DDT “レスリングとんこつ2008” 6/22 博多スターレーン大会その6



第5試合 ゴールデン“九州男児”スター vs バトル・ソクラテス
飯伏幸太 vs ヤス・ウラノ

客席で休憩するウラノ(右写真)。

ロックアップ、ウラノロープに詰める(左写真)、ブレーク。

再度ロックアップ、飯伏がロープに押し込む、ブレーク。「髪を引っ張った」とアピールするウラノ(右写真)。

ウラノがガットショット、飯伏の髪を引っ張って(左写真)ヘッドロックに。

飯伏がロープに振る、ウラノは髪をつかんでブロック(右写真)、またヘッドロックに戻す。飯伏振る、ウラノはまた髪つかんでブロック、ヘッドロックに。飯伏力で外し首投げからサッカーボールキック、ストンピング。

飯伏ロープに振ってドロップキック(左写真)。飯伏バック取る、ウラノはレフェリーのシャツをつかんでブロック。

ウラノフライングメイヤー、飯伏ヘッドシザーズで返す。飯伏ハイキック、ウラノかわして(右写真)フライングメイヤー、飯伏ヘッドシザーズ。

ウラノフライングメイヤーからグラウンドヘッドロック(左写真)。

ウラノ立ち上がる(右写真)、飯伏ロープに振る。

ウラノはロープワークからフライングメイヤー(左写真)。

飯伏切り返そうとする、ウラノ髪をつかんでブロック(右写真)。

ウラノヘッドロック、レフェリー(トミー茨城)も飯伏にギブアップかどうか尋ね始める(左写真)。5分経過。

ウラノコーナーを蹴ってフライングメイヤー(右写真)。

ウラノヘッドロック(左写真)、飯伏ロープに振ろうとするがウラノは振らせない。

ウラノ絞る(右写真)、飯伏ロープ。

ウラノコーナーに上ってミサイルキック(左写真)。

ウラノまたヘッドロック(右写真)、飯伏バックドロップ、両者ダウンするがウラノはカウント7で立つ。

ウラノは飯伏を立たせて逆水平(左写真)。

ウラノ飯伏をコーナーに振って突っ込む、飯伏フランケンシュタイナー(右写真)、ウラノ場外転落。

飯伏はコーナーに飛び乗って三角飛びケブラーダ(左写真)。

飯伏ウラノをリングに戻してロープに飛ぶ、ウラノはレフェリーを巻き込んで延髄蹴り(右写真)。

ウラノチョップ(左写真)、ロープに飛ぶ。

飯伏ダッシュミドル(右写真)、カウント2。

飯伏フルネルソン、ウラノブレークして急所蹴り。ウラノフランケンシュタイナー(左写真)、

顔面にドロップキック(右写真)、カウント2。

ウラノヘッドロックからフェースロック(左写真)、飯伏ロープ。

ウラノは飯伏をコーナーに上げて自分も上る(右写真)。

飯伏はトップロープに飛び乗りトンボを切って着地、ウラノにオーバーヘッドキック(左写真)。

飯伏ジャーマン(右写真)、カウント2。

飯伏が逆にヘッドロック(左写真)。

ウラノバックドロップ(右写真)。ルー・テーズは得意のバックドロップに持ち込むために散々ヘッドロックで攻めて相手が逆にヘッドロックをかけたくなるよう追い込んでいたとかいう話があったが、今日はまさにウラノがテーズ作戦を採ったのか?

しかし飯伏はヘッドロックを外さず、反り返って絞り上げる(左写真)、ウラノギブアップ。

飯伏(13分2秒 ヘッドロック)ウラノ

ウラノらしいいい試合だったが、最後がヘッドロックというのは7/6のTAKA戦を意識しすぎかなあ、という気がしないでもない。



その7へ。