DDT “両国ピーターパン” 8/23 両国国技館大会その7



4th PETER PAN 9冠統一選手権
男色ディーノ vs マサ高梨

一見さんの多い大会場とあってディーノの狩りにも力が入る(右写真)。桝席をほぼ一周。「スリル」もほぼフルコーラス。

2人が向かい合ったところに映像が(左写真)。

何かと思えばアフラックの井上怜奈選手のCMのパロディ。「がんができた」を「ファンができた」に、「リンク上でのプロポーズが待っていた」を「リング上でのプロポーズが待っていた」に変えていた。

EXTREMEのベルトを掲げるディーノ、それに対抗しビールを飲み干す高梨(左写真)。

パンチの打ち合いからディーノがキスを迫る、高梨ブロック(右写真)。高梨一旦場外に。ディーノ追う。

高梨リングに戻ると後から上がってきたディーノにストンピング。高梨逆水平(左写真)。

ディーノはパンチをかわし首投げから「死ね〜♥」右写真)、高梨は尻に手を突っ込まれてロープエスケープ。

ディーノ首投げからロープに飛んで男色クロー、高梨ブロック。高梨がディーノの腕を左に振るとクローは松井レフェリーの股間に(左写真)。

高梨がディーノをロープに振ると松井レフェリーも股間つかまれたまま一緒に走る、高梨カウンターのエルボー(右写真)、2人一緒に倒れる。

高梨ディーノをロープに振る、ディーノ切り返す、高梨ディーノの鼻をつかむ(左写真)、ディーノは股間をつかんでブレーク。

ディーノは高梨の手を取るとコックボトム(右写真)、

そしてナイトメア(左写真)、会場からの「ナイトメア!」の掛け声が思ったより大きい。ディーノも驚いた表情。かなり気合が入ってるディーノは2枚目も下ろしてナイトメア。カバーはカウント2。

ディーノファイト・一発!狙うが高梨はエビ固めに丸め込んで急所にダブルニードロップ。高梨足踏みからトラースキック、ディーノこれをキャッチして逆にスイちん、そしてシャイニングあてがい(右写真)。

ディーノファイト・一発!、高梨はタイツの中には入らずコーナーから持ってきたニラのベルトで一撃(左写真)。5分経過。

高梨さらにニラのベルトで攻撃、しかし松井レフェリーに誤爆。ディーノはDDTから垂直落下式ブレーンバスター2連発(右写真)。

高梨はヒザ立ちでチョップ打つ(左写真)、ディーノもパンチで応戦。

ディーノ抱え上げてもう一発垂直落下ブレーンバスター(右写真)。高梨ダウン。

カウントが進む。そこにまたもアフラックパロディ映像が入る(左写真)。今度は高梨編。「プロレスを続けるために、異国で一人闘龍門した」には笑った。

立ち上がった高梨は「YOU!」右写真

しかしディーノはパンチをかわしバックドロップ(左写真)。

ディーノファイト・二発!から男色ドライバー狙う、高梨はコーナーに押し込んでブレーク。しかし松井レフェリーがこれに巻き込まれる(右写真)。松井レフェリー失神。

高梨トラースキック、イナヅマからタカタニック(左写真)、ズバリと決まったが松井レフェリーはカウント不能。10分経過。

ディーノキスを狙って突っ込む、高梨かわす、ディーノのキスはようやく立ち上がった松井レフェリーに誤爆。一旦離れるが高梨のパンチを受けたディーノはまた唇から松井レフェリーに(右写真)。

ディーノなぜかタイツを下ろす、高梨が股間にドロップキック、ディーノコーナーに下がり松井レフェリーの顔面にスティンキーフェース(左写真)。高梨もう一発ドロップキック、ディーノかわして松井レフェリーに誤爆。

いろんなもん失ってます(右写真)。

ディーノ高梨にキス(左写真)、高梨は急所打ちでブレークして延髄蹴り。3人ともダウン。

ディーノと高梨起き上がり両者ヒザ立ち状態で殴り合い(右写真)。

ここでアフラックパロディ・松井レフェリー編が(左写真)。レフェリーの生命線、右手にメスを入れたらしい。これは井上怜奈じゃなくて鳥越俊太郎バージョンのパロディ(「病室にカメラを持ち込んだ」)も交じっていた。

高梨のチョップがようやく起き上がった松井レフェリーに誤爆(右写真)。松井レフェリーがぶるぶる震える。

ディーノのベルト攻撃も松井レフェリーに誤爆(左写真)、レフェリーアップ続く。

松井レフェリーはベルトの誤爆を喰らうと2人に「YOU!」しかし手を出すわけではなく「ファイト!」レフェリーの鑑。

両者パンチの打ち合い(左写真)。

ディーノが迫る、高梨はビールミスト(右写真)。

ディーノが松井レフェリーを押す、松井レフェリー高梨とぶつかって右腕を負傷(左写真)。

高梨が男色ドライバーをジャックナイフに切り返すが、松井レフェリーは右腕の痛みで3カウントが打てない(右写真)。

ディーノは高梨にディープキス(左写真)。

そして男色ドライバー(右写真)。しかしこれでは決まらない。

ディーノは男色デストロイ(左写真)、松井レフェリーカウント2で一旦腕が止まるが痛みをこらえて両手で3カウント。

ディーノ(19分26秒 男色デストロイ)高梨
※ディーノが9冠統一王者に。

ディーノ「高梨、私はゲイよ。でもそういう意味じゃなくて、高梨、愛してる。」
高梨「照れんじゃん。ベルトはなくなったけど、アンタを尊敬して、追っかけて、憧れでよかったと思う。憧れは強く、カッコよくあって欲しいから。俺だけじゃなく、ここにいる皆がアンタの9本のベルトを巻いた姿を見たがってると思うよ。」

ベルトを装着しようとするディーノ(左写真)。しかし何度やっても無理。
ディーノ「闘ったのは2人だけど、闘っているのは選手だけじゃない。松井さん、愛してる。」これが「リング上のプロポーズ」か。

高梨「時間もないし、ビアパーティー始めましょう!松井さん、まだお仕事残ってるけど。」と3人でビアパーティー開始(右写真)。

EXTREMEのベルトだけ巻いて観客にアピールするディーノ(左写真)。今後も「9冠統一選手権」ではなくこのEXTREMEだけを防衛していくつもりらしい。

「守りのカード」だけど十分DDTをアピールしたような。



その8へ。