DDT NON-FIX 〜6.21〜



第1試合に予定されていたヴェルティゴ vs ベビー・リチャードは両選手とも飛行機トラブルのため来日中止に。

まず三和社長が一人でリングに。「私の社長就任一周年記念興行にようこそ。今日ここで重大発表をします。来週から『MIKAMIぃ〜』とか『三四郎ぉ〜』とか言ってるくだらないファンは1500円値上げしたいと思います。昨日有限会社ドラマチックドリームチームの緊急役員会で決定しました。で、そのお金で私とスーちゃんが海外視察に行く資金に。ハワイかなんかね。これで終わりです。音声さん、私の曲を。」しかしかかったのは「Fire」。

高木「Fire」ポーズもせずにいきなり三和社長にスタナー。マイクを突きつけ「値上げはしねえよな!」と社長を脅す(左写真)。社長「・・・・しません。」
さらにキックを入れて高木退場。


第1試合 菊蛇ワ光信 vs 藤沢一生

今日は菊蛇ワにも長州入ってるぞ。藤沢も長州だか健介だか入ってるからなんかややこしい。両者気合入れてロックアップ、ロープに詰めてブレーク。菊蛇ワボディスラムからストンピング。似てる似てる。再度ロックアップ、三度ロックアップ、藤沢腕をひねり上げる。藤沢もストンピング。菊蛇ワヘッドロック、藤沢ロープに振る、タックル合戦は藤沢の勝ち。ロープワークからすくい投げ、藤沢ロープに飛んでラリアットからサソリ固め(右写真)。菊蛇ワロープ。

菊蛇ワエプロンにエスケープ。藤沢は場外を回りこんで菊蛇ワの足にラリアット。このへんは健介殺法か。藤沢リングに戻ってストンピング、首投げから首4の字、菊蛇ワロープ。藤沢再度首投げからスリーパー、リリースするとモンゴリアンチョップ、「シュー」からのチョップ連打、そしてバッファロースリーパー(左写真)。このへん「研究熱心」なのは間違いない。菊蛇ワロープ。

藤沢チョップ、菊蛇ワもチョップで返す。チョップの打ち合いから菊蛇ワロープに飛んでラリアット(右写真)。場内思わず長州コール。

菊蛇ワすかさずサソリ固め、左手が上がる(左写真)。それはちょっと違うと思うぞ。藤沢ロープ。菊蛇ワ蹲踞の姿勢から相撲ラリアット。それは完全に違う人だと思うぞ。5分経過。

菊蛇ワバックハンドチョップ連打。ここからはフレアーか。いつものようにコーナーに上がり、いつものようにデッドリードライブで投げられる。藤沢コーナーに詰め寄るが菊蛇ワサミングであっさり逆転。菊蛇ワボディスラム、ロープに飛んでエルボードロップ。菊蛇ワコーナーに振る、藤沢スピアー、もう一発スピアー行ってからナガタロックII、菊蛇ワロープ。菊蛇ワパンチ、首投げからスリーパーホールド(右写真)、藤沢はエルボーでブレーク。

菊蛇ワロープに飛んでラリアット、藤沢耐える。両者ロープに飛んでラリアット打ち合い、藤沢が打ち勝つ。カバーはカウント2。藤沢ロープに振ってラリアット、菊蛇ワかわすと藤沢の腕を固めて足を掛けて前方に引き倒すスパイラル・ダウンワード(左写真)、これでカウント3。

菊蛇ワ(8分27秒 片エビ固め)藤沢

菊蛇ワ「長州語」で何かがなるが全然聞き取れない。どうやら「差し歯が取れた」と主張していたようだが。



蛇界らしくない、と言えばそうだがやっぱり菊蛇ワ(菊澤)はこっちの方が面白い。


第2試合 Ko-D無差別級選手権試合
エキサイティング吉田(王者)vs スーパー宇宙パワー(挑戦者)

試合前、NOSAWAに金を渡し「頼むぞ」と言う吉田。NOSAWA了承。今日「最大の屈辱」浴びせんの?それにしちゃあセコンドにスーザンがいないが。

両者ロックアップ、宇宙ヘッドロック、吉田ロープに振ろうとするが宇宙放さない。吉田ボディにパンチ入れてロープに振る、宇宙タックル。宇宙ロープに飛ぶ、吉田逆方向に振ってすくい投げに行こうとするが宇宙はその腕を固めてさらにフロントスリーパー(右写真)。宇宙ミドルキック、首投げからサッカーボールキック。足取ってスピニングレッグブリーカー2発からアキレス腱固め、空いた片腕で自分の頭を支えて昼寝スタイル。さらにヒールホールドに。吉田ロープ。

宇宙ヒザ蹴り、ブレーンバスターからクルックヘッドシザーズ(左写真)。リリースしてストンピング、サッカーボールキック。ロープに振ってエルボー、スリーパーに取る、吉田ロープ。宇宙サッカーボールキック、ストンピング。吉田急所ヘッドバット狙うが当たらず。宇宙ヒザ蹴りからヘッドロック、吉田バックドロップで投げてようやく反撃に。

吉田顔踏み、ヘッドバット、ネックブリーカードロップからギロチンドロップ、カウントは1。コーナーに詰めてヘッドバット、マスクに手を掛ける。すぐにやめてブルドッギングヘッドロックから逆片エビ固め(右写真)、宇宙ロープ。吉田足にストンピング。

吉田コーナーに詰めて踏みつけ。宇宙の動き止まる。吉田対角線コーナーに、宇宙切り返して串刺しラリアット(左写真)。2発目で吉田つんつん受身、宇宙はその途中でハイキック、吉田吹っ飛ぶ。

宇宙ロープに振ってラリアット、カウント2。もう一度ラリアット、吉田は宇宙の腕目掛けてカウンターのヘッドバット。さらに腕にヘッドバット連打。吉田パイルドライバー(右写真)、「机準備しとけ!」と三和社長に指示するとスクリュードライバー。宇宙ダウン、カウント9まで進む。

吉田は宇宙を机に引き上げてパイルドライバーに行こうとするが机壊れる。まあ、大の男2人が乗るもんじゃないもんなあ。吉田コーナーに上がってダイビングギロチン、カウント2。吉田スライディングキックで宇宙を場外に落とす。しかし場外では宇宙が優勢。客席内でツームストーンドライバー。リングに戻してアンクルホールド(左写真)。

そこにNOSAWAが入って宇宙にイス(右写真)。ゴング。

吉田(9分50秒 ノーコンテスト)宇宙

NOSAWA、吉田と握手、かと思いきみちのくドライバー。「吉田!7万じゃあ、3万も足りないよ。吉田!その王座に俺も挑戦させろよ。なぁ、木村さん」

宇宙マイク取る。NOSAW逃げる。「ナニ逃ゲテンダ。今オ前木村サン言ッタダロ。禁句ダヨ禁句。オ前挑戦シタイッテ?えき吉、オ前ハちゃんぴおんジャナイ。ダッテ弱イカラ。6.29じおぽりす、3Wayデヤロウ。えき吉ト俺2人ダケジャ差ガアリ過ギル。今日ハ弱イフリシテタダケダヨ。NOSAWAクン、楽シミに。練習シトケ。」

休憩明け、スーザンが車椅子に乗ってリングに(左写真)。「毎週のよういあのドンキー女が出てるけど、先週のATOMは最悪。あの女が4の字かけたせいで、足ケガさせられたわ。おかげで今日宇宙にやろうとしてたあんなことそんなこと、考えていたことすべてがパァになったわ。それもこれもすべてあのドンキー女のせいよ!全く賠償金でももらわないと!」

宮崎「♪ドン、ドン、ドンキー・・・」というニューテーマ(?)で入場。なんか胸が大きすぎないかい?(右写真

宮崎「ドンキー・ホーテのどこが悪い?アタシはねぇ、ドンキー・ホーテで買い物するような庶民だから、アンタの仮病に払う金なんかないのよ。」

スーザン「仮病・・・・?あんた、早く西川口のピンサロに帰りなさいよ!この、ヨゴレ!」

宮崎はビンタでスーザンを倒すとまた足4の字(右写真)。また三和社長の救出が遅れる。

宮崎、「アンタの胸もこうしてやる!」と言うと自らの巨乳を針でつついて破裂させる。風船?

一騎打ち、やるのか?ジオは無理か?


第3試合 高木三四郎&橋本友彦 vs ポイズン澤田JULIE&蛇影

金村、蛇界ダンス初挑戦(左写真)。

高木のFireが終わるのを待って乱闘でスタート。蛇影が橋本、ポイズンが高木を場外に出す。ポイズンが高木をリングに戻し、ロープに振ってラリアット、高木かわしてドロップキック(右写真)。

高木またスリッパ取り出す。ロープに振ってスリッパ一撃、さらにスリッパの上にボディスラム、スリッパの上にDDT(左写真)。蛇影が入る、高木スリッパの上にブレーンバスター、蛇影にも絶大なダメージを与えた様子。

高木両手にスリッパ持ってポイズンに迫る。ポイズン呪文。高木スリッパで自分の頭を叩く(右写真)。大阪名物ポコポコヘッド?さすが大阪人。ポイズンチョークスラム、カウント2。ポイズンスリッパ取り上げてコーナーに。ダイビングスリッパアタック、高木真スリッパ白刃取り。橋本を呼び込んでダブルのスリッパ。橋本担ぎ上げると回って肩車、跳ね腰、また高木にタッチ。

高木ストンピング、ポイズンの首をセカンドロープに固定してヒップドロップ、カウント2。ラリアット相打ち(左写真)。両者対角線上のコーナーに分かれてダッシュ、またラリアット相打ち。チョップ合戦、ダブルノックダウン。両軍タッチ。

橋本は蛇影を投げ飛ばすとかついで肩車から三所絞め(右写真)、ポイズンがカット。橋本コーナーに振る、蛇影セカンドコーナーに上ってキック、そのままコーナートップからニールキック。コーナーに詰めて踏みつけ、サッカーボールキック連打。ポイズンにタッチ。5分経過。

ポイズンは橋本をロープに振ってスリーパー(左写真)、橋本ロープ。ポイズン再度スリーパー、橋本絞められたまま高木とタッチ。蛇影が入ってダブルでロープに振る、ダブルのチョップかわし高木2人にラリアット、蛇界転生かわしてダブルのチョップ、今度はヒット。すかさず蛇イ〜ン。

蛇影は高木をコーナーに振って串刺しラリアット、ブロンコバスター(右写真)から股間を高木の顔面に押し付ける。裏スティンクフェースというか何と言うか・・・・。蛇影コーナーに振る、高木カウンターのスピアー、カウント2。橋本にタッチ。場外戦に。人が多くて全然見えない。

蛇ネ村が橋本をリングに戻すと爆YAMAスペシャル(左写真)。ポイズンがストンピング、ブレーンバスター、カウント2。

ポイズンは橋本をコーナーに上げて蛇界ノクラズム(右写真)、カウント2。ポイズン4の字、橋本ロープ。橋本は高木にタッチ、高木は三四郎ボトム。高木ロープに飛ぶ、ヘビダー場外から竹刀。ポイズンは回転エビ固め、カウント2。10分経過。

蛇影入って高木をコーナーに上げると雪崩式フランケン(左写真)、カウント2。

蛇影ムーンサルト、高木かわしてサンダーファイヤーパワーボム(右写真)、ポイズンカット。橋本がポイズンを場外に出す。

蛇ネ村がリングイン、高木は蛇影と蛇ネ村の2人の首を抱えて2人まとめてスタナー、蛇ネ村場外転落。高木は蛇影を肩車に取ると(左写真)ファイナルアンサー、カウント3。

高木(11分55秒 片エビ固め)蛇影

ポイズン「高木、今日はラッキーだったと思え!ジオポリスではこうはいかん!それで、お前のパートナーは誰だ?」
高木「そんなにXが知りたいか?いつもだったらここで俺のパートナーが助けに来るところだろうが、向こうもいろいろ忙しいようで、ビデオレターをもらってる。」

ビデオレター?しかも撮影はフィラデルフィア?

その通り、6.29の「X」は大日本プロレスの葛西純(右写真)。こりゃ面白い。


第4試合 Ko-Dタッグ選手権試合
NOSAWA&佐々木貴(王者組)vs MIKAMI&タノムサク鳥羽(挑戦者組)

王者組が鳥羽を場外に落とし、MIKAMIにはベルト攻撃で先制。顔の両側からのドロップキック、コンチェアートばりの両側からのベルト攻撃(左写真)と一方的に攻める。NOSAWAがMIKAMIにトラースキック、ダブルのクローズライン、ダブルのフェースバスター、NOSAWAストンピング連打。

佐々木もストンピング連打、首投げからサッカーボールキック、カバーはカウント1。佐々木パンチ、ボディスラム、ストンピング。MIKAMIローリング張り手、佐々木かわしてラリアット、MIKAMIかわして張り手、ロープに飛んでドロップキック(右写真)。佐々木張り手、顔面パンチで反撃、NOSAWAにタッチ。NOSAWAロープに振る、MIKAMIリープフロッグ、NOSAWA急所打ちからDDT。5分経過。

NOSAWAイス攻撃、コーナーに逆さ吊りにし、顔の前にイス置いてスライディングキック。さらにイスをMIKAMIの頭に強打(左写真)。ボディスラムからセカンドコーナーに上ってローリングセントーン、MIKAMIかわしてエプロンからトペ・アトミコ、ロープに飛んで180°ブーメラン、鳥羽にタッチ。

鳥羽キック連打(右写真)、NOSAWAキャッチして急所蹴り。鳥羽それでもパンチ連打。NOSAWAキャッチしてリンギーナ、MIKAMIカット。佐々木が入って鳥羽とMIKAMIの2人にリバースブレーンバスター。鳥羽にはさらに投げっ放しジャーマン。

佐々木はMIKAMIをコーナーに上げてスイングDDT狙うが鳥羽がコーナーに上げってハイキック(左写真)。MIKAMIはリング内から飛びついての雪崩式フランケンシュタイナー、エプロンに出てスワンダイブミサイルキック、さらに鳥羽のバックブロー。MIKAMI450°スプラッシュ、NOSAWAカット。

鳥羽がNOSAWAを場外に出す、MIKAMIはハシゴを用意。しかしNOSAWAがリングに戻りMIKAMIの背後からドロップキック、MIKAMIハシゴに激突。佐々木はMIKAMIにトルネードボム(右写真)、カウント2。10分経過。

鳥羽が入る。キック連打、佐々木は「ハードヒット」に付き合わずイスで防御。鳥羽のバックブローもイスにヒット、佐々木そのイスで殴ると首を取って雲龍、回転が足りず失敗(左写真)。続いてムーンサルト、これも見当外れの場所に落下、しかし無理矢理押さえ込んでカウント3。

佐々木(11分4秒 片エビ固め)鳥羽
※王者組初防衛。

なんか言い合ってるうちにマジ切れしてきたのか延々と乱闘が続く(右写真)。佐々木はハシゴ目掛けて鳥羽をパワーボム。NOSAWAはMIKAMIを流血させる。NOSAWAはまだしも佐々木は試合での失敗をごまかす、というか自分に腹立たしくて暴れてる感じ。それでルードです、ってもねえ。今日の客が怒ったのは「悪いことしたからヒートした」ってだけじゃない、ってことに気付くかな?自分で。




観戦記INDEXへ。