ID4自主興行第2弾「坂井澄江の里帰り」
4/1 四日市オーストラリア記念館



開始時間を3時から、と勘違いしていて、会場のオーストラリア記念館(右写真)に着いたらもう第2試合の終盤だった。地元の坂井澄江が乱丸と熱闘、ということで会場は大盛り上がり。試合は坂井が14分6秒、雪崩式フランケンで乱丸をピン。しかし乱丸もよかった。


第3試合 ザ・ブラディー vs 月丸

両者ロックアップ、ブレーク。再度ロックアップ、押し合う。しかしまたブレーク。月丸がブラディーをロープの反動で飛ばそうとするがブラディー飛ばず。逆に月丸をロープの反動で飛ばす。ブラディーキック入れてロープに振る、月丸クロスボディ、ブラディーかわす。ブラディーセントーン、月丸かわす。月丸はブラディーの顔面にドロップキック。ロープに振ってさらにドロップキック連打。ボディスラムからカバー、ノーカウント。ブラディーキック、月丸エルボー、ブラディーもエルボーで返す。打ち合いはブラディーの勝ち。ブラディーは月丸をコーナーに詰めてマスクに手を掛ける。ブラディー月丸にダブルニードロップ連発(左写真)。そう言えば月丸はいつの間にか縦ロールじゃなくなってるなあ。

ブラディー足取って逆片エビからレッグロック。ロープに手を伸ばすとその両手も固める。ブラディーキャメルクラッチに移行してまたマスクをはがそうとする。ブラディーは月丸を立たせてコーナーに振る、月丸待ち構えてカカト落とし、コーナーに上ってミサイルキック(右写真)、月丸カバー、ブラディーはかみついてブレーク。ブラディー腕をひねり上げてアームストレッチに。5分経過。

ブラディー指にかみついて十字に、月丸ロープ。ブラディーロープに振る、月丸切り返す、ブラディーセカンドロープに飛び乗ってトペ・レベルサ、カウント2。ロープワークからブラディーは後方回転エビ固め、カウント2。コーナーに振る、月丸回転エビ固め、ブラディージャックナイフに切り返す、カウント2。月丸組み付くとスープレックスで投げる、蹴りを連打、ボディスラムからカバー、カウント1。バックドロップ、これはカウント2。月丸ロープに振る、ブラディー大車輪ボディアタック。ブラディーツームストーンドライバー(左写真)からコーナーに上ってダイビングセントーン、カウント2。

ロープワークから月丸ブラディーを捕らえてエクスプロイダー、もう一発スープレックスで投げてカウント2。コーナーに上げて雪崩式のスープレックス(右写真。オリジナル?)で投げる、カウント2。

月丸ロープに飛ぶ、ブラディーバック取るとジャーマン3連発、カウント2。ブラディーフルネルソン、月丸ブレークするがパンチに行ったところをブラディーまたフルネルソンに捕らえドラゴンスープレックス(左写真)、カウント3。

ブラディー(9分54秒 ドラゴンスープレックス)月丸


第4試合 藪下めぐみ vs 黒姫

黒姫コーナーに振って突進、藪下かわす。黒姫ロープに振る、藪下切り返してホイップ、カバーはカウント1。手四つ、藪下足を踏んで二丁投げから十字、黒姫ロープ。バック取る、黒姫切り返してジャーマン(右写真)、カウント1。黒姫すぐにネックロックに。藪下上になって首を抜く、パンチ打ってアキレス腱固めからヒザ十字固め、黒姫ロープ。

黒姫は藪下を場外に誘い出し客席に投げ込む。さらに北側にあった小さなステージに連れて行き(左写真)、そこでDDT2発。反対側の客席に投げ込んでリングに戻る。藪下も戻る。

藪下ドロップキック、黒姫足取ってヒザ十字に(右写真)。藪下ロープ。黒姫ボディスラムからカバー、カウント2。黒姫ロープに振る、藪下切り返す、藪下パンチ、黒姫かわしてコーナーに振る、藪下コーナーに飛び乗る、黒姫それを捕まえて雪崩式DDT、カウントは2。5分経過。

藪下ワキ固め、黒姫ロープ。藪下再度ワキ固め、黒姫ブロック。藪下エプロンに出て、トップロープ越しの回転エビ固めから十字に。するとKAZUKIらが入ってカット(左写真)。どうしてもこのレベルから脱却できないなあ。

藪下コーナーに振る、黒姫コーナーに飛び乗るが藪下はドロップキックで場外に突き落とす。すかさずスワンダイブ式プランチャ(右写真)。リングに戻すとスワンダイブ式トペコン、カウント2。藪下バックドロップの体勢、黒姫ブロックして水面蹴り。

黒姫足を払って裏4の字に(左写真)。藪下ロープ。黒姫は藪下の足に回転ギロチンドロップ、そしてまた裏4の字。藪下ロープ。足にキック、パイルドライバー打ってコーナーに上り回転カカト落とし、カウント2。パワーボム、藪下は下から十字に。黒姫ロープ。藪下ワキ固め、黒姫ブロック。藪下キック入れてバックドロップホールド、カウント2。黒姫バックブロー、藪下かわしてエルボーからカバー、カウント2。10分経過。

黒姫バックブロー、今度は藪下の顔面に命中。黒姫藪下を肩車に取る、藪下その体勢から十字に(右写真)。最終的にはグラウンドに持っていって黒姫ギブアップ。

藪下(10分40秒 腕ひしぎ十字固め)黒姫

試合後、黒姫と藪下が握手。これは何を意味する?


第5試合 ファング鈴木 vs 矢樹広弓

今日初公開(?)の「鯉のぼり」。

矢樹はいつものように低く低く入っていく。

しかしファングはこれに付き合わない(左写真)。ファング「それじゃ前に進まないんだよ。」ということで手四つに。

矢樹力比べにも圧倒されることなく、スキを突いてファングの足を踏む。ファングの両手をマットに着け、ジャンプして踏みつけようとする(右写真)が、ファングはよける。ファング地獄突き。ファングロープに振ってパンチ、矢樹かわしてホイップ。ファング矢樹の胸にチョップ。髪つかんでホイップ、コーナーで踏みつけ。髪引っ張ってロープで固定。ファングXファクターからブレーンクロー。ロープに振る、矢樹カサドーラ、カウント2。

矢樹Xファクターお返し、髪つかんでホイップからスリーパー、ファング下から髪引っ張りキック、矢樹吹っ飛ぶ。ファングエルボードロップ、カウント1で矢樹起き上がると十字に、ファングブロック。矢樹手にかみつく(左写真)、ブレーク。矢樹ロープに振る、ファング切り返してサイドバスター、カウント2。5分経過。

ファング上から押さえつける、矢樹は下からヘッドシザーズ。矢樹立ち上がるとコーナーに振る、ファング切り返して串刺しラリアット。ファングコーナーに振る、矢樹コーナーに飛び乗る、ファング下からつかまえると肩にかついでエアプレンスピン(右写真)からバックフリップ。「寝てろ!」と叫んでスチームローラー、カウント2。

ファングボディスラム、矢樹エビ固めに丸め込む、カウント2。ファング起き上がるとラリアット、ロープに振る、矢樹回転十字固めからエビに、さらにヒザ十字固めに(左写真)。ファングロープエスケープの後もひざを押さえる。かなり効いたか?

矢樹コーナーに上ってミサイルキック(右写真)、対角線コーナーからダイビングボディプレス、ファングは足を出してブロック。ファング肩にかついでカミカゼ、コーナー使ってリバーススプラッシュ、カウント2。

ファングコーナーに上る、矢樹も上って雪崩式一本背負い(左写真)、ファングの重さのせいかきれいには回らず。矢樹カバー、カウント2。

矢樹十字に(右写真)、ファングロープ。矢樹ワキ固め、ファングブロックしてもう一方の腕でラリアット。ファングチョークスラム、矢樹飛びつき十字に切り返す、ファングすぐに上体を起こすと矢樹を持ち上げてマットに叩きつける。そしてもう一度チョークスラム、カウント2。

ファング矢樹にズン前、カウント2。ロープに振る、矢樹コルバタ、ファング場外転落。矢樹コーナーからプランチャ(左写真)。10分経過。

矢樹はファングをリングに戻すと自分はコーナーに上ってミサイルキック。走ってウラカン・ラナ、ファングはパワーボムに切り返す、カウント2。ファング矢樹を引き起こすとラリアット3連発(右写真)。ロープに飛んでもう一発、カウント2。

ファングバックドロップ狙う、矢樹はカサドーラに切り返そうとする、ファング力づくで持ち上げる、矢樹必死に抵抗。ロープに飛んでカサドーラ、ファングこれをまた力で投げようとするが矢樹投げさせない、矢樹首固め、回りきれず。ファングバックドロップ2連発(左写真)、カウント2。

ファング3発目狙う、矢樹再度カサドーラに行くと見せて首固め(右写真。いわゆるモンキーマジックホールド)、今度はきれいに決まって3カウント。

矢樹(13分2秒 首固め)ファング

矢樹握手を求める、ファングこれは拒否してリングを降りるとマイク。
「矢樹!アタシはアンタみたいなレスラーが・・・すごく好き!今日は負けましたけど、もっともっとチャンスがあれば、どこのリングでもいいんでやらせて下さい!」

うーん、挑発するのかと思ったら「すごく好き」とは。ファングさんのいい人ぶりが爆発?


第6試合 坂井澄江&ザ・ブラディー vs ドレイク森松&KAZUKI

今日はこの女性がリングアナ?誰でしょう?(第4試合では「20本1分勝負」と言ってしまいました)

森松&KAZUKI組が先制攻撃、坂井をダブルでロープに振るが坂井は2人まとめてブファドーラでなぎ倒す。坂井KAZUKIをロープに振ってヒップアタック。坂井コーナーに振る、KAZUKI切り返して串刺しニーアタック。森松入ってキック。KAZUKIがコーナーに詰めてシーソーホイップ、そこに森松がラリアットを浴びせるはずが森松は見事に空振り。こういうとこがねえ。しかしKAZUKIと森松はエルボードロップを坂井に連打。ダブルのバックドロップ狙う、坂井着地。振り返った2人にブラディーがミサイルキック(左写真)。

KAZUKIが坂井、森松がブラディーを捕らえて同士討ちさせようとするが坂井&ブラディーはうまくかわしてダブルの回転エビ、カウント2。坂井ロープに飛ぶ、KAZUKIショルダースルー。ロープに振ってもう一発。コーナーに振ってランニングネックブリーカードロップ。森松にタッチ。坂井逆さ押さえ込み、カウント1。坂井ロープに振る、森松切り返す。坂井その勢いを利してKAZUKIにエルボー、場外に落とす。ブラディーが森松も場外に落として坂井がコーナーからプランチャ(右写真)。

森松は坂井を客席に投げ込み、場外でバット攻撃(左写真)。坂井をリングに戻す。森松坂井を踏みつけ。立たせてヘッドロック、サミング。コーナーに振ってパンチ、坂井キャッチしてアームホイップ、ブラディーにタッチ。森松すかさずラリアット。KAZUKIにタッチ。5分経過。

KAZUKIロープに振ってランニングネックブリーカードロップ(右写真)2発。KAZUKI肩にかついでブラディーをトップロープにぶつける。次は森松のヒザに落とす。ブラディーの髪つかんでキャメルクラッチに。リリースしてロープで顔面こする。KAZUKIバケツ攻撃。ブラディーバケツを弾き飛ばすとヘッドバット、張り手。KAZUKIも張り手で返す。ブラディーは坂井にタッチ。KAZUKIも森松にタッチ。

両者ロックアップ、森松ロープに詰めると足をすくって倒し、ストンピング入れて4の字に(左写真)。しかしブラディーがコーナーから森松目掛けてダイビングプレス。セコンドに付いていた藪下もコーナーからダイビングプレス。これもどうかな。ブラディーロープに振る、森松切り返してパンチ、ブラディーブロックしてヒザにキック、ロープに飛んで大車輪ボディアタック。コーナーに振る、森松切り返してラリアット2発、カウント2。森松トラップバスター、カウント2。10分経過。

ブラディーカサドーラ、カウント1。首固め、これも1で返す。ブラディーロープに飛んでトペ・レベルサ、これはカウント2。坂井コーナーからミサイルキック、カウント2。立川先生スープレックス狙うが森松ブロック、坂井ロープに飛んでクロスボディ、森松キャッチしてフォールアウェイスラム、森松バック取ってババ・ボム、カウント2。森松ギロチン、坂井かわす。森松捕まえてもう一度ババ・ボム、坂井体をひねってつぶす。坂井ロープに飛ぶ、森松トラップバスター、坂井エビに切り返す。森松ラリアット、坂井かわすがKAZUKIがエプロンから捕まえる。そこに森松がラリアット連発(右写真)、カウント2。KAZUKIにタッチ。

KAZUKIキャプチュード、ロープに飛んでニーアタック、カウント2。コーナーに上って延髄ニー、坂井かわしてジャーマン。森松入ってラリアット、ブラディーがドロップキック。ダブルブレーンバスター狙うがKAZUKIブロック、森松が2人にラリアット。KAZUKIリバーススープレックス、ブラディーがカット。KAZUKIコーナーに上る、森松が抱えた坂井にダイビングニードロップ(左写真)、カバーはブラディーがカット。15分経過。

KAZUKIがコーナーに上る。ブラディーがバケツで殴る。森松を寝せてその上に坂井がKAZUKIをファンタスティックフリップの要領で投げつける(右写真)。ブラディーがKAZUKIにセントーン、カバーは森松がカット。坂井がブラディーに正式タッチ、自分は森松を押さえる。

ブラディーフルネルソン、KAZUKIブレーク、ブラディーはクロスアームスープレックスに、カウント2。KAZUKIをコーナーに上げて自分も上る、森松が背後からバット攻撃で落とす。KAZUKI延髄ニー、カウント2。KAZUKI中途半端なタイガードライバー。危ないって。坂井がカット。KAZUKIブラディーをコーナーに上げる。坂井が引きずり落とす、ブラディーのミサイルキックは坂井に誤爆。森松バット攻撃、これはKAZUKIに誤爆。ブラディードラゴン、森松カット。坂井が森松押さえる、ブラディーはブラディーEX(左写真)、KAZUKIギブアップ。

ブラディー(16分7秒 ブラディーEX)KAZUKI

ブラディー「KAZUKI、そんなバケツみたいなオモチャじゃなくて、ちゃんと凶器になるもん持ってこい!」

KAZUKI「これでもちゃんとヒールでやっていけるんだよ!」

ブラディーこれを無視して「今から売店行きまーす!来てくださーい!」で締める。



感想はこちらか、メールにて。

観戦記INDEXへ。