DDT "King of DDT" 6/28 後楽園ホール大会その4



ポイズンが一人リングに。「俺はまだ誰がパートナーか聞いてないんだ!パートナー出て来い!」右写真
次の瞬間会場に「Mr.B.D.」が流れる。やはり後藤達俊であったか。

第4試合 ポイズン澤田JULIE&後藤達俊 vs 佐藤光留&松永智充

佐藤&松永が先制攻撃を掛け乱闘スタート。松永はポイズンを引きずり回す(左写真)。後藤は佐藤にイス攻撃。

ポイズンと松永がリングに戻りチョップの打ち合い(右写真)。

松永ガットショット、ロープに飛ぶ、ポイズンいきなり呪文かけようとするが松永はあっさりパンチで阻止(左写真)。

松永パンチ連打、腕折り(右写真)。

ポイズンの指を固める(左写真)、ポイズンロープ。松永は佐藤にタッチ。

佐藤はポイズンの腕にニースタンプ、の腕を固める(右写真)。さらに指にかみつく。ストンピング入れて松永にタッチ。

松永ボディにキック、後藤を挑発。ポイズンまた呪文、松永手で払う(左写真)。

松永アームロックからワキ固め(右写真)、ポイズンロープ。松永は佐藤にタッチ。

ポイズンチョップ連打、ロープに飛ぶ、佐藤はカウンターのエルボー。佐藤ストンピング、首投げからサッカーボールキック(左写真)、カウント2。5分経過。

佐藤ボディスラム、ロープに飛ぶ、後藤がエプロンからキック(右写真)。

ポイズンチョークスラム(左写真)、後藤にタッチ。

後藤ラリアット(右写真)。

後藤バックドロップ狙う、松永が阻止(左写真)。松永と佐藤はダブルでロープに振るが後藤は2人にラリアット。

後藤がV1アームロック(右写真)、

パンクラスの佐藤相手に堂々と関節技で渡り合うところはさすが(左写真)。佐藤ロープ。後藤はポイズンにタッチ。

ポイズンストンピング、ロープに振ってニールキック(右写真)。

ポイズンブレーンバスター狙う、佐藤着地してソバット。佐藤ヘッドバット(左写真)、松永を呼び込む。

佐藤がポイズンの背後からニーアタック、つんのめるように前に出たポイズンに松永がトミーボンバー(右写真)。

松永がアナコンダバイス(左写真)、後藤がカット。

後藤バックドロップ狙う、松永ブロックしてバック取り返す、後藤急所蹴り。佐藤がバック取るが佐藤にも急所蹴り(右写真)。

後藤がポイズンに喝を入れるべく張り手。ポイズンは呪文にトライ、突っ込んできた松永と佐藤の動きが止まる(左写真)。

ポイズンは2人を同士討ちさせる(右写真)。

後藤が佐藤にラリアット(左写真)、

そして松永にバックドロップ(右写真)。

ポイズンがすかさず松永にキャトルミューティレーション(左写真)、松永ギブアップ。

ポイズン(8分29秒 キャトルミューティレーション)松永

試合はほとんど後藤一人がやったような気もするが。

ポイズン「呪文使えたよ!後藤さん、ありがとう。後藤さん、あんたは心の蛇だ。」
後藤「心の蛇?まあいいや。じゃ。」さっさと帰ろうとする。

ポイズン「ちょっとちょっと待って。」
後藤「もう大丈夫だろ?じゃ。」左写真
ポイズン「待って待って。」

後藤「じゃあ俺にかけてみろよ。」
ポイズン呪文、後藤の腕が上がる(右写真)。
後藤「ダイジョーブイ。」

後藤の退場後ポイズン「DDT!俺の両国の相手は決まったのか?俺は蝶野を要求してるんだ!蝶野、俺と戦え!」 するとスクリーンに蝶野が(左写真)。
「ポイズン澤田?やらねえよ。8月23日はふさがってんだ。だいたい俺とやろうなんて150年早いよ。お前らファンも見てえのか?見たいのか?」
ファンの歓声が高まったところで「ガッデム!それならやってやろう!DDT両国、俺が乗り込んでやる!」
ポイズン「これで決まりだな。8月23日両国国技館、ポイズン澤田JULIEvs蝶野正洋!必ず俺が勝って支配下に収めてやる。蛇界転蝶だ!楽しみにしとけよ!」


意外にあっさり決まったなあ。意味のないビッグネームは呼んでも仕方がないが、ポイズンの経歴を考えると大箱でvs新日、というのはアリだろう。



その5へ。