月刊若手通信2月号 2/19 1st RING大会



エキシビション 妻木洋夫 vs 平田一喜

DDTの練習生、妻木洋夫(つまきひろお)と平田一喜(ひらたかずき)によるエキシビションマッチ・5分1本勝負。レフェリーはこのエキシビションを含め全試合松井さん。リングアナもマイク井上一人で新藤リングアナは売店から観戦。ロックアップでスタート(右写真)、平田がロープに押し込む、ブレーク。セコンドに着いてるのを見ててもあんまりわからないが結構体もデカくなってるような。

ロックアップ、平田がバック取る、妻木切り返す(左写真)。首の取り合いに。

平田足をすくってステップオーバートーホールド(右写真)。

妻木体をひねって倒すとグラウンドヘッドロック(左写真)。

両者立ち上がる、平田腕をひねる(右写真)、ハンマーロックに。

妻木切り返す(左写真)。

平田切り返してフルネルソン、首投げからスリーパー(右写真)。

妻木切り返して腕をひねる(左写真)、

平田さらに切り返してワキ固め(右写真)、妻木ロープ。

平田エルボー(左写真)、妻木チョップの打ち合い。

妻木もエルボー返す(右写真)。3分経過。

妻木ヘッドロック(左写真)、ヘッドロック。

平田ロープに振る、妻木ショルダーブロック(右写真)。ロープに飛んでもう一発、カバー、カウント2。

妻木ボディスラム、カウント2。もう一発狙う、平田ブロック(左写真)。

平田が逆にボディスラム(右写真)、カバー、カウント1。4分経過、残り時間1分。

平田ドロップキック、逆エビ固め(左写真)から逆片エビに、妻木ロープ。

平田ロープに振ってドロップキック(右写真)。

平田再度逆エビ固め(左写真)、しかしここで時間切れ。

(5分 時間切れ引き分け)

熱かったなあ。今日はこれ見れただけでも収穫。


全選手入場式。安部が代表して挨拶(右写真)。「仲良しとかじゃなくて、今日は一番目立ちます!」


第1試合 高尾蒼馬 vs 竹嶋健史(バトラーツ)

竹嶋の入場テーマは「渡る世間は鬼ばかり」のテーマ。こういうの面白いと思ったら大間違いだぞー。どうせ誰か先輩が押し付けたんだろ?としか思えない。ロックアップ、高尾ヘッドロック(左写真

竹嶋切り返してがぶる(右写真)、高尾首を抜いてバック取る。高尾ネックロックからヘッドロック、竹嶋エビ固め、カウント2。。

高尾腕をひねる(左写真)。

竹嶋足をすくってレッグロック(右写真)、高尾はサミング、ロープエスケープ。

高尾バック取ってグラウンドに(左写真)。

竹嶋ワキ固め(右写真)、高尾ロープ。

竹嶋フロントネックロック(左写真)、高尾外掛けで倒す。十字固めに、竹嶋ロープ。

高尾首投げからスリーパー(右写真)、ネッククラッチに移行、リリースしてカバー、カウント2。

高尾ストンピング2発(左写真)、ボディスラム、カウント2。

高尾エルボー、竹嶋は張り手、コーナーに押し込む、高尾エルボー(右写真)。

高尾エルボー連打(左写真)、

高尾ランニングエルボー(右写真)、カウント2。

高尾逆片エビ(左写真)、竹嶋ロープ。

エルボー打ち合い(右写真)。5分経過。

ヒザを着いた状態の竹嶋に飛び込むようなエルボー(左写真)。

高尾胴締めスリーパー(右写真)、竹嶋ロープ。

高尾コーナーに振って突っ込む、竹嶋カウンターのスピアー(左写真)、カウント2。

竹嶋逆エビ固め(右写真)、高尾ロープ。

竹嶋ラリアット、高尾かわしてバックスタバー(左写真)。

高尾コーナーに上るとミサイルキック(右写真)、カウント2。

高尾ボディスラム、コーナーに上ってマッドスプラッシュ(左写真)、カウント3。

高尾(7分27秒 マッドスプラッシュ)竹嶋

高尾はやっぱり若手同士のガツガツしたのが似合うかな?



その2へ。