DDT 12/12 福岡交通センター大会



これが福岡交通センターだ!

こういう階構成になってます。1階〜3階が主にバス乗り場、4階から上は各種店舗、8階はレストラン街(ここ重要)。

今日の会場は5階。エスカレーターで上がるとそこにこの看板。

中央イベント広場らしい。

この張り紙。午後5時の時点ではまだ10人ほどの客。

ここで試合が行われるらしい。

その周りには明日の「天下三分の計」のポスター(右写真)や、

FTOのポスター(左写真)が。

これは公認凶器?(違います)

5時20分、レフェリー兼リングアナ兼音響の松井さんが映像担当の尾崎さんと打ち合わせ(左写真)。

アズール・ドラゴンがなんか持ってきたなあと思ったら整体用のベッドだった(右写真)。

5時50分、150人以上の客がイベントスペースを取り囲む(左写真)。

午後6時、松井さんが「Into The Light」を流し(右写真)試合開始。

最初に入場したのは高木三四郎(左写真)。

全員でFire(右写真)。

次に入場してきた石井を「悪者」と志免町の少年に教え込む大社長(左写真)。

CEO入場(右写真)。大社長の「あ、もっと悪い奴が来た」のひとことで大ブーイング発生。

飯伏入場(左写真)。松井さんのコールも「東京スポーツ制定プロレス大賞技能賞受賞、飯伏幸太」と。

4人が臨戦態勢に(右写真)。今日のルールは誰かが一人勝ったら終了。


メインイベント 4thスレッドマッチ
高木三四郎 vs 飯伏幸太 vs 中澤マイケル vs 石井慧介

ゴングの代わりに松井レフェリーが吹く笛が開始の合図。

広場の真ん中の太い柱を囲んで4人でぐるぐる回る(右写真)。

なかなか組まない(左写真)。

飯伏と高木、石井とマイケルがそれぞれ手四つでスタート(右写真)。

飯伏ローキック(左写真)。

飯伏が高木の腕をひねる、石井とマイケルはバックの取り合い(右写真)。

高木切り返す(左写真)。

石井腕を取る、マイケル回転して切り返す(右写真)。

マイケルが腕をひねる(左写真)。

一方高木はハンマーロックに固める(右写真)。

飯伏と高木首の取り合い(左写真)、

飯伏がバック取る(右写真)。

こちらは石井が腕をひねる。

高木アームロックホイップ(右写真)、

マイケル足をすくってレッグロックに(左写真)。

高木チキンウィングアームロック(右写真)。

高木立たせて逆水平(左写真)。

飯伏はエルボーで反撃(右写真)。高木逆水平と飯伏のエルボー打ち合い。

飯伏掌打連打、ローキックからソバット(左写真)。

ローキックをかわさせてその場跳びムーンサルト、高木はこれもかわし飯伏着地(右写真)。

高木は飯伏にドロップキック(左写真)。

こちらもエルボーの打ち合い(右写真)。

石井逆水平(左写真)。



試合の途中ですがその2へ。