DDT 5/18 スタジオドリームメーカー大会
KO-Dワンナイトタッグトーナメント



ちょっと到着が遅れたが、なんとか試合には間に合ったようだ。その前にストロベリー・ジャム控室映像。坂井のコスチュームがイチゴ付きに変わっている。やる気のない高木は「いいんじゃないの?」すると坂井「今いいって言いましたね?こんなのも作ってきました!」と高木に「SECURITY」ピンクバージョンTシャツや股間にイチゴのアップリケの付いたピンクのタイツをはかせようとする。高木「お前勝手に変えてんじゃねーよ!そんなもん着ねーよ!出てけ俺は徹夜で眠いんだ!」と追い出す。


第1試合 KO−Dワンナイトタッグトーナメント1回戦
MIKAMI&KUDO vs O.K.Revolution&藤沢一生

O.K.がMIKAMI、藤沢がKUDOに先制攻撃を掛ける(右写真)。O.K.はMIKAMIを場外へ。今日も照明が暗いなあ。

藤沢がKUDOをロープに振ってパワースラムからストラングルホールド(左写真)、MIKAMIが場外から戻ってカット。MIKAMIロープに飛ぶ、藤沢はMIKAMIにもパワースラム。藤沢ラリアット、MIKAMI一回転。O.K.がKUDOに逆エビ、藤沢がキャメルクラッチで引き継いでO.K.はKUDOの顔面にドロップキック。エルボードロップを2人で連打すると「気合いだー!」維新軍がモチーフ?

藤沢がKUDOを抱え、O.K.がコーナーから飛んでハイジャックバックドロップ、MIKAMIカット。O.K.入ってMIKAMIとチョップ合戦、MIKAMIエアスマッシュ狙うがO.K.かわしてスピアー。藤沢がMIKAMIを捕らえてチョークスラムの体勢、しかしなぜかノーザンライトボム(右写真)に。O.K.と藤沢はKUDOに3D、カウントは2。

藤沢が羽交い絞め、O.K.「キター!」と突っ込む、KUDO両足キックで撃退すると藤沢にスピンキック、さらに藤沢をO.K.にぶつける。MIKAMIもスワンダイブ式ミサイルキック(左写真)で援護。

KUDOダブルニードロップ、藤沢2で返す。KUDOコーナーに飛び乗ってダイビングダブルニードロップ(切れてるが右写真)、これでカウント3。

KUDO(3分15秒 片エビ固め)藤沢
MIKAMI&KUDO準決勝進出。


坂井、「スターどっきり寝起き訪問」と称して再び高木の控室に(左写真)。呼ばれても起きない高木。ほくそえむ坂井。ここで映像が切れる。


第2試合 KO−Dワンナイトタッグトーナメント1回戦
カート・アン偽ル&諸橋晴也 vs HERO!&ジャイアントHERO!

諸橋の入場テーマが新しくなってる。NoFXの「Don't call me white」かな?諸橋、アン偽ルが入場してくるHERO!チームに場外で先制攻撃(右写真)。諸橋はジャイアントHERO!に鉄柱攻撃。石川はこれが正式デビュー戦?諸橋はジャイアントをリングに戻してヘッドバット連打、ターンバックルにぶつけてコーナーで踏みつけ、アン偽ルにタッチ。ロープに振ってダブルのショルダーブロックからエルボードロップ連発。諸橋ドロップキック打ち込んでエプロンに下がる。

アン偽ルはコーナーに振って逆水平からグーパンチ、対角線コーナーでまた逆水平、アン偽ル早くもアンクルホールド(左写真)、ジャイアントロープ。

諸橋入って首投げ、ジャイアントのマスクをはがそうとする(右写真)。さらに顔面をロープにこすりつけ。アン偽ルにタッチ。

アン偽ルロープに振る、ジャイアント切り返してランニングネックブリーカードロップ(左写真)。脳天唐竹割り、椰子の実割りとつないでHERO!にタッチ。

HERO!コーナーに振ってクロスチョップ、対角線コーナーに振る、アン偽ル切り返す、HERO!コーナーに飛び乗って反転ミサイルキック(右写真)、アン偽ル場外転落。HERO!はすかさずトルニージョ。さらにコーナーの向こうの諸橋にサードロープをくぐってのクロスチョップ。5分経過。

ジャイアントはエプロンからの脳天唐竹割りを披露。HERO!がアン偽ルをリングに戻し、コーナーに振ってHERO!キック。HERO!フィッシャーマンズスープレックス、カウント1。HERO!ミドルキック連打(左写真)、アン偽ル耐える。HERO!ハイキック、アン偽ルヒザを着く。そこにシャイニングウィザード式延髄蹴り。

HERO!はアラビアンプレス、カウント2。コーナーに上ってHERO!スプラッシュ(右写真)、諸橋がカット。ジャイアントにタッチ。

ジャイアントはロコモーションかわづ落とし(左写真)、カウントは1。

ジャイアントはコーナーに振っての椰子の実割り。諸橋が入る、ジャイアントは16文?キック。アン偽ルにも16文キック連発(右写真)。アン偽ルはグーパンチ、逆水平、チョン蹴りで動きを止めると諸橋にタッチ。

諸橋コーナーに振って串刺しラリアット(左写真)2連発。コーナーに上げて「スパイダー!」予告するがHERO!が蹴り落とす。アン偽ルが入ってHERO!にアン偽ルスラム。諸橋コーナーに上りなおしてジャイアントの腹にダイビングフットスタンプ。カバーはHERO!がカット。

諸橋ラリアット2発(右写真)、ジャイアントをフォール。

諸橋(8分50秒 片エビ固め)ジャイアント
※諸橋&アン偽ル組準決勝進出。


第3試合 KO−Dワンナイトタッグトーナメント1回戦
高木三四郎&坂井良宏 vs 三和太&攻勢力(怒寿恋團)

眠気から覚めないまま高木入場。いつの間にかピンクのコスチューム&Tシャツを着せられている(左写真)。ようやく気づいて坂井に文句を言う高木だが、モメているところを怒寿恋團に場外に突き出される。

太が坂井に場外で突っ張り(右写真)。

攻勢力に踏みつけられる高木。イチゴのアップリケがキュート(左写真

リングに戻った坂井は太に相撲対決を申し入れる。三浦がイチゴの軍配?で行司。がっぷり四つ(右写真)から太すくい投げ、太の勝利。坂井は高木にタッチ。

高木と太も相撲対決。高木、太を投げる(左写真)。太は攻勢力にタッチ。

攻勢力、簡単に高木を投げる(右写真)。高木「こいコノヤロー!」と挑発しつつ坂井にタッチ。攻勢力も太にタッチ。

太は猫だましから張り手連打(左写真)、コーナーに振ってスプラッシュからスティンクフェース。「逃げろよ!」と叫ぶ高木に坂井は「手が・・・」サードロープに引っかかってるだけじゃん。

高木がリングに入る、攻勢力も入って高木をコーナーに振るとスプラッシュ、攻勢力と太、ダブルのすり足式スティンクフェース(右写真)。リアル・リキシ!太は坂井にボディスラムからぶーちゃんローラー。

太は攻勢力にも行くように指示。そして恐怖の正史ちゃんローラー(左写真)。これはぺらんぺらんだね。太コーナーに振ってスプラッシュ、坂井はかわすとロープに飛んで高木風ラリアット。

坂井コーナーに上るがニードロップは不発(右写真)。太がシャイニングウィザード、高木カット。5分経過。

攻勢力が入ってノド輪落とし(左写真)、太がフライングソーセージ、カウント2。

太地獄突き2発、攻勢力を呼び込んでサンドイッチプレス(右写真)、カバーは高木がカット。

太は高木にもサンドイッチプレス浴びせようとするが高木はかわして2人にスタナー連発(左写真)。

ダウンしてる坂井の手を太に乗せる(右写真)。そのまま3カウント。

坂井(6分57秒 体固め)太
※ストロベリージャム準決勝進出。

高木坂井に文句。「おい坂井!なんだこのタイツは?俺のタイツはどうした?」
坂井「それならもう業者に頼んで次のアップリケを付けてもらってます。」
高木「こんなので試合できるか!」
坂井「いつもよりがんばってましたよ。」
高木「俺はもう出ないからな!」
坂井「ごちゃごちゃうるさいんですよ。こうなったらもう優勝目指して行くしかないですよ!一度ピンクを着た代償は高いですよ・・・。」左写真


第4試合 KO−Dワンナイトタッグトーナメント1回戦
スーパー宇宙パワー&佐々木貴 vs タノムサク鳥羽&ランバー・ソムデートM-16

先発は宇宙とランバー(右写真)。ランバー65kgと軽量ながら鋭いキックを宇宙に浴びせていく。

宇宙タックルで倒す、ランバー下から十字狙う、宇宙切り返して腹固めから脇固め(左写真)、そして十字に、ランバーロープ。

宇宙ストンピング、サッカーボールキック、ヒザ蹴り。払い腰から十字、鳥羽がカット。宇宙首投げからスリーパー(右写真)、ランバーロープ。宇宙は佐々木にタッチ。

佐々木ストンピング、ボディスラムからまたストンピング。ランバー立ち上がるとパンチ、佐々木張り手、ソバット、ランバーかわしてパンチで倒し鳥羽にタッチ。鳥羽ヒザ蹴り、アッパー、カカト落とし(左写真)。佐々木の顔面にストレート連打。

鳥羽コーナーに詰めて連打(右写真)、ミドルキックが佐々木の右腕に入り佐々木は腕を痛めた様子。鳥羽はさらにヒザ蹴り、ストレート。佐々木打たれっぱなし。

ランバー入って2人で連打、コーナーに振って鳥羽串刺しニーアタック、ランバーも串刺しニーアタック(左写真)。ランバーハイキック、佐々木張り手、ヒザ蹴り。ランバーパンチ、佐々木はランバーを捕まえてコーナーに逆さ吊り、スライディングキック打ち込む。5分経過。

佐々木ブレーンバスター狙う、ランバー着地してパンチ、ロープをつかんでのハイキック、鳥羽にタッチ。鳥羽フック(右写真)、佐々木顔面キックの打ち合い。鳥羽ロープに飛ぶ、佐々木キャッチしてスピンスラム、宇宙にタッチ。

宇宙サッカーボールキック、ストンピング連打からブレーンバスター、カウント2。コーナーに振って串刺しラリアット、キック入れてツームストーンドライバー3連発(左写真)、カバーはランバーがカット。鳥羽はランバーにタッチ。宇宙ヒザ蹴り、ランバーブロックしてバックブロー。ランバーキック、宇宙キャッチして逆片エビ、鳥羽がカット。宇宙は佐々木にタッチ。

佐々木はランバーにバキューン!キック(右写真)。ランバーはロープをつかんでのキック、ジャンピングハイキック打ち込んで鳥羽にタッチ。鳥羽ヒジ連打、カウント2。佐々木ラリアット、鳥羽かわしてバックブロー、宇宙がカット。

宇宙とランバーは場外に出てド突き合い。鳥羽が佐々木の顔面にヒジ打ち連打(左写真)、助走をつけて突っ込む、佐々木がカウンターのラリアット、カウント3。

佐々木(9分58秒 片エビ固め)鳥羽
※宇宙&佐々木組準決勝進出。

準決勝の組み合わせはMIKAMI&KUDO組vs宇宙&佐々木組、高木&坂井組vs一宮&諸橋組に。で、ここで休憩なんだが新藤リングアナから「売店からの情報です!SECURITY・Tシャツのピンクバージョンが限定数入荷で発売されました!」その声に売店へと急ぐ数名。あっと言う間にあやしいピンク装束軍団が。



その2