DDT NON-FIX "8.31" 1st RING大会



控室映像。練習生と高木が「蝶野さんのサングラスが両国でなくなった!」と騒ぐ。


第1試合 安部行洋、谷口智一、高尾蒼馬 vs 石井慧介、伊橋剛太、ササキアンドガッバーナ

9/13大阪大会から若手リーグ戦「ヤングドラマ杯」が開催されることが発表。日程等はこちら。本日の第1試合はリーグ戦出場の6名による6人タッグ。全員リングに(左写真)。壮観だ。

先発は安部と伊橋。ロックアップ、伊橋がロープ押し込む、ブレーク。伊橋バック取ってグラウンドに(右写真)。

安部切り返してネックロック(左写真)、伊橋切り返す、ブレーク。谷口と石井にタッチ。

石井ガットショット、エルボーの打ち合いに(右写真)。

石井エルボー連打からランニングエルボー(左写真)、谷口ショルダーブロックで返す。高尾とガッバーナにタッチ。

ガッバーナヘッドロック、高尾ロープに振る、ガッバーナショルダーブロック(右写真)。ガッバーナロープに飛ぶ、高尾ドロップキック。

高尾フライングメイヤー、ガッバーナヘッドシザーズ。高尾もう一度フライングメイヤーからグラウンドヘッドロック(左写真)、両者立ち上がる。ガッバーナ自軍コーナーに押し込んで石井にタッチ。

高尾が石井にエルボー(右写真)、石井もエルボー返す。石井ボディスラムからカバー、カウント2。ストンピング打ち込んで伊橋にタッチ。

伊橋逆水平、首投げからサッカーボールキック(左写真)。

伊橋ヒザ蹴り、張り手(右写真)。高尾も張り返す。高尾ネックロック、伊橋はコーナーに押し込んでガッバーナにタッチ。

ガッバーナキック、石井を呼び込んでダブルのショルダーブロック(左写真)、ガッバーナがカバー、カウント2。

ガッバーナ高尾をネッククラッチからキャメルクラッチに、さらに指を鼻に突っ込む(右写真)。高尾ロープ。5分経過。ガッバーナは石井にタッチ。

石井ストンピング連打(左写真)。

石井ボディスラムから助走付けてニードロップ(右写真)、カウント2。

石井逆エビ固め(左写真)、高尾ロープ。石井エルボー、ロープに飛ぶ、高尾カウンターのエルボー、谷口にタッチ。

谷口ショルダーブロック(右写真)、ボディスラム連発。石井はガッバーナにタッチ。

ガッバーナ張り手(左写真)、

コーナーに振る、谷口切り返して串刺しエルボー(右写真)。

谷口ブレーンバスター(左写真)、カウント2。

谷口ロープに振る、ガッバーナ切り返してトラースキック(右写真)、石井にタッチ。石井ドロップキック、谷口は安部にタッチ。

石井安部をコーナーに振って串刺しニーアタック、安部は2発目をかわして串刺しドロップキック。安部連続フィッシャーマンズスープレックス(左写真)。

しかし3発目は石井がフィッシャーマンバスターに切り返す(右写真)。伊橋と高尾にタッチ。

高尾エルボー、フライングエルボー(左写真)、カウント2。

高尾ロープに飛ぶ、伊橋ソバット(右写真)。

伊橋張り手、ローキックからその場跳びムーンサルトプレス(左写真)、カウント2。

伊橋ジャーマン(右写真)、安部がカット。谷口が入って伊橋にスピアー、ガッバーナが入って谷口を場外に出す。

高尾がガッバーナにドロップキック、ガッバーナ倒れず。高尾ドロップキック計5連発(左写真)、カウント2。安部にタッチ。

安部ドロップキック、くるくる回してから首固め(右写真)、カウント2。ロープに飛んでウィッチブレイド、石井がカット。

安部ロープに飛ぶ、ガッバーナ風車式バックブリーカー(左写真)。

ガッバーナコーナーに上ってダイビングエルボードロップ(右写真)、これは伊橋がカット。

カナディアンバックブリーカーからひっくり返してのDDT(左写真)、カウント3。

ガッバーナ(イタリア式DDT)安部

ガッバーナは石井、伊橋と共に勝ち名乗りを受けるが石井にラリアット、伊橋にトラースキックを浴びせて一人で控室に。リーグ戦もDDT所属選手だけだったら安部と石井が決勝進出という線が固いんだろうが、そこにガッバーナが入ったことで当然本命はガッバーナであり、リーグ戦の軸になるのもそう。誰かガッバーナに土を付けられるのか?それとは別に個人的には谷口を注目。



その2へ。