーはカウンターのキック(右写真)、

2度目は前宙でかわす(左写真)。

そしてフランケンシュタイナーに行くがKAIはこれをキャッチ、コーナーへのパワーボムに(右写真)。

再度抱え上げて(左写真)、

ライガーボム(右写真)、カウント2。

KAI垂直落下式ブレーンバスター狙うがケニーは着地、フラッシュマンズタイムストッパー(左写真)。



試合の途中ですがその7へ。