DDT 「僕たち4んじゅくで4あいします!」4/4 新宿FACE大会その6



高梨の控室映像。緊張のためか水を飲みまくる(右写真)。

そこに現れたベルトハンター×ハンターの同胞。なぜか手に手にマイケルの私物を持ち、高梨に渡す(左写真)。

高梨「お前ら、ありがとう。中澤さんだって生きてるんだ。俺もやれる!」と元気づく(右写真)。で、マイケルの私物はゴミ箱に。


第6試合 飯伏幸太復帰戦
飯伏幸太 vs 外道

飯伏入場(左写真)。試合は「戦国武将祭」以来1か月ぶり、DDTマット登場は約2カ月ぶり。

外道ナックルで先制攻撃(右写真)、ゴングが後追いに。

コーナーに詰めてナックル連打(左写真)。

外道首投げ、上からパンチを振り下ろす(右写真)。

外道はパンチ一本やり(左写真)。昔の飯伏だったらこういうラフファイトはどう対応できるか?という不安みたいなものがあったが、さすがにここ数年の姿を見てるともうそんなことはない。

外道コーナーに振る、飯伏切り返して突っ込む、外道ショルダースルーで飯伏をエプロンに。飯伏はエプロンからハイキック(右写真)。

飯伏スワンダイブミサイルキック(左写真)、外道場外転落。

飯伏はケブラーダ狙うが外道は足を引っ張って場外に落とす(右写真)。外道鉄柱攻撃。

外道先にリングに戻るとコーナーマットを外してターンバックルをむき出しに(左写真)。飯伏がリングに戻るが外道はまた場外に出す。2度客席に投げ込みリングに戻す。

外道またナックル(右写真)。張り手でダウンさせるとストンピング。

外道エルボースタッブ、飯伏をコーナーに振る、飯伏背中をターンバックルで強打(左写真)。外道パンチ、飯伏がダウンすると踏みつけ。さらに3回ターンバックルにぶつける。

飯伏キック、外道がキャッチするとサマーソルトで着地、ミドルキック(右写真)。

飯伏ミドルキック連打(左写真)、ロープに飛ぶ、外道キャッチしてスタンガン。5分経過。

外道チンロック(右写真)、

フェースロックに移行(左写真)、飯伏ロープ。

外道ストンピング、踏みつけ。エルボースタッブ連打(右写真)、場外に。外道イス攻撃、松井レフェリーが止めるが外道は松井レフェリーにも一撃。

外道は飯伏をリングに戻し自分はコーナーに上る。飯伏ドロップキックで場外に落とす(左写真)。やっぱりこの跳躍力はハンパないなあ。

飯伏コーナーに飛び乗って三角飛びケブラーダ、外道かわす(右写真)。

外道が飯伏を鉄柱にぶつけようとするが飯伏は逆に外道を鉄柱にぶつける(左写真)。

エプロンを走ると再度の三角飛びケブラーダ、今度は見事にヒット(右写真)。10分経過。

飯伏掌打連打からロー、ソバット(左写真)。

ローキックをかわしたところにコークスクリュープレス(右写真)、カウント2。

飯伏外道をコーナーに振る、外道背中を強打。飯伏突っ込む、外道カウンターのキック(左写真)。

外道突っ込む、飯伏カウンターのミドルキック(右写真)。

飯伏その場跳びのシューティングスタープレス(左写真)、

立ち上がるとセカンドコーナーに飛び乗ってムーンサルトプレス(右写真)、カウント2。

飯伏フルネルソン、外道ブレーク。飯伏は高速ジャーマンに(左写真)、カウント2。

飯伏コーナーに上ってフェニックススプラッシュ、外道かわす(右写真)、飯伏着地。

外道トラースキック、ダブルノックダウン(左写真)。

飯伏ロープに振る、外道ブロックしてマンハッタンドロップ(右写真)、

チンクラッシャー(左写真)からコンプリートショット、カウント2。

外道飯伏をターンバックルにぶつけてからコブラクラッチ(右写真)、

飯伏決められたままコーナーに下がる、外道は自らがむき出しにしたターンバックルで背中を打って手を放してしまう(左写真)。こういう言い方をするのもなんだがやっぱりうまい。

外道ラリアット、飯伏マトリックスでかわしてハイキック、カウント2。ドラゴンスープレックス(右写真)、カウント2。15分経過。

飯伏フェニックススプラッシュ(左写真)、カウント3。

飯伏(15分7秒 フェニックススプラッシュ)外道

予想外の「完勝」にびっくり。昨年のベストオブスーパージュニア1回戦の結果を引きずった内容になるかと思ったのだが。なお飯伏は「これで終わり」と試合後に言ったようだが、4/20には大阪で飯伏&ケニーvs外道&東郷が組まれており、5/8のスーパーJタッグトーナメントではまた1回戦で当たることになっている(飯伏&コンスケンスズ・クリード vs 外道&KUSHIDA)。



その7へ。