Jd' 11/4後楽園ホール大会



試合前、山本千歳の交通事故による負傷欠場と、それに伴う格闘美トーナメント準決勝の東城えみ不戦勝がリングアナから発表。会場の反応薄い。


第1試合 アストレスポイントマッチ
賀川照子&石川美津穂 vs 古田圭子&柏田千秋

古田・柏田組と試合前の握手をしようとする賀川をコーナーに引き戻す石川(右写真)。賀川「なんでー?ごあいさつ・・・・」と不服そうだが一応従う。

先発は賀川と古田。ロックアップから賀川フルネルソン(左写真)、古田切り返す。古田ヘッドロックに取って、反動を付けての首投げ。ドロップキックに行くが賀川スカす。賀川ストンピング、ロープに振る、柏田がエプロンから古田をキャッチしてセーヴ。賀川が「もー、やだー」と騒いでると古田ドロップキック。柏田入って古田を持ち上げ、合体ドロップキック。

古田「飛んでけー!」とコーナーに振る、賀川切り返し、自分も突進、トップロープに飛び乗っての串刺しドロップキック。石川も入って踏みつけ、2人でポーズ(右写真)。賀川ロープに振る、古田切り返してエビ固め、ロープに飛んでクロスボディ、柏田にタッチ。

賀川バック取ってエビ固め(形はバックドロップホールド風)、カウント2。賀川ロープに振る、柏田切り返してアトミックドロップ(左写真)。柏田ファイアマンキャリー、賀川着地してドロップキック、ロープに飛んでエルボー。柏田押し倒し、ロープに飛んでビッグブーツ連発、カウント2。

賀川ロープワークからコーナーに上ってミサイルキック、柏田カウント2で返す。香川これがよっぽど不満だったのか絶叫しながら柏田にパンチ連打、そして石川にタッチ。石川ドロップキック3連発(右写真)、カウント2。5分経過。

柏田足取ってジャイアントスイング(左写真)、カウント2。古田にタッチ。古田ダイビングプレス、カウント2。古田再度コーナーに上がる、賀川がエプロンから捕まえる、石川立ち上がって首投げでコーナートップから投げ落とす。石川フェースクラッシャーからカバー、カウント2。

石川パンチ、古田かわして首固め、カウント2。柏田入ってまた合体ドロップキック、石川スカして逆にドロップキック。賀川も入って柏田にドロップキック。石川と香川は古田と柏田の同士討ち狙う、しかし2人はうまくかわして古田が石川にコブラツイスト、柏田は賀川をエアプレンスピン(右写真)。

柏田は賀川をリリースして今度は石川にカナディアンバックブリーカー(左写真)、締め上げて落とす。賀川がドロップキック打つが石川に誤爆。

このチャンスに古田は再度コブラツイスト(右写真)、石川ギブアップ。

古田(8分8秒 コブラツイスト)石川

7人の審査員によるポイントは柏田に圧倒的に票が集まり柏田が1ポイントGET。


第2試合 格闘美トーナメント準決勝
大森彩乃 vs 桜花由美

桜花握手すると見せかけて払い腰、エルボードロップに行くがこれは大森かわす。大森ロープに飛んでクロスボディ、桜花かわす。桜花ドロップキック6連発(左写真)、カバー、カウント2。

大森腕取ってコーナー上ろうとするが桜花が抵抗。大森2度目でコーナー上ってホイップ(右写真)。大森ロープに飛んでキチンシンク。

大森首投げからリバースデスロック、さらに鎌固めに移行(左写真)。リリースして弓矢固め、桜花つぶしてカバー、カウント2。

大森キック、首投げからスリーパーホールド(右写真)、カバー、カウント2。大森エルボードロップ、桜花かわす。桜花逆にエルボードロップ、計6発、カバー、カウントは2。

桜花コーナーに上る、柏田を破ったダイビングプレス、しかし大森はかわし、バックを取るとバックドロップホールド風エビ固め、カウント3。

大森(4分33秒 エビ固め)桜花
※大森決勝進出。

第3試合の前に不戦勝の東城がリングに上がりあいさつ。


第3試合 武藤裕代 vs 乱丸

乱丸右手で握手しようとする、武藤まだ右手は痛むのか拒否、左手で握手。乱丸ローキック、ロープに飛ぶ、武藤キャッチしてボディスラム。乱丸立ち上がるとフェイント入れてキック、ヘッドバット、自分の方が痛い。武藤ヘッドバット。武藤首投げ、ボディスラムから逆片エビ固め(右写真)、乱丸ロープ。武藤カナディアンバックブリーカー、前に落としてカバー、カウント1。武藤バックドロップ、カウント2。

武藤乱丸をコーナーに振る、乱丸コーナーに飛び乗ってニールキック(左写真)。乱丸ロープに振る、武藤切り返してアトミックドロップ。武藤ストンピング、もう一発アトミックドロップ、カウント2。逆エビ固め、乱丸ロープ。5分経過。

武藤カナディアンバックブリーカーの体勢に担ぎ上げ(右写真)、コーナーに引っかけると腰の辺りに逆水平チョップ。乱丸落下。乱丸起き上がるとローキック、ミドルキック。武藤キャッチ、乱丸それを利用して延髄蹴り打つが武藤かわして背中にエルボードロップ。

エルボー打ち合いから乱丸ハイキック、ニールキック2発、カウント2。乱丸コーナーに上る、武藤起き上がって雪崩式ブレーンバスター(左写真)、カウント2。武藤カナディアンバックブリーカー、乱丸着地。武藤ロープに振ってケサ斬りチョップ、乱丸かわして延髄蹴り、カウント2。

ロープワーク、武藤キャッチしてスパインボム、カウント2。ロープに振ってラリアット、乱丸かわしてクロスアームスープレックス(右写真)、カウント2。

乱丸ハイキック乱打、武藤腕でブロック、乱丸ロープに飛んでソバット、顔面にヒット(左写真)、エビ固め、カウント3。

乱丸(9分32秒 エビ固め)武藤

セコンドに付いていた坂井がマイク。「アタシたちさあ、タッグチャンピオンとしてふさわしい状況じゃないから返上しようと思うんだけど。」
武藤「自分の気持ちとしては嫌です。今は欠場明けなんでふがいない試合しかできませんけど、きっとチャンピオンにふさわしい試合ができますから。」

そこになぜかKAZUKIのテーマ。さらになぜかタッグチャンピオンのベルトを2本肩に掛けてKAZUKI入場。「盗んだんじゃないよ。返上って声が聞こえたから持ってきてあげたんだ。」しかし結局武藤は返上勧告には応じず、KAZUKI&誰かvs乱丸&誰かで挑戦者決定戦を行い、勝者が坂井&武藤組に挑戦することになったらしい。


第4試合 亜利弥'負けたら即Jd'追放&阿部幸江負けたら即正規軍復帰スペシャル・LSD2001
阿部幸江 vs 亜利弥'

33分21秒の制限時間内にフォール・ギブアップを多く取った方が勝ちというこのルール、まず先制したのは亜利弥'、しかしすぐに阿部が反撃(左写真)。阿部早くも健康棒攻撃。ロープに振って腹部に健康棒一発。カバーに入るがトミー蘭は認めない。阿部は亜利弥'を場外に出しエプロンからヒップドロップ。亜利弥'も場外ドロップキックで反撃。

そのまま客席で乱闘を繰り広げる2人。客席に投げ込んではイス攻撃。業を煮やしたトミー蘭が場外カウント開始。阿部は亜利弥'を客席に投げ込んでゆっくりとリングに戻る(右写真)。5分経過。

阿部スノコ攻撃から逆片エビ(左写真)、体勢崩れる。阿部両足レッグロックに。キャメルクラッチに移行。リリースしてストンピング。亜利弥'スクールボーイで転がし足にキック連打。逆エビに行くが阿部ブロック、亜利弥'強引に押え込む、カウント2。阿部立ち上がってフェースクラッシャー。

阿部ロープに振る、亜利弥'切り返す、阿部トップロープつかんでコルバタ。亜利弥'場外転落。すぐに阿部がトペ(右写真)。

阿部リング内に戻すとミサイルキック(左写真)。阿部ジャーマン、亜利弥'すぐに立つ。阿部もう一発ジャーマン、カウント2。

阿部ボディスラムからコーナーに上るとスノコを持って旋回式プレス(右写真)、カバーはトミー蘭認めず。阿部ロープに振る、亜利弥'切り返す、阿部反転クロスボディ、亜利弥'かわす。

亜利弥'ロープに飛んでの顔面キック4連発、ロープに振る、阿部切り返してフライングエルボー(左写真)、エビに固めて3カウント。

阿部(10分35秒 エビ固め)亜利弥'
※阿部が1−0。

阿部エルボー連打、カウント2。ブレーンバスター、亜利弥'ブロックしてネックブリーカードロップに。亜利弥'ノーザン狙う、阿部ブロック。亜利弥'もう一発ネックブリーカードロップ。阿部目突きからコルバタ(右写真)、カウント2。コーナーに上ってアストロシザーズ、亜利弥'かわして丸め込む、カウント3。

亜利弥'(12分20秒 エビ固め)阿部
※1−1に。

阿部ドロップキック連打、亜利弥'は阿部を場外に落としてコーナーからプランチャ。亜利弥'場外で足を固めている様子(見えず)15分経過。

亜利弥'は阿部をリングに戻し、ロープに振る、阿部ジャンプしてヒップドロップ、ロープに飛んでもう1発(左写真)、カウント2。

阿部首投げからフェースロック(左写真)、亜利弥'外して上になる。阿部下からボディシザーズ。亜利弥'立ち上がり、阿部を起こしてDDT。

亜利弥'ノーザン狙う、阿部ブロック。亜利弥'ヒザ蹴り入れてノーザン、そのまま首を支点に起き上がって(右写真)もう一発ノーザン、カウント2。

亜利弥'は阿部をコーナートップに上げて雪崩式のノーザンライトスープレックス?(左写真)、カウント2。亜利弥'再度コーナーに上がってダイブ、阿部下からドロップキックで迎撃。

エルボーの打ち合い、亜利弥'スピンキック、後頭部にヒット(右写真)、亜利弥'だるま式ジャーマン、カウント3。

亜利弥'(19分55秒 だるま式ジャーマン)阿部

※亜利弥'が2−1でリード。

20分が経過。亜利弥'コーナーに振る、阿部コーナーに飛び乗る、突っ込んでくる亜利弥'にコルバタ。阿部そこから4連続でラ・マヒストラル(左写真)、しかしカウント3は奪えず。

阿部コーナーに上ってミサイルキック(右写真)、再度上がってアストロシザーズ、カウントは惜しくも2。

阿部コーナーに上がる、亜利弥'追う。コーナー上でエルボーの打ち合い、両者ともリング内に転落。亜利弥'エルボー、カウント2。亜利弥'コーナーに。阿部下からエルボー、雪崩式フランケンシュタイナー(左写真)、カウント3。

阿部(23分50秒 エビ固め)亜利弥'
※阿部2−2に追いつく。

残り時間10分足らず。阿部エルボー、カウント2。コーナーに上ってアストロシザーズ(右写真)、カウント3!

阿部(24分50秒 エビ固め)亜利弥'
※阿部3−2でリード。

さっきまで返せた技が入ってしまうということはスタミナ切れたか?>亜利弥'

阿部エルボー(左写真)、亜利弥'もエルボーで返す。両者ダウン状態。両者同時に立ち上がり、エルボー相打ち、両者ダウン、阿部が上になってカバー、カウント1で亜利弥'返す。

阿部ラ・マヒストラル、亜利弥'2で返す。阿部亜利弥'を場外に出す。南側階段席を上って行く2人(右写真)。時間稼ぎに出たか?客席でキャメルクラッチ、スノコ攻撃。トミー場外カウント。戻ってくる亜利弥'。阿部も後を追う。カウント12で両者リング復帰。

残り5分。阿部セコンドから受け取ったチェーンを拳に巻きつけてパンチ連打(左写真)。

阿部ダブルアームスープレックス(右写真)、カウント2。

エルボー打ち合い、亜利弥'スピンキック、カウント2。阿部目突き、ロープに振る、亜利弥'切り返して腕を固めると夜叉スープレックス(左写真)、カウント3。

亜利弥'(29分25秒 夜叉スープレックス)阿部
※3−3に。

亜利弥'ドロップキック、スライディングキックで阿部を場外に落としてトペ。残り時間3分。エルボー打ち合い(右写真)、亜利弥'カバー、カウント2。亜利弥'エビ固め、阿部の足がロープに。亜利弥'スピンキック、阿部かわしてエビ固め、カウント2。コーナーに振る、亜利弥'キック。亜利弥'投げっ放しジャーマン。残り時間1分。

阿部ジャーマン、カウント2。もう一発ジャーマン、足固めてジャガー式バックドロップホールド狙う、亜利弥'エビ固めに丸め込む、カウント2。亜利弥'ロープに飛んでスピンキック。残り10秒。もう一発(左写真)。残り5秒。3発目打ってカバー、カウント3。ほぼ同時にタイムアップ。

亜利弥'(33分21秒 片エビ固め)
※亜利弥'が4−3で勝利。

阿部マイクを取ると第一声は「亜利弥'、おかえり。」

卯木がリングに。嬉しそうに「みなさん、6ヶ月ぶりに、阿部幸江、正規軍復帰です!」

しかし坂井、武藤らからは「いらない!」の声。阿部「あのさー、みんなもう気づいてると思うけどー、アタシ2月のLSDでファングに負けても引退しなかったんだよね。アタシは嘘つきだから。アタシは有言不実行。坂井、乱丸、武藤!お前らだっていらないだろ!」卯木「約束守れよお前!」阿部「アタシは正規軍には戻りませーん。」亜利弥'「代表、今日の阿部ちゃん、輝いてませんでしたか?阿部ちゃんは悪いことしてる時の方が輝いてます。代表、お願いですから阿部ちゃんをスーパーテラーズにいさせてあげてください。」阿部「お前に言われる筋合いはねーよ!・・・・・でも、亜利弥'、ありとう。」亜利弥'とトミー、リング上で「さぶ。」阿部ちゃん、反応が薄いのが気に入らないのかもう一回大きな声で「亜利弥'、ありやとー!」ファングらが控室に強制連行する。 阿部ちゃんジタバタしながら消えて行く。最高。

ここで休憩。リングアナ「10分休憩して8時18分より再開します!」そういう明言も珍しいなあ(実際18分に再開)。



その2