DDT “After King of DDT” 6/29 1st RING大会その5



松井レフェリーがトイレに入ろうとするが、そこは矢郷さんが封印されていて入ることができない(右写真)。

猪熊が机に皿を置く、松井レフェリーカウントを取る(左写真)、カウント3。アイアンマン王座移動。

猪熊が皿にご飯をよそう、松井レフェリー考慮の末にカウント3。ご飯にミツボシカレーがかけられる(右写真)、カウント3。さらに王座移動。

絶品メンチカツがカレーの上に乗せられる(左写真)、カウント3。

ミツボシ名物絶品メンチカツ(第819代アイアンマン王者)カレー完成(右写真)。


第5試合 フランチェスコ・トーゴー、アントーニオ本多、ササキアンドガッバーナ vs KUDO、ヤス・ウラノ、星誕期

トーゴーがKO-Dタッグの2本のベルトを持ってリングイン(左写真)。

アントンはUWA6人タッグの3本のベルトを肩と首に掛けて(右写真)。

アントン「ササキアンドガッバーナは確かに丸腰だが、心にベルトを巻いている!」
高梨「おいイタリア軍、今日は反乱軍Aチームの星誕期、そしてBチームのKUDOとウラノがお前らをぶっ潰すからな。」その後の特攻野郎Aチームネタはわからなかったので割愛。

イタリアン・フォーホースメンが先制攻撃(右写真)。トーゴーがKUDO、ガッバーナが星誕期を場外に。

リングに残ったアントンとウラノがパンチの打ち合い(左写真)。アントンサミング、ロープに飛ぶ、ウラノカウンターのドロップキック。アントンはトーゴーにタッチ。

ロープワークからウラノエビ固め(右写真)、カウント2。

KUDOとウラノがダブルでロープに振るがタイミングが合わなかったところにトーゴーが2人にラリアット(左写真)。星誕期とガッバーナがリングイン。

星誕期ロープに振ってラリアット、ガッバーナかわすと背後から飛びついてスリーパー(右写真)、星誕期はコーナーに押し付けてブレーク。星誕期コーナーに振る、ガッバーナコーナーに飛び乗ってミサイルキック、星誕期スカし、立ち上がったところにぶちかまし、ウラノにタッチ。

ウラノシュミット流バックブリーカー(左写真)。

首投げからチンロック(右写真)、アントンがカット。ウラノはKUDOにタッチ。

KUDOストンピング、ヒザ蹴り、首投げからサッカーボールキック(左写真)、カウント2。星誕期にタッチ。星誕期パンチ連打、ウラノにタッチ。

ウラノとガッバーナ張り手の打ち合い(右写真)、ウラノはヒザ蹴り、ボディスラムで投げてKUDOにタッチ。KUDOボディスラムで投げてまたウラノにタッチ。

ウラノボディスラム(左写真)、KUDOにタッチ。KUDOボディスラム、星誕期にタッチ。5分経過。

星誕期もハイアングルのボディスラム(右写真)、ウラノにタッチ。

ウラノコーナーに振って串刺しエルボー(左写真)、KUDOも続く。

星誕期も背面アタック(右写真)ウラノロープに飛んでエルボー、カウント2。

ウラノアームロックからスリーパー(左写真)、ガッバーナはパンチでブレークしてロープに飛ぶ、ラリアットをかわしてドロップキック、トーゴーにタッチ。

トーゴーはウラノとKUDOにパンチを連打、しかし星誕期はベアハッグに(右写真)。トーゴーパンチで脱出。トーゴーはウラノとチョップの打ち合い、回転ネックブリーカーを決めるが星誕期がカット。トーゴーはアントンにタッチ。

アントンはウラノにナックル連打(左写真)、ロープに飛ぶ。

ウラノカウンターの低空ドロップキック(右写真)、KUDOにタッチ。

KUDOコーナーに振って8×4(左写真)、ダイビングダブルニーアタックはかわされる。

アントンロープに飛ぶ、KUDOカウンターのバックスピンキック(右写真)。KUDOミドルキック、ロープに飛ぶ、アントンはテーズプレスからエルボードロップ、カウント2。10分経過。

アントンKUDOをコーナーに振る、KUDO切り返す、アントンがグレースに激突(左写真)。グレースダウン。そういえばグレースの現役生活もあと3ヶ月切った?

KUDOコーナーに上る、レフェリーが不在のスキにガッバーナがイタリアン・パウダー、高梨が受ける(右写真)。高梨は一発でラリってしまい、コーナー上のKUDOに「KUDOちゃ〜ん」と甘えに行く。これによりKUDOはコーナーでクロッチ。

ガッバーナとトーゴーがイタリアンクラッシュ(左写真)、アントンがカバー、グレース復活してカウント2。

アントンパンチ(右写真)、KUDOエルボーの打ち合い。アントンのパンチとKUDOのハイキックが相打ちになり両者ダウン、星誕期とガッバーナにタッチ。

ガッバーナドロップキック連打(左写真)、コーナーに上る。

ガッバーナクロスボディ、星誕期キャッチするがガッバーナはDDTに切り返す(右写真)。

ガッバーナ逆さ押さえ込み狙う、星誕期ブロック、星誕期コーナーに振ってスプラッシュ(左写真)。

星誕期ブレーンバスター、ガッバーナ着地、ガッバーナとトーゴーがダブルのトラースキック(右写真)、ガッバーナコーナーに上ってダイビングエルボードロップ、ウラノがカット。

ガッバーナ逆さ押さえ込み(左写真)、カウント2。

ガッバーナロープに飛ぶ、星誕期カウンターのラリアット(右写真)。

星誕期チョークスラム(左写真)。

コーナーに上るとブエノスアイレス午前零時(右写真)、カウント3。

星誕期(14分12秒 ブエノスアイレス午前零時)ガッバーナ

昨日今日と誕期さんの魅力全開だ。

ウラノ「KUDO、今日お前とのタッグチームとしての動きが何一つ成功していない。今日勝ったのはくやしいけど星誕期一人の力だよ。でも、俺はお前と組んでベルト巻いて両国のリングに上がるって決めたんだ。」

ウラノ「挑戦者決定3WAY、次の一番早いDDTの興行でやりたい。どこだ?」
新藤リングアナ「5日の富山です。」
ウラノ「スケジュールの問題で新宿FACEになるかもしれない。時間がないんだ。でも俺たちが勝って、トーゴーとPIZAの持つタッグベルトに挑戦する!」


アントン「一言言わせてもらう。DDT、物凄い自転車操業だな。まあ俺も何回もその後輪に巻き込まれてきたが。いつ、誰が来ようが、チャンピオンは俺たちだ。なぜならば(略)」

富山でやるのかなあ?>決定戦。つーか選手権自体はいつ?両国でタッグのタイトルマッチやるのは決まってるって話だったけど、その前に一回名古屋辺りでやるのかな?



その6へ。