DDT ハードヒット〜CORE 3/16 1st RING大会



18時から正美と石井がリングに上がって新藤リングアナと和田良覚レフェリーによるルール説明。まずは勝敗がギブアップ、KO、ピンフォール、TKO、反則失格の5つで決まることの説明。

グラウンドで単に肩が着いているだけでは取らないが、たとえば十字をかけられていても押さえ込んでいればフォールカウントを取る、という説明(左写真)。


ハードヒットのロゴ。

田中秀和リングアナがリングに(左写真)。まずは選手入場式。

全選手がリングに(右写真)。

代表して飯伏があいさつ(左写真)。カンペなくても大丈夫。


第1試合 毛利昭彦(毛利道場)vs 関根龍一(KAIENTAI-DOJO)

毛利入場(右写真)。

1月にデビューしたばっかりのKAIENTAI-DOJOの新人・関根が果敢に前に出る(左写真)。

毛利がタックルで倒す(右写真)。

毛利マウントパンチ(左写真)。

毛利十字狙う、関根ブロックしてエビ固めに(右写真)、フォールカウント入る、カウントは2。

両者立ち上がって毛利がヒザ蹴り(左写真)。

毛利ヒザ十字(右写真)、関根ロープ。残りポイント毛利5−4関根。

毛利前蹴り(左写真)。

関根ローキック(右写真)。

さらにローキック(左写真)。これは有効打に。

毛利掌底(右写真)。

関根ハイキック(左写真)、毛利がバランス崩したところにドロップキック、毛利ダウン。残りポイント4−4。

毛利タックルで倒してスリーパーに(右写真)。

毛利は十字にスイッチ、関根ロープ。毛利4−3関根。

毛利ヒザ蹴り連打(右写真)。

逆に関根がヒザ蹴りに来たところをキャッチしてキャプチュード(左写真)。

そして十字(右写真)、関根ロープ。毛利4−2関根。

関根ミドルキック(左写真)。

毛利バック取って投げっ放しジャーマン(右写真)。

関根はすぐに立ち上がってミドルキック(左写真)、

毛利もミドルキック打ち返す(右写真)。

毛利飛びつき十字固め(左写真)、関根ギブアップ。

毛利(4分35秒 飛びつき腕ひしぎ十字固め)関根

旗揚げ戦第1試合はいい感じのスタート。そこに毛利が選ばれた理由もわかる気がする。



その2へ。