DDT "MAX BUMP 2010" 5/4 後楽園ホール大会その3



ディーノを探していた高梨、女子便所で倒れていたところを見つける。「ディーノさん、痔瘻がそんな状態になっていたとは・・・悔しいけど、HG戦はあきらめよう?」
ディーノ「バカ野郎!(ビンタ)男にはハッスルしなきゃいけない時があるんだよ!」右写真

「ディーノさん、俺が間違っていた。俺も付き合うよ。今日勝ってはずみを付けよう。みんなもディーノの覚悟を見とけ!」左写真


第3試合 トリプルスレッドタッグマッチ
男色ディーノ&マサ斎藤 vs KUDO&ヤス・ウラノ vs 大鷲透&安部行洋

ディーノ入場(右写真)。ひげあった方がカッコいいなあ。

先発は高梨、ウラノ、安部。ウラノが安部にハンマーロック、高梨ももう一方の腕を取る(左写真)。

安部がウラノにヘッドロック、高梨は腕をひねる(右写真)。

安部切り返して高梨にハンマーロック(左写真)、ウラノがカニばさみで倒してネックロック、安部バック取る、高梨がまたハンマーロックに。安部切り返す。

入れ替わってウラノが安部をハンマーロック(右写真)、ヘッドロックからフライングメイヤー、安部はヘッドシザーズ。3チームともタッチ。

大鷲はディーノとKUDOだけに闘わせる。ディーノKUDOにニーリフト(左写真)。

KUDOのキック、ディーノ股間タッチの応酬(右写真)。

なぜか大鷲までKUDOの股間を狙う(左写真)。

ディーノが大鷲に男色クロー(右写真)、KUDOがディーノにキック。

大鷲KUDOをロープに振ってビッグブーツ、KUDOかわしてドロップキック(左写真)。ウラノが入り高梨を場外に出して大鷲相手にダブルロープワークからのドロップキック。大鷲場外エスケープ。ウラノがプランチャに行くが大鷲は安部を盾にしてかわす。

高梨が戻りKUDOにスクールボーイ(右写真)、カウント2。

KUDO首4の字(左写真)。大鷲KUDOに首4の字。

首4の字がつながったのを見てディーノはナイトメアに(右写真)。

高梨を含め敵味方構わずナイトメア(左写真)。

最後の安部が痔瘻に悩むディーノの尻にカンチョーを決め、ポーズ(右写真)。安部はその手をウラノ、KUDOの顔に。

大鷲がKUDOにパワーボム狙うがKUDOは着地して延髄蹴り(左写真)。

KUDOは安部をコーナーに振って8×4、ウラノがフランケンシュタイナー、KUDOダイビングダブルニーアタック(右写真)、ウラノジャックナイフ、ディーノがカット。

ディーノウラノに男色クロー(左写真)、KUDOがキックでカット。

ディーノUPから「YOU!」右写真

KUDOに男色クロー(左写真)。キス狙うがKUDOはブロックしてバックスピンキック。

ディーノ振り返るとそこに大鷲。互いに一礼してキス(右写真)。

ディーノが大鷲放すと大鷲は自分の後ろにいたウラノにキス(左写真)。両者ダウン。

ディーノは安部にファイト・一発!(右写真

しかし安部は男色ドライバー喰らわず、下からカンチョー(左写真)。

後ろからもう一発カンチョー(右写真)、ディーノはコーナーまで吹っ飛ぶ。

高梨が安部に首固め(左写真)、カウント2。

高梨は安部をディーノの尻に、安部ブロック(右写真)。

安部高梨にトラースキック(左写真)。

KUDOが安部にバックスピンキック(右写真)、安部はふらふらとディーノの尻に。

KUDOはディーノの上から高梨にダイビングダブルニードロップ(左写真)、カウント3。

KUDO(9分21秒 ダイビングダブルニードロップ)高梨

他の4人が引き上げディーノと高梨だけ残る。
高梨「やっぱりダメだったー!ダメなんだよ、この試合だけじゃねえ、ディーノさん、やっぱりアンタのケツは限界を迎えてる。こんなケツの状態であのHGとやるなんて自殺行為だ。やっぱりHG戦はあきらめよう?」
ディーノ「バカ野郎!(ビンタ)アタシだって自分のケツの状態ぐらいわかってるわよ。それでもやれるうちにやっておきたいじゃない。あっちだっていつまでやるかわからないし。医者に不治の病だって言われたのよ、実際の話。現代の医学では治せませんって。残念ながら命に別状はなって。私が現役のうちに、向こうも未練断ち切ってないうちに、どんな手使ってもHG引っ張り出すわ。完全に追い詰めて引っ張り出すわ。」右写真

そこに「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」が流れ、南側客席からRGが。「カエレ」コールに対して「OK!憎しみの一体感ありがとう。」左写真)。
「おいディーノ!RGですけども。」

ディーノ「すいません存じておりませんがどちら様でしょうか?」RG思わず踊る(右写真)。
RG「フォー!で有名なレイザーラモンHGの相方、RGです!」
ディーノ「いやあの、アタシHGとやりたいのであって、そもそもHGに相方がいたなんて知らない。」
RG「よく言われた。2005年頃。とにかく、HGの名前を出す前に俺を通すのが筋だろうが!」
ディーノ「え?なんでそうなるか意味わからない。」
RG「だから、俺を倒すのが先だろうって!」


ディーノ「なんでそうなるのかわからない。じゃあHGがピンでやってる仕事はみんなRGを倒したってわけ?」
RG「なるほどな。今のアイディア使わせてもらうぜ。」左写真
RG「俺はその昔週プロで6ページ取った男だぞ?」
ディーノ「ボノちゃんの力じゃないの。じゃあマンスリーよしもとで6ページ取ったことあるの?」RG言い返せず。

RG「とにかく俺はHGを出すつもりはない。引退するって言ってるからな。俺がやってやる!」右写真
ディーノ「イヤです。」
RG観客に「見たいですよね?」観客無反応。
RG「このままじゃ帰らねえぞ。見たいですよね?」

ディーノRGにキス(左写真)、

そして男色ドライバー(右写真)。

RG見事な受け(左写真)。

ディーノ「まあいいわ。アンタとアタシの意見の間を取って、アンタとHG、まとめてかかって来なさい!『ひどい痔』って意味じゃアタシの方がHGよ。」右写真

サングラスが壊れショックを受けるRG(左写真)。無言で引き上げる。



その4へ。