DDT 闘うビアガーデン 8/8 1st RING大会その3



第4試合 ケニー・オメガ&飯伏幸太 vs マイク・エンジェルス&円華

円華とマイクが入場(右写真)。

ゴールデン・ラヴァーズ入場(左写真)。

先発は飯伏と円華。円華ローキック(右写真)。

円華タックル、飯伏切ってバック取る(左写真)、円華切り返す、ブレーク。

飯伏エルボー(右写真)、円華も返して打ち合いに。

飯伏ミドルキック(左写真)、

円華もミドルキック(右写真)。飯伏ミドル連打、ケニーにタッチ。円華もコーナーに押し込んでマイクにタッチ。

マイクいきなりキチンシンク、ストマッククロー狙う(左写真)、ケニーかわす。

ロープワーク、ケニーリープフロッグからヒップトス(右写真)。さらにロープワークからアームホイップの打ち合い。

ケニーロープに飛ぶ、マイクキャッチしてスタンガン(左写真)。

マイクがイスを使おうとするが松井レフェリーが制止(右写真)。そのスキにケニーは飯伏にタッチ。

マイクがイスを振り上げる、飯伏そこにミサイルキック。飯伏さらにミドルキック(左写真)。5分経過。

ロープに振ってソバット、マイクかわして変形のネックブリーカードロップ(右写真)。円華にタッチ。円華ニードロップ、カウント2。円華ネックロック、リリースしてカバー、カウント2。マイクにタッチ。

マイクバックハンドチョップ(左写真)、後頭部にエルボースタッブ。

飯伏エルボー(右写真)、マイクもエルボー。飯伏ロープに飛ぶ、マイクカウンターのビッグブーツ。マイクロープに飛ぶ、飯伏カウンターニールキック、ケニーにタッチ。

ケニーがマイクをボディスラムで投げ後頭部にドロップキック(左写真)、カウント2。

ケニーバックハンドチョップ(右写真)、飯伏にタッチ。

飯伏首投げからサッカーボールキック(左写真)、カウント1。飯伏スリーパー、リリースしてケニーを呼び込む。

マイクをロープに振ってダブルリープフロッグ(右写真)から飯伏がミドルキック、

さらにケニーがコタロークラッシャーに行くがマイクはブロックして(左写真)バックドロップに。円華にタッチ。円華首投げからサッカーボールキック、もう一度首投げから急所にストンピング、コーナーに押し込んでマイクにタッチ。

マイクコーナーに詰めてパンチ、円華にタッチ。円華は急所にパンチ(右写真)。10分経過。

円華急所蹴り(左写真)、場外に出て鉄柱でケニーの急所を攻める。マイクにタッチ。ケニーバックハンドチョップ、マイクは捕まえてボディシザーズ、ケニーがレッグロックに切り返す、円華がカット。マイクは円華にタッチ。

円華ケニーをコーナーに逆さ吊りにして急所踏み付け、マイクにタッチ。マイクバックドロップ、ケニー一回転して着地(右写真)、ロープに飛ぶ。マイクラリアット。マイクコーナーに上ってダイブ、ケニー下からドロップキック、両軍タッチ。

飯伏掌底、ローキック、ソバットからその場跳びムーンサルトプレス(左写真)、カウント2。15分経過。

飯伏オーバーヘッドキック、ジャーマン、マイクがカット。マイクが飯伏をコーナーに突き飛ばす、ケニーが飯伏を飛び越えてクロスボディ(右写真)。

ゴールデン・ラヴァーズは円華とマイクを場外に落とすとダブルのスライディングキックからクロスフラッシュ(左写真)。初めてうまいこと撮れた気がする。

ケニー円華をリングに戻し串刺しエルボー(右写真)。

合体ツームストーンドライバー狙うがマイクが阻止(左写真)。

円華コーナーに上る、飯伏ロンダート式オーバーヘッドキック(右写真)。

飯伏コーナーに上る、マイクが飯伏を引きずり下ろそうとする、ケニーが阻止(左写真)。

ケニーがマイクにジャーマン(右写真)。

ケニーと飯伏コーナーに上りゴールデンシャワー(左写真)、円華かわしたため2人とも着地。

ケニー波動拳、飯伏ジャーマン(右写真)、カウント2。

ゴールデン・ラヴァーズはついに合体ツームストーン成功(左写真)、マイクが松井レフェリーを場外に出してカウント阻止。

マイクがついにケニーにストマッククロー(右写真)、

ケニーロープ、マイクは構わずストマッククローに(左写真)。

マイクはストマッククロースラムに行くがケニーは十字架固めに切り返す(右写真)。

しかしまたストマッククロー(左写真)、しかしここで場外から戻って来た松井レフェリーがマイクの反則を宣告。

ケニー(20分42秒 反則)マイク

納得行かないマイク。「何が反則だ!俺がDDTに来た理由はただ一つ、ケニー・オメガと対戦するためだ。反則裁定なんて受けに来たわけじゃない。延長だ!」(訳:中澤マイケル)

マイケルが4人の意思を確認するために走り回る(左写真)。ケニー「やってやる!」飯伏「やりますよ!」円華「やります!」

そしてエニウェアフォール、反則裁定なしの再試合が決定。



その4へ。