JWP 11/17 あさやホテル大会



会場は鬼怒川温泉あさやホテルの8階催場「華厳」(右写真)。フロントでもらったチケットには16:30開始となっていたが、結局始まったのは17:00。入場式はなし。


第1試合 春山香代子 vs 米山香織

手四つに行こうとするところに米山キック、ロープに押し付けて飛ばそうとするが春山こらえ、逆に米山をロープに押し付けて飛ばす。米山後ろからスクールボーイ、髪をつかんでホイップ。春山も髪をつかんでホイップ(左写真)2発。春山バック取って心中式アトミックドロップ、エビ固め、カウント2。2発目狙う、米山カサドーラホイップに切り返し、すぐさまクロスボディ、カウント2。

米山2発目狙う、春山受け止めて投げ捨てるとギロチンドロップ、米山かわす。米山顔面にドロップキック、コーナーに振る、春山切り返す、米山反転クロスボディ。米山ドロップキック3連発(右写真)、カウント2。コーナーに上る、春山デッドリードライブ。春山ロープに振る、米山切り返してフライングエルボー、カウント2。

米山ミサイルキック、カウント2。米山コーナーに上りムーンサルトアタック、春山かわしてフィッシャーマンズスープレックス(左写真)、カウント2。米山カサドーラ連発、カウント2。米山ダブルリストアームサルト狙う、春山ヒザ蹴りでブロック。米山逆さ押さえ込み、カウント2。ロープに振る、春山ヒッププッシュで吹っ飛ばす。

春山スタナー、コーナーに上ってミサイルキック。ギロチンドロップ、カウント2。コーナートップからダイビングプレス(右写真)、カウント3。

春山(4分44秒 体固め)米山


第2試合 輝優優 vs 倉垣翼

倉垣ドロップキックで先制、ロープに振る、輝ショルダータックルで吹っ飛ばす。輝腕取る、倉垣ハンドスプリングで切り返し、ホイップからアームロックに(左写真)。輝ハンマーロックに返すが倉垣また返す。

倉垣ホイップ、輝切り返して上になる。輝キャメルクラッチ(右写真)、リリースしてヘアホイップからドロップキック。

輝倉垣をロープに詰め、踏みつける(左写真)。起こすとDDT、カウント2。輝ワキ固めに、倉垣回転して脱出する。

倉垣フロントネックロック(右写真)、輝が首を抜くと倉垣は下からボディシザーズで締める。

輝ヒジで倉垣の足を外すと立ち上がって逆片エビに(左写真)。倉垣切り返す、輝アキレス腱固めに。倉垣顔を蹴ってロープに。

輝は倉垣の足にニースタンプ連発、ロープに振る、倉垣エルボーで返す。倉垣ヘアホイップ、ドロップキックから足を取って4の字固め(右写真)。輝ロープ。5分経過。

倉垣ストンピング、輝立ち上がってエルボー打ち合い、輝はターンバックルにぶつけてエルボースマッシュ、対角線コーナーに振って串刺しニーパット(左写真)。DDTからカバー、カウント2。輝ロープに振る、倉垣側転でかわすが輝ソバット。倉垣ヘッドバット連打、ロープに飛ぶ、輝カウンターのエルボー、カウント2。

輝ロープに詰めてエルボー、助走付けてキチンシンク、カウント2。輝エアプレンスピン、倉垣エビ固めに切り返すが輝は途中でつぶす、カウント2。輝ロープに飛ぶ、倉垣キャッチしてレジーラック(右写真)、ぶん投げる。

倉垣コーナーに上り輝の背中にボディプレス、逆エビに(左写真)。途中で逆片エビにスイッチ、輝ロープ。倉垣コーナーに上ってミサイルキック、カウント2。
輝エルボー、倉垣かわしてバックドロップ、しかし場所がロープ間近。倉垣もう一発狙う、輝切り返す、倉垣再度切り返してカサドーラ、輝強引にバックドロップ(右写真)。10分経過。

輝コーナーに上って流星キック(左写真)、カウント2。輝垂直落下式ブレーンバスター狙う、倉垣ブロック。

エビ固めの応酬、倉垣ウィングクラッチホールド、カウント2。輝腕取ってラ・マヒストラル、カウント2。輝エルボー、倉垣かわしてバック取る、輝切り返して後ろから腕取るとヨーロピアンクラッチ(右写真)、カウント3。

輝(11分27秒 ヨーロピアンクラッチ)倉垣

最後これ以上ないくらいに鮮やかに決まったなあ。しかしいい試合だった。


第3試合 保坂秀樹 vs バイキング・タニグチ

ロックアップ、保坂ロープに詰める、クリーンブレーク。再度ロックアップ、タニグチコーナーに詰め、張り手入れてブレーク。バックの取り合い、保坂首投げからネックロック、マスクが外れそうになる。手四つ、ロープ際で保坂マスクはがそうとする(左写真)、タニグチ抵抗するが結構あっさりマスク取れる。その後素顔で試合続行するタニグチ。ロープに振ってタックル合戦。

保坂ドロップキック、タニグチ場外エスケープ。タニグチ場外やリングの下を逃げ回る(右写真)。千葉リングアナとタッチしようとするがもちろん千葉拒否。カウント16でようやくエプロンまで戻るがその後もエプロンをぐるぐる回ってなかなかリングインしない。保坂タニグチをリングに入れるとキック、パンチ。タニグチは耳そぎチョップで反撃。5分経過。

タニグチコーナーに詰めて踏みつけ、レフェリーの制止も無視。ロープに振ってコブラツイスト、引き倒してフォール狙う(左写真)、カウント2。タニグチは保坂の背中にダブルパンチ、ノド元に地獄突き。そしてサミング。

保坂もサミングで逆襲、ボディスラムからエルボードロップ、カウント2。タニグチ急所打ち、首投げからエルボードロップ、ロープに飛んでフライングソーセージ(右写真)、カウント2。

タニグチエルボードロップ、リバーススプラッシュ狙ってか後ろ向きにコーナーに上る。保坂立ち上がると腕を差し入れパワーボム(左写真)からジャックナイフに、カウント3。

保坂(8分11秒 パワージャック)タニグチ

いまいちイジリようもない試合。


この時点で観客を数えてみたらちょうど50人だった。


第4試合 日向あずみ、春山香代子、市川狐火名 vs ボリショイ・キッド、倉垣翼、米山香織

先発はボリショイと狐火名(右写真)。夢の対決だ。手四つ狙って探りあい、両者入らせない。納得してコーナーに戻る両者。米山「まだ何もやってない!」と突っ込む。ロックアップ、押し合うがブレーク。手四つに行く。今度は両者の間に透明な壁でもあるかのような動き。また納得して帰る2人。誰もタッチしない。仕方がないのでロープワーク、とっくに止まってるボリショイに「待ーてー」とやってしまう狐火名。「今度はお主じゃー」。ボリショイ走る、狐火名伏せる。ボリショイ背中を踏む。コーナーに振る、狐火名切り返して串刺しドロップキック、日向にタッチ。

ロックアップ、ボリショイバック取ると足をすくって倒す。日向起き上がるとホイップ、ボリショイまた足すくってカバー、立ち上がった日向をホイップで場外に落とすとこのポーズ(左写真)。これも久々に見たなあ。日向エプロンに戻るとボリショイを飛び越えての後方回転エビ、カウント2。ボリショイ地獄突き、裏投げ、米山にタッチ。

米山ドロップキック、倉垣を呼び込んでダブルでロープに振る、日向は2人のドロップキックをロープをつかんでスカすと逆に2人目掛けてドロップキック(右写真)。米山を捕らえてDDT、カウント2。春山にタッチ。

春山は米山の腕を取るとコーナーに飛び乗ってホイップ。コブラツイストで締め上げてからスクールボーイ、カウント2。逆エビに(左写真)、ボリショイがコサックダンスキックでカット。あー懐かしい。春山DDTからキャメルクラッチ、これもボリショイがカット。春山は狐火名にタッチ。狐火名ロープに振る、米山切り返してエビ固め、カウント2。倉垣にタッチ。

倉垣腕取ってステップオーバーアームストレッチに。さらにワキ固め、狐火名ロープ。エプロンから声援を送るボリショイ。よく見るとエプロンの真ん中まで来ている。これこそ秘技「伸びるタッチロープ」(右写真)。倉垣ドロップキック、ロープに振る、狐火名クロスボディ、カウント2。日向にタッチ。

日向と倉垣手四つから力比べ、倉垣が勝つ。腕をひねってロープに振るとドロップキック。ボリショイに渡すとロープ渡り。ボリショイ「そのデブ落としとけ!」と春山を警戒(左写真)、飛びつきのウラカン・ラナに、カウント2。ボリショイロープに振る、日向ドロップキック。

狐火名と春山入ってトリプルドロップキック狙うがボリショイスカす(右写真)。ボリショイ日向に飛びついてウラカン・ラナ、カウント2。ボリショイライムライト、これも2。ロープに飛ぶ、春山がエプロンから捕まえる。日向ドロップキック。場外戦に。日向コーナートップに戻ってトペコン、ボリショイをリングに戻す。

日向コーナーに振る、ボリショイ切り返す、日向反転ミサイルキック。ロープに飛んで後頭部にヒザ蹴り、春山にタッチ。春山バック取る、ボリショイは両足でロープをはさみ込んで抵抗(左写真)。一旦ブレーク。今度はボリショイがバック取る、春山切り返す、ボリショイカサドーラに、春山持ち上げてフェースイレイザー、カウント2。10分経過。

春山ローリングクレイドル、すぐに逆回転、回してエビ固めに(右写真)、カウント2。ボリショイが寝ているのを確認して春山コーナーに上る。ボリショイその間に対角線コーナー側に移動。春山意地でダイビングボディプレス敢行するが当然届かず自爆。

ボリショイはピコバスターホールド(左写真)、カウント2。倉垣にタッチ。

春山スタナー、キック。倉垣エルボー、春山かわして目つぶし。春山ロープに飛ぶ、倉垣カウンターのドロップキック。倉垣アルゼンチンバックブリーカー、前に落とす。倉垣エルボー、春山かわしてヒザ蹴り。ロープに振ってスパインボム(右写真)、狐火名にタッチ。

狐火名ロープの間を走ってフットスタンプ連打、カウント2。コーナーに上ってスイングDDT(左写真)、カウント2。ボディスラムからコーナーに上る、ダイビングフットスタンプ。春山、日向も続く。狐火名がカバー、カウント2。

狐火名ロープに飛ぶ、倉垣キャッチして急角度バックドロップ(右写真)、カウント2。倉垣ムーンサルトプレス、春山カット。倉垣は米山にタッチ。15分経過。

米山ミサイルキック、狐火名は日向にタッチ。日向ミサイルキック連発、カウント2。日向ジャーマン(左写真)、ボリショイがカット。日向コーナーに上って延髄ニー、米山かわす。

倉垣入ってヘッドバット、ボリショイ入って掌底、米山ダブルリストアームサルト(右写真)、カウント2。米山ムーンサルトアタック、カウント2。その間狐火名はボリショイの「伸びるタッチロープ」に絡まり「ううむ、何じゃこれは?」と苦悩。惜しい、これがもうちょっと見えるとこでやってれば。

春山が後ろから捕まえてミサイルキック打たせるが日向かわして誤爆。日向クロスアームスープレックス、ボリショイがカット。しかし狐火名と倉垣がボリショイと春山を押さえる間に日向がコーナーから延髄ニー(左写真)、これでカウント3。

日向(17分5秒 片エビ固め)米山



夕食会の写真。

感想はこちらか、メールにて。

観戦記INDEXへ。