DDT NON-FIX "9.26"



約3ヶ月ぶりのATOM大会。会場に着くとオープニングビデオが終わったところのよう。満員には程遠い入り。入り口には大家が松葉杖を着いて試合を見てる。ららぽーと最終戦で痛めたらしい。リング上には三和兄弟(右写真)。亮「ハウス(入り)が少ない!でもやっぱり、渋谷は俺の街って感じだね。田舎はやだ。じゃチャンピオンを呼んでみようか。」高木のテーマ。まばらに手拍子。

高木リングに(左写真)。「こんなブタ箱みたいなとこには戻ってきたくなかったんだけどな。俺がなんで三和と組んだか理由を知りたいか?DDTはつまんねーんだよ!面白くねーんだよ!いくらららぽーとで若手ががんばったと言ってもその間がダメなんだよ。MIKAMI、佐々木、鳥羽、GENTARO、俺に言わせりゃあいつら全員青臭い!だからな、今までゴチャゴチャしてたのを全部俺がクリアにしたんじゃねーか!ベルト戻して、コミッショナーの冬木追放して、改めて俺がDDTのプロデューサーとしてもっともっと面白おかしくしてやるから!」

「プロデューサーに就任して、こないだのジオポリス、ちょっとなんだこりゃ?ってのがあんだよ。ちょっとこのビデオを見てくれ。」流れたのは前田・宇宙と橋本の和解シーン。「仲いいのか悪いのかどっちなんだ!」この「正論」には観客からも拍手。「正論を吐くヒール」なのか?「もうひとつ。」次に流れたのは蛇界の分裂。「こいつらも仲良かったんじゃねーのか?この2つは俺の頭でもわからねえ。こんな仲いいのか悪いのかわからねえチームはいらないんだ!だからよ、こいつらを今日6人タッグでやらせる。どういう意味かはお前らが考えろ。」

「俺にはただ一人こいつはモノになる、という男がいる。そいつは素質凄いもんを持ってる。」HERO!のテーマが流れHERO!がリングに(左写真)。「お前は凄い素質を持ってる。俺がプロデュースすれば、PRIDEにも、新日本にも・・・・行かせねーけどな。だけどこいつはDDTをしょって立つ存在になるような素晴らしい逸材だ。俺がプッシュしてやる。だけどな、マスクマンじゃよくねーんだよ。だからお前は素顔になれ。マスクマンがトップの団体なんかねーだろ?」いや、みちのくとか、大阪とか、メキシコの団体とか・・・・・

HERO!「これは私の顔だ、あなたの要求は飲めない!」
高木「てめーみたいな商品化もされてないキャラクタのマスクマンなんてやめちまえ!お前を俺がプロデュースしてトップにしてやるよ。」
HERO!「これは私の顔だ。子供の夢を壊すことを言うな!」
高木「だいたい子供の夢を壊すなって言うけどタッグタイトル取れなかったじゃねえか。まあ組んでる相手が悪いよな。あいつももともとヒーローのコスチュームでやってたけど、あんなのと組んでも未来がねーぞ。じゃあな素顔になる件はちょっと置いといて、お前は今日俺とタッグで、お前が取りたくてしょうがないタッグタイトルに挑戦だ。今日のメイン、俺とお前が組んでSuicide Boyzのタイトルに挑戦だ!」
HERO!「よしわかった!」
高木「わかったら俺の曲をかけろ!ミュージック、スタート!」


第1試合 佐々木貴 vs 諸橋晴也

諸橋エルボーで先制、佐々木がチョップで返してチョップ合戦に(左写真)。佐々木ミドルキック3連発。

佐々木ソバット、諸橋かわしてチョップ(右写真)。佐々木フロントキックからドロップキック。

佐々木延髄蹴り、コーナーに詰めて逆水平、対角線コーナーに振っての逆水平を3発(左写真)。佐々木首投げからサッカーボールキック。

諸橋立ち上がってエルボー(右写真)、佐々木もう一回首投げからサッカーボールキック。諸橋また立ち上がってエルボー。諸橋エルボー連打で佐々木を倒す、ロープに飛んでショルダーブロック、ストンピング連打。諸橋首投げからサミング、ヒゲをつかんで引き上げる。これは痛そう。

諸橋コーナーに振って串刺しエルボー、佐々木は2発目にカウンターのゼロ戦キック、逆に串刺しエルボー、コーナーに逆さ吊りにしてスライディングキック(左写真)。そしてストンピング。佐々木ボディスラム2発、諸橋立ち上がる。

佐々木ブレーンバスター、諸橋着地してバックを取る、佐々木切り返す、諸橋ブレークしてロープに飛ぶ、佐々木カウンターのキックからバキューン!キック。ボディスラムからコーナーに上る、諸橋起き上がって追う、佐々木落とす。諸橋もう一度上がる、佐々木落とす。三度目ついに諸橋は雪崩式ブレーンバスターで佐々木を投げる(右写真)、カウント2。

諸橋オクラホマスタンピード狙う、佐々木着地してリバース雲龍に、諸橋コーナーに突き飛ばして戻ってきたところを担ぎ上げるとオクラホマスタンピード(左写真)、カウント2。5分経過。

諸橋バックドロップ、カウント2。コーナーに振って串刺しエルボー、2発目佐々木はカウンターのキックで返しスイングDDT(右写真)。

佐々木ドロップキック、コーナーに振ってゼロ戦キックからジャンピングボム(左写真)、カウント2。

佐々木ラリアット、諸橋かわしてフルネルソンバスター(右写真)、カウント2。

諸橋ラリアット、アングルスラム(左写真)、カウント2。

諸橋ラリアット、佐々木ブロックして張り手。佐々木ロープに飛んでラリアット(右写真)。ロープに飛んでもう一発ラリアット、カバー、カウント3。

佐々木(7分52秒 片エビ固め)諸橋



控室映像。坂井がスクワット中。太が近寄る。「太さん、ジオポリスで大刀光と宇宙を倒したボクがなんで第2試合なんですか?」
「試合のことはボクに言われてもねえ・・・」
坂井「何言ってんですか太さん、2人でDDTのニュージェネレーションを作ろうって誓い合った仲じゃないですか!どこまでも付いて行きますよ!」
「そこまで言われるとねえ・・・じゃあ、坂井にはとっておきの相手を用意しよう!」
張り切る坂井。が、坂井に続いて登場したのは「昭和」子だった。

第2試合 坂井良宏 vs 「昭和」子

ロックアップ、「昭和」子ヘッドロックからフライングメイヤー、坂井ヘッドシザーズで返す、ブレーク。再度ロックアップ、腕の取り合い。坂井は足をすくって倒すとキック、トーホールドからレッグロックに(右写真)。「昭和」子十字に切り返す、坂井ブロック、「昭和」子をひっくり返して両足固める。リリースしてヘッドロックからフロントネックロック、「昭和」子ハンマーロックに切り返す。「昭和」子ネックロックに、坂井切り返す。
坂井首投げからスリーパー(左写真)、「昭和」子切り返す、両者立ち上がる、坂井ヘッドロックからフライングメイヤー、グラウンドヘッドロックに。両者立ち上がる、「昭和」子エルボーでブレークしてロープに振る、ロープワークから坂井ショルダーブロック。

坂井ロープに飛ぶ、「昭和」子すくい投げ(右写真)。「昭和」子コーナーに振って串刺しエルボー。

「昭和」子キック打ち込んで対角線コーナーに振る、坂井切り返して串刺しエルボー、「昭和」子かわしてスクールボーイ(左写真)、カウント2。ラ・マヒストラル、これも2。

「昭和」子コーナーに上ってダイビングボディアタック、カウント2。坂井立ち上がるとパンチ連打からローデスエルボー、「昭和」子ブロックして(右写真)急所攻撃、回転エビ固め、坂井の足がロープにかかる。

「昭和」子コーナーに上ってミサイルキック、カウント2。「昭和」子エルボー4連打、ロープに飛ぶ、坂井カウンターのドロップキック(左写真)。ボディスラムからカバー、カウント2。5分経過。

坂井ブレーンバスター(右写真)、カウント2。

坂井コーナーに上ってダイビングニードロップ(左写真)、「昭和」子かわしてコーナーに上るとハリケーン・ラナ。「昭和」子ロープに飛ぶ、坂井カウンターのドロップキック。

坂井バックドロップから逆片エビ固め(右写真)、「昭和」子ギブアップ。

坂井(6分36秒 逆片エビ固め)「昭和」子

坂井マイク「太さん、とっておきの相手用意してくれるって聞いたんですけど。これじゃ納得行きません!」
太がリングに上がり「どういうこと?「昭和」子、おいしいじゃん。ボクがやりたかったくらいだよ。いちいち文句言わないの!この非公認レスラー!」坂井殴りかかる、太は地獄突きで倒すとコロニー落とし、悠然と引き揚げる。坂井は無言で引き揚げる。



藤沢、松葉杖を突いて登場(左写真)。佐々木健介の足負傷が伝染したか?

第3試合 GENTARO vs 藤沢一生


しかしGENTAROが入場すると藤沢はその松葉杖でGENTAROを襲う(右写真)。さらに松葉杖でチョーク攻撃。松葉杖持ったままコーナーにGENTAROを追い込んで逆水平、ストンピング。GENTAROを場外に蹴り出す。

藤沢は場外でGENTAROにチョップ(左写真)、鉄柱攻撃。GENTAROリングに戻る。

藤沢ストンピング、逆水平、コーナーに振ってフェースクラッシャーからストラングルホールド(右写真)、GENTAROロープ。

藤沢ロープに振ってパワースラム、アルゼンチンバックブリーカーに(左写真)。GENTAROは頭にパンチを入れて脱出。

藤沢マッケンロー、GENTAROかわして顔面にドロップキック(右写真)、コーナーに上って「LOVE&PEACE!」ミサイルキック。GENTAROディスカスパンチ、カウント2。

GENTAROチョップ、コーナーに振る、藤沢切り返す、GENTAROさらに切り返してネックブリーカードロップ。足を取るとシャープシューターに(左写真)。藤沢はグレースを引き寄せたり突き放したり。GENTAROが気にしてリリースする。GENTAROコーナーに藤沢を振って突進、藤沢はグレースを盾にする。

藤沢ラリアット(右写真)、ノーザンライトボム。

クリップラー・クロスフェースに捕らえる(左写真)、GENTAROタップするがグレースは見ていない。藤沢ロープに振る、GENTARO切り返してノーザンライトスープレックス。5分経過。

GENTAROスウィート・チン・ミュージック、藤沢キャッチ(右写真)。ラリアットかわしてGENTAROスウィート・チン・ミュージック、エプロンに出る。スワンダイブプレスやるには藤沢との距離が近いが。しかしGENTAROはトップロープに飛び乗るとさらに高く飛び上がりセントーンアトミコ、カウント3。

GENTARO(5分24秒 片エビ固め)藤沢

フィニッシュきれいだったなあ。プレスと思って撮ろうとしなかったのは失敗。



その2