WWE "SMACKDOWN! & ECW LIVE" 7/7日本武道館大会



前売券買ってなかったけど、行かないと後悔しそうだったので急遽当日券で行くことに。今回入場ランプのある側の北西〜北〜北東1階・2階スタンドは使用せず。1階スタンドに結構空席あり。1万円席かな?


第1試合 ジョン・モリソン vs ドルフ・ジグラー

メモ取ってないので試合経過はなしでキャプションのみで。モリソン入場。

コートの前を広げてポーズを取ると大歓声。

対するはジグラー。事前発表カードとはすでに違っている。

ジグラーも同じようなポーズ。こっちには当然ブーイング。

すると筋肉美を見せ付ける。

モリソン人気に嫌そうな態度を見せるジグラー。

ロックアップ、モリソンが腕を取る。

ジグラーはロープの間から体を出して逃げの姿勢。

再度ロックアップ、ジグラーはヘッドロックからフライングメイヤー。

グラウンドヘッドロックで締め上げる。

モリソン立ち上がるとジグラーをロープに振る、ロープワークからドロップキック。

また逃げ腰のジグラーにモリソンが詰め寄るがレフェリーが制止。

ジグラー一旦リングに戻るがまたエプロンに逃げる。

モリソンがヨーロピアンアッパーカット連打。

モリソンはダンシングレッグドロップ。

モリソンロープに飛ぶ、ジグラーはカウンターのクローズライン。

ジグラーヘッドロック。

ジグラーはモリソンを場外に落とし、上がってこさせない。

モリソン回転エビ固め、カウント2。

エビ固めの応酬、ジグラーはブロックして顔面にパンチ。

ジグラーはグラウンドでスリーパー。

耐えてブレークしたモリソンはパンチ連打。

ジグラージャンピングニーアタック。

モリソンは両足でのニールキック。

モリソンは走り込んでのヒザ蹴り。

モリソン突っ込む、ジグラー抱え上げてスタンガン。

ジグラーがフライングチャック狙う、モリソンブロックしてバックの取り合いに。

モリソンバックスライド、カウント2。

ジグラーはフライングチャック決める、しかしカウントは2。

モリソンロープに飛び乗って反転式のエンズイギリ。

モリソンのキックをかわしてジグラースクールボーイ、カウント2。

モリソンはキックを入れるとコーナーに飛び乗ってハリウッドスタープレスのような形のカンクン・トルネード、これで3カウント。

モリソン(8分32秒 スターシップ・ペイン)ジグラー

勝ち名乗りを受けるモリソン。



その2へ。