IWAジャパン3/21福島体育館大会



街中ではあまり見掛けなかったが、体育館入り口には「凱旋」を謳うポスターが(左写真)。ここまでやっててほんとに出場停止になったらどうなっていただろうか?

さらに入り口にはこういうパネルも(右写真)。まさにゴージャス松野のための興行。
開始は1時の予定であったが、なんと開場は12時58分。もちろん時間通りには始まらない。

1時25分、場内が暗転し、歌謡ショーが開始。デュエット曲「心酔わせて」のイントロが流れてゴージャス松野(右写真)と田代純子が入場。

リング上で歌う2人。

田代純子はもちろんだが、ゴージャスの歌もなかなかうまい。

田代純子(左写真)。デビュー20周年のヴェテラン歌手なのだそうだ。知らんかった。

フィニッシュのポーズを決める2人(右写真)。

ゴージャスと田代純子が地元の皆さんにあいさつ。

眼底骨折で欠場中の矢樹広弓(と妹さん)が花束贈呈。

リングアナが「スナックHIROMI矢樹から花束」としか紹介しなかったので気を遣ったのかゴージャスは「有名な福島県出身の女子プロレスラー、矢樹広弓さんです。」と改めて紹介。

田代純子から「実は親戚なんです。」と言われて照れる矢樹。

2人に花束。

ゴージャスは一旦リングを降り、田代純子がさらに「かもめの街」「兄弟船」「羅臼」の3曲を歌う。歌謡ショーが終わるとゴージャスがリングに。おしゃべりが始まるのかと思ったら田代純子が降りやすいようにロープを開けに行っただけだった。この気配りはさすがホスト。

すぐに試合に。


第1試合 宇和野貴志 vs 上野幸秀

ロックアップ、宇和野ロープに押し込む、ブレーク。腕の取り合い、宇和野が制してアームロックに取る。上野立ち上がって切り返す、宇和野さらに返す、宇和野アームホイップ、上野はヘッドシザーズで切り返してさらにクルックヘッドシザーズの体勢に(左写真)。宇和野ロープ。

宇和野ヘッドロック、上野ロープに振る、宇和野タックル。2発目上野はすくい投げに取ろうとするが宇和野切り返して逆に投げるとドロップキック。宇和野ロープに振る、上野ロープワークをミス。失笑が起きたのを消すように上野唐突な急所蹴りからチキンウィングアームロック(右写真)。さらにキーロックに。宇和野立ち上がって腕を抜くとストンピング。ボディスラムで投げてギロチンドロップ、カウント2。

宇和野ブレーンバスター(左写真)、先ほどのギロチンドロップを2で返したらどよめきが起きたせいか上野は今度はカウント1でカバーをハネ返す。

宇和野はコーナーに詰めて逆水平(右写真)、エルボー連打。宇和野対角線コーナーに振る、上野切り返して串刺しニールキック。上野スリーパーから首4の字、宇和野ロープ。5分経過。

上野さらに上から体重を掛けるようなスリーパーで締め上げる(左写真)、宇和野ロープ。上野チンクラッシャー、カウント2。立たせてネックブリーカードロップ、カウント2。上野チョップ打って宇和野に「打ってこい」と挑発。

宇和野チョップ、エルボー連打(右写真)。ロープに振ってドロップキック。

宇和野リバースチキンウィングに取ると「投げるぞ!」と叫んでダブルアームスープレックス(左写真)。まあ普通あの体勢からは投げるだろうなあ。カバー、カウントは2。宇和野コーナーに振って串刺しラリアット2連発。

宇和野バックドロップ、カウント2。バック取ってジャーマン(右写真)、これも2。宇和野「もう一丁!」しかし上野はバックエルボーでブレークし延髄ニールキックから外道クラッチ、カウント2。

上野トラースキック、ロープに飛ぶ、飛びついてきた上野をキャッチした宇和野はベアハッグからフロントスープレックス、頭から落ちる上野(左写真)。宇和野カバー、カウント2で上野の足がロープに。宇和野裏投げのような体勢からそのまま真後ろに投げて固めるスープレックス、これもカウントは2。10分経過。

宇和野ラリアット、上野かわして飛びつきスイングDDT。さらにネックチャンスリーから持ち上げてのフェースバスター。上野チキンウィングフェースロックに。

上野そこからブリッジ(左写真)、「ゴー・トゥ・ヘル」だっけ?とにかくこの技で宇和野ギブアップ。

上野(10分46秒 ゴー・トゥ・ヘル?)宇和野

宇和野の投げ技はやはり時折ひやりとさせるなあ。上野だからうまくなんとかしてるんだろうが。


第2試合 倉垣翼 vs 米山香織

ロックアップからバックの取り合い、首の取り合い、腕の取り合い。動きの速さ、声で第1試合と差別化できてるところがいい。倉垣フライングメイヤーからネックロック、米山脱出するが倉垣は下からフロントネックロック(右写真)。米山首を抜く。しかし倉垣体勢入れ替えて上になると張り手連打、立ち上がってストンピング。ボディスラムからカバー、カウント2。倉垣スリーパーからキャメルクラッチ、米山は足をバタバタさせて倉垣の背中を蹴る。倉垣リリースして背中にストンピング。

倉垣ヘッドロック、グラウンドに持ち込む。立ち上がるとヘアホイップ。この技で会場が異様に沸く。女子プロ久しぶり?米山立ち上がってキック、ロープに振る。倉垣は側転でパンチをかわすとドロップキック。倉垣コーナーに振る、米山切り返す、倉垣反転ドロップキック、米山かわす。米山エルボーアタック2発、3発目は倉垣がカウンターのドロップキックで返す、カウント2で米山ブリッジで起き上がるとロープに飛んでフライングエルボーアタック(左写真)、カウント2。米山ボディスラム、カウント2。

米山コーナーに振る、倉垣切り返す、米山ターンバックルに飛び乗って回転エビ狙うが足を踏み外して失敗。米山ロープに飛んでクロスボディ、倉垣キャッチ(右写真)して叩き付ける。倉垣エルボードロップ、米山かわしてドロップキック。5分経過。

米山コーナーに振る、倉垣トンボを切ってかわすとカニばさみで倒して逆エビ固め(左写真)。悲鳴を上げる米山に声援が。米山なんとかロープに。倉垣コーナーに上ってダイビングプレス、米山かわす。米山逆にコーナーに上ってミサイルキック、ダイビングボディプレス、カウント2。

米山「終わりだ!」と叫ぶとダブルリストアームサルトの体勢、倉垣はヒザ蹴りでブロックするとロープに飛ぶ、米山カサドーラで丸め込む、カウント2。米山もう一度カサドーラに行く、倉垣持ち上げてバックドロップ、カウント2。コーナーに上ってミサイルキック2発(右写真)、カウント2。

米山張り手、倉垣が張り返すとその手をキャッチして変形のカサドーラで丸め込む(左写真)、カウント2。

米山ロープに飛ぶ、倉垣カウンターのラリアット(右写真)、米山2で返す。

倉垣が引き起こす、米山モンキーマジックホールド(左写真)、カウント2。

倉垣立ち上がるとヘッドバット、ロープに振ってもう一発ラリアット、米山かわすが帰ってきたところをレジーラックに捕まり(右写真)ギブアップ。

倉垣(9分3秒 レジーラック)米山

フィニッシュも説得力十分でいい仕事した感じ。米山の相手は力で押さえつけるタイプの方がいいのか?


第3試合 ウルトラセブン vs 平野勝美

妙に「師弟対決」を強調するリングアナ。平野さん、入場時にリングに駆け上ろうとするが足滑らす。これでまずつかんだ?(わざとじゃないと思うが)
ロックアップ、セブンがロープに詰める、ブレーク。再度ロックアップ、セブンアームロックに、平野すぐにロープエスケープ。セブンヘッドロック(左写真)、平野ロープに振る、セブンタックル。2発目セブンすくい投げ。

セブンまたヘッドロック、平野カニばさみで倒してレッグロック(右写真)、リリースしてストンピング。セブンが立ち上がると地獄突き。セブンはエルボーで返す。

セブン首投げからネッククラッチ、ロープ際でサミング(左写真)。レフェリーがブレーク。平野腕を取る、今度はセブンが高速エスケープ。平野片足タックルからトーホールド、セブンロープ。平野「レフェリーのブレークが聞こえない」と離さない。平野足にボディプレスからレッグロック、セブンは平野のヒゲをつかんでブレーク。平野「髪の毛が反則なのにヒゲはOKなのかよ!」と抗議。レフェリーのパンチョ軽部(だっけか?)「今日だけOK!」と苦しい言い訳。これには助かったセブンもツッコミ。5分経過。

セブンコーナーに詰めてチョップ連打、対角線コーナーに振る、平野切り返す、セブンはコーナーに飛び乗って反転クロスボディ(右写真)、ありゃもうこの技が出ちゃったよ?しかもカウントは1。セブンはロープに振ってフライングクロスアタックからフライングソーセージ、カウント2。

平野立ち上がるとモンゴリアンチョップ2連発(左写真)からカバー、カウント2。

ロープに振ってエルボー、「もう一発!」でロープに振って今度はサイドバスター(右写真)、カウント2。

平野コーナーに振って串刺しラリアット、セブンかわすとスクールボーイ(左写真)、カウント3。

セブン(6分44秒 スクールボーイ)平野

「師弟対決」という前振りの割には徹頭徹尾「ゆるい」試合だった。

ここで休憩。休憩中にはシンと松野のサイン会。ビデオが2本500円という超廉価で販売。さらに宇和野、倉垣、米山らが「福島大会記念福袋」を客席を回って売りまくる。



その2へ。