DDT “両国ピーターパン” 8/23 両国国技館大会その6



3rd PETER PAN タノムサク鳥羽&星誕期 vs 長井満也&澤宗紀

ハードヒットっぽいメンツだがルールは通常のプロレスルール。先発は星誕期と長井。5年ぶりに国技館に帰ってきた星誕期、リングで四股を踏む(右写真)。

長井も四股を踏んで立合いからぶつかり合い(左写真)。

星誕期がぶちかましで長井を吹っ飛ばす(右写真)。両軍タッチ。

鳥羽ハイキック(左写真)。

鳥羽ミドルキック、澤キャッチ(右写真)、鳥羽パンチ、澤ダウン。

澤のローキック連打で鳥羽ダウン、澤カバー、カウント2。澤スリーパー(左写真)、鳥羽ロープ。

鳥羽フック(右写真)、澤ローキック、鳥羽ダウン。やはり足を攻められるとまだダメか?

澤マウントパンチ(左写真)、長井にタッチ。

長井ボディスラムからアンクルホールド(右写真)、鳥羽ロープ。長井は澤にタッチ。

澤ローキック、アキレス腱固め(左写真)。

4の字固めにスイッチ(右写真)。

鳥羽はパンチでブレーク(左写真)。

鳥羽ジャンピングハイキック(右写真)、星誕期にタッチ。

星誕期澤にぶちかまし(左写真)。5分経過。

長井が入るが星誕期はコーナースプラッシュ(右写真)、澤にもコーナースプラッシュ。

星誕期ブレーンバスター(左写真)。

抱え上げてパワースラム(右写真)、カウント2。星誕期セカンドコーナーからダイビングボディプレス、澤かわしてドロップキック、長井にタッチ。

長井ロープに振ってニールキック(左写真)。

長井コーナーに振って串刺しエルボーからブレーンバスターで星誕期を投げる(右写真)、カウント2。

長井ミドルキック、ローキック、バックスピンキック(左写真)、カウント2。澤にタッチ。

澤ローキック(右写真)、パンチ。

澤ワキ固め、星誕期ブロックして強烈な張り手(左写真)。星誕期コーナーに振って突っ込む、澤かわす。

澤バックを取るが星誕期ブロックしてノド輪落とし(右写真)、鳥羽にタッチ。

鳥羽澤をコーナーに詰めてパンチ連打(左写真)。

ボディアッパーからカカト落とし(右写真)。

ヒザを着いたところにバズソーキック、澤ブロック(左写真)。しかし2発目のバズソーキックはヒット、カウント2。星誕期を呼び込む。

星誕期が肩車に捕えて鳥羽がコーナーからジャンピングハイキック(右写真)、長井がカット。澤はパンチで脱出、長井にタッチ。

長井ミドルキック(左写真)、

鳥羽パンチ(右写真)の打ち合い。

鳥羽パンチ(左写真)、

長井のミドルをキャッチしてパンチ(右写真)。10分経過。

鳥羽ハイキック、長井キャッチしてキャプチュード(左写真)、澤にタッチ。

澤フライングパンチ(右写真)。

バックブローは澤かわして(左写真)バックドロップ。

澤シャイニングウィザード狙う、鳥羽はカウンターのパンチ(右写真)、カウント2。

澤ハイキック、鳥羽かわす、澤すかさず旋風脚をヒット(左写真)。

そしてシャイニングウィザード(右写真)、カウント2。

澤ヘッドバット(左写真)。

澤卍固め(右写真)、星誕期がカット、長井が星誕期に陸牙。

鳥羽と澤はここまでの展開が全く関係ない殴り合いに(左写真)。y2Dを髣髴とさせるなあ。

互いにパンチを打ち合う(右写真)。

鳥羽の手が止まったスキに澤が伊良部パンチから片エビ固め(左写真)、3カウント。

澤(13分13秒 伊良部パンチ)鳥羽

こういう試合は狭い会場の方がいいのかなあ。あと鳥羽の足はまだまだ完調ではないようだ。



その7へ。