DDT 12/13 博多スターレーン大会その6



第6試合 エニウェアフォール4wayイリミネーションマッチ
高木三四郎 vs 飯伏幸太 vs 中澤マイケル vs 石井慧介

高木は昨日の福岡交通センター大会で使ったギターを持って入場(右写真)。

マイケルが「昨日の交通センターと奇しくも同じカード、昨日は負けたけどこのスターレーンで俺がリベンジを果たし、路上の王になってやるからな!3人まとめてかかってこい!」というので3人でマイケルに攻撃(左写真)。

まずマイケルが石井を場外に連れ出し売店の机にぶつける(右写真)。

高木は飯伏を台車に乗せて客席に突っ込ませる(左写真)。もうすでに選手の動きを追えない。

石井が鉄製のスロープにマイケルをブレーンバスター、カバー、カウント2(右写真)。

高木と飯伏リングに戻る、飯伏ソバット(左写真)。

ローキックをかわさせておいてその場跳びムーンサルト、高木かわす(右写真)。飯伏着地すると高木にドロップキック。昨日のお返しに成功。高木は場外転落。

マイケルが石井にダイビングショルダーブロック(左写真)。

マイケルに「塩!」と叫びながら串刺し3連発(右写真)。

飯伏と石井が交互にエルボー(左写真)、マイケルは一枚ずつ脱いで行く。

変態最終形に進化すると2人にラリアット(右写真)、

高木にはスピアー(左写真)。

マイケルが「俺が路上王になる!」と宣言して外を目指す。観客大移動開始。飯伏は抵抗しエルボー連打(右写真)。

飯伏はマイケルをスターレーンの階段から落とす。マイケルは飯伏を1Fの壁に投げつける(左写真)。

マイケルテキサスブルドーザー(右写真)、ついにスターレーンの建物の外に!

路上でマイケルエルボー、飯伏はミドルキックの応酬(左写真)。

マイケルスリーパー、カメラマンさんは車道に出て撮影するが(右写真)ここは結構車の通りがあって危ない。

マイケル首固め(左写真)、カウント2。マイケルのこの格好で外に出てること自体犯罪かも。

信号が変わり飯伏が横断歩道を渡る。NTT西日本ビル前の歩道でマイケルがトラースキック(右写真)。

飯伏がオーバーヘッドキックを浴びせ自販機に上る、マイケルも後を追う、飯伏エルボーでマイケルを落とす、マイケル必死に自販機の縁につかまるが飯伏はその手にストンピング、マイケルを落とす。

そしてムーンサルトアタック(右写真)、カバー、カウント3。

飯伏(12分20秒 自販機からのムーンサルトアタック)マイケル
※マイケル退場。

飯伏と共にリングに戻ると「15分経過」のコール。その間中では何が行われていたのだろう?高木が石井にスピコリ・ドライバー(左写真)、カウント2。

飯伏がエプロンに置いてあったギターを発見、興味深げに拾い上げる(右写真)。

しげしげと眺める(左写真)。

弾こうとすると後ろから高木が突進(右写真)、飯伏を客席まで吹っ飛ばす。

そして石井にはテキサスクローズライン、カバー(左写真)、カウント3。

高木(15分50秒 テキサスクローズライン)石井
※石井退場。

飯伏がリングに戻り高木にミドルキック(右写真)、

高木はギターショットで反撃(左写真)、打ち合いに。

飯伏は高木のギターにキック、高木が落とす。飯伏掌打、ソバットで高木を座らせギターをフルスイング、高木かわす、飯伏ギターを抱えてその場跳びムーンサルトプレス(右写真)、カウント2。

飯伏ミドルキック、高木ブロックして至近距離からのクローズライン、カウント2。飯伏立ち上がるとソバット(左写真)、ロープに飛ぶ、高木追いかけてサンシローズライン、高木ロープに飛ぶ、飯伏ロンダート式オーバーヘッドキック、ダブルノックダウン。

両者立ち上がってエルボーの打ち合い(右写真)。

高木ヘッドバット連打(左写真)、

高木クローズライン(右写真)、カウント2。

高木スピコリ・ドライバー(左写真)、カウント2。

高木シットダウンひまわりボム狙う、飯伏フランケンシュタイナーで切り返す(右写真)。

高木のクローズラインをマトリックスでかわすとハイキックからドラゴンスープレックス(左写真)、カウント2。

ボディスラムで投げてコーナーに上るとフェニックス・スプラッシュ、カウント3。

飯伏(19分25秒 フェニックス・スプラッシュ)高木

高木が足を引きずりながら(しかし若手の肩は借りずに)退場し、さあ締め、というところでシューズの中を見てあせる飯伏(左写真)。「忘れました・・・」

なぜかCEOマイケルがタイツの中からカンペを取り出し後ろ手に渡す(右写真)。

もう「カンペ」という大きさじゃない。読む飯伏。「My name is Kota Ibushi.」なんで英語なんだよ!
「I love Hakata very much. I love Motsu-Nabe very much.」当然棒読み。「My hobby is playing game and having sex....」読んだ後で目をむく飯伏。

松井レフェリーがCEOを厳しく叱責(右写真)。全く、ゴールデン☆スターになんて文章を読ませるんだ!

さほど気にしてない飯伏は「いつもの」終わり→バック宙→終わり→バック宙で締め(左写真)。この2回を含め土日で何回飯伏が回るのを見たろうか。今日のメインもやっぱり伝説クラス。



観戦記INDEXへ。