JWP 5/20 ディファ有明大会



第1試合 米山香織 vs 西千明

エルボーの打ち合いでスタート(右写真)。さらに突き飛ばしあい、ドロップキック相打ちから馬乗りになってパンチの応酬と「子供のケンカ」状態。これが許されるのも若手同士のうち。米山引き起こすと髪ホイップ、首投げから首4の字、西ロープ。

米山逆エビ固めから逆片エビ固め(左写真)。リリースしてキャメルクラッチに。さらにボディシザーズに移行。西引っくり返してカンパーナの立ち上がる前の姿勢で締め上げる。米山腕を引き抜いて脱出、立ち上がるとパンチ、ロープに振る。西はドロップキックで返す。計3連発。西コーナーに振る、米山切り返して串刺しエルボー、西かわしてスクールボーイ、カウント1。

西ロープに振る、米山切り返して体を伏せる。西はそれを踏みつけ、そのままロープの間を走ってフットスタンプ連発(右写真)からボディプレス、カウント2。西「このブタ鼻!」と叫んでコーナーに上るとミサイルキック。西ボディスラムからコーナーに上ってフットスタンプ、米山かわしてエルボー、カウント2。5分経過。

米山コーナーに上る。「起きろこの洗濯板!」でミサイルキック。米山ダブルリストアームサルトの体勢、西ブロック、米山逆さ押さえ込みにスイッチ、西はじき飛ばす。西ロープに振ってエルボー、米山かわしてクロスボディ、起こすとダブルリストアームサルト(左写真)、カウント3。

米山(6分18秒 ダブルリストアームサルト)西


第2試合 米山香織 vs 宮崎有妃

引き続いて試合に臨む米山。今度は宮崎が後ろを向いたスキにドロップキックで先制。ロープに振ってもう一発ドロップキック、宮崎かわす。宮崎キック、ブレーンバスターホールド、カウント2。宮崎レッグロック、リリースしてロープに固定すると背中にドロップキック。逆エビから逆片エビ。ロープに逃げるとDDTからキャメルクラッチに。セコンドに付いていた日向が「チョークチョーク!」宮崎「うるせーよ!」米山は米山で足をバタバタさせて宮崎の背中を蹴る(右写真)。宮崎根負けしたようにリリース。

宮崎ホイップからカバー、カウント2。ロープに振る、米山飛びついてカサドーラ狙い、失敗。宮崎ボディスラムからカバー、カウント2。見y裂きロープに走る、米山カサドーラ、今度はきれいに決まる、カウント2。米山首投げからスリーパー、さらにボディシザーズに。宮崎はヒジでブレーク。宮崎コーナーに振る、米山コーナーで反転して回転エビ固め、カウント2。米山コーナーに振って串刺しドロップキック(左写真)から首固め、カウント2。5分経過。

宮崎も首固め、カウント2。宮崎ロープに飛んで顔面キック連発。4発目を米山かわしてバック取る、宮崎はロープに。米山ロープに振る、宮崎切り返す、米山エルボーで返す。コーナーに振って串刺しエルボー、カウント2。米山コーナーに上ってミサイルキック、カウント2。再度コーナーに上ってダイビングボディアタック、これも2。今度は後ろ向きに上ってムーンサルトアタック(右写真)、宮崎2で返す。

米山ダブルリストアームサルトの体勢、宮崎ブロック。宮崎は首筋にエルボースタッブ入れて肩にかつぐ、米山着地してカサドーラ、カウント2。宮崎「危なかった・・」といった顔。米山コーナーに上ってダイビングボディプレス、宮崎は足を突き出して迎撃。宮崎コーナーに上ってミサイルキック、カウント2。宮崎コーナーに上ってムーンサルト、米山かわしてダブルリストアームサルト、カウント2。米山ロープに飛ぶ、宮崎キック、肩にかついでTKO。再度肩にかついでえびす落とし(左写真)、米山カウント2で返す。

宮崎ボディスラムからムーンサルト(右写真)、米山返せずカウント3。

宮崎(10分11秒 体固め)米山


第3試合(DDT提供試合)はこちら


第4試合 JWP認定ジュニア選手権試合
倉垣翼(王者)vs アキュート冴(挑戦者)

手四つでスタート、冴飛びつき十字。倉垣ブロック。ロープに飛んでドロップキック、花道に蹴り出す。ロープに固定し花道を走ってラリアット(左写真)。倉垣花道の奥でボディスラム、冴飛びつき十字に切り返す。倉垣客席転落。冴は腕にパンチ連打してからリングに戻す。

冴は倉垣の腕にドロップキック、ストンピング連打。エルボースタッブ打ち込んでアームストレッチ(右写真)。倉垣ロープ。冴十字、倉垣ブロックしてロープ。冴首投げから羽根折り固め。リリースしてコーナーに振る、倉垣反転ミサイルキック。5分経過。

倉垣足取って4の字(左写真)、自分の腕を休ませると同時に冴の傷めてる(らしい)ヒザに攻撃。冴ロープ。倉垣足にストンピング打ってアキレス腱固め。冴ロープ。倉垣低空ドロップキック、足にストンピング入れて逆片エビ固め、冴ロープ。倉垣ロープに振る、冴ドロップキックで返す。

冴腕にドロップキック連打、ストンピング入れてワキ固めに、倉垣切り返してエビ固め、カウント2。冴十字に(右写真)、倉垣ブロックして立ち上がり足にストンピング。倉垣ローキック、ストンピング。首投げからスリーパー。冴脱出する。10分経過。

倉垣ボディシザーズからまたスリーパー。リリースしてコーナーに振ると側転エルボー、自分のヒジも痛い。冴フランケンシュタイナー。腕取って腕折り。倉垣スリーパーに切り返す、冴一本背負いで投げる。冴V1アームロック、倉垣ロープ。冴ワキ固め(左写真)、倉垣ロープ。

冴ロープに振る、倉垣エルボーで返す。倉垣キック入れてかつぐ、冴着地して腕にエルボー。冴フロントネックロックに取る(右写真)、倉垣抱え上げて落とす。15分経過。

倉垣カナディアンバックブリーカー(左写真)、落として逆片エビ、冴ロープ。倉垣再度逆片エビ、冴ロープ。倉垣ストンピング打ち込んで弓矢固め、体勢崩れる。

倉垣キャメルクラッチとフェースロックの複合技(右写真)。冴ロープ。倉垣ストンピング。冴立ち上がってエルボー連打、ロープで腕攻撃。20分経過。

冴腕折り、ブレーンバスターの体勢、倉垣が逆に投げる。倉垣ムーンサルト、冴かわす。冴場外に落として客席でイス攻撃。リングに戻すとミサイルキック、カウント2。冴コーナーからダイブ、倉垣下からドロップキックで迎撃、冴場外エスケープ。倉垣イス攻撃、南側客席の奥まで連れて行ってイスで埋めて自分はリングに戻る。場外カウント17でも戻れない冴をスゴーが一旦チェックしに行く。冴ダッシュで戻る。しかしこれは・・・・戻れない冴も悪いが残り時間が少なくなってから場外に出る倉垣も。25分経過。倉垣バックドロップ、カウント2。コーナーに上ってダイビングプレス、カウント2。倉垣コーナーに上る、冴追って雪崩式一本背負い(左写真)から十字。倉垣ロープ。

残り時間3分のコール。冴コーナーに上ってダイビングフットスタンプ(右写真)、倉垣の腕に命中。冴飛びつき腕十字。倉垣ロープ。

残り2分。倉垣アルゼンチンバックブリーカー(左写真)から落とす。残り1分。倉垣バックドロップ、冴押しつぶして十字、倉垣ロープ。冴再度コーナーに上って腕目掛けてダイビングフットスタンプ。十字に入ったところでタイムアップ。

倉垣(30分時間切れ引き分け)冴
※倉垣防衛。

その後米山が挑戦をアピール、認められたらしい。


第5試合 コマンド・ボリショイ&カルロス天野 vs 日向あずみ&中山香里

この関節兄弟の揃いのオーバーマスクはまだ健在(右写真)。しかしポーズのタイミングは合わず。

「女子プロレス団体」はいつ以来?>中山香里(左写真)。先発はその中山と「天野の強い希望により」コマンド。しかし手四つで探りあうその背後から天野がキック、ダブルのバックドロップ。コマンドと天野は交互にエルボードロップ→ハイファイブエルボー。コマンドロープに振る、中山切り返して変形のかわづ落とし、ロープの反動を使ったギロチンドロップからカバー、カウント2。中山パンチ、コマンドヘッドバット。中山は日向にタッチ。手四つと見せかけてコマンドは足踏んで日向をコーナーに連れて行き天野にタッチ。

天野アームストレッチ、日向切り返す。日向ロープに振ってジャンピングニー、バックドロップからカバー、カウント1。日向は天野をコーナーに連れて行き中山にタッチ、ダブルで踏みつけ(右写真)。中山パンチ、天野の短い髪をつかんでひねる。天野異様に痛がる。レフェリーがブレークすると中山今度は耳つかんで耳そぎチョップ。中山コーナーに振って串刺しエルボー。首投げからハンマーロック、天野切り返す。中山逃げる、天野押さえつけてバックマウント、そのままコーナーに連れて行きコマンドにタッチ。コマンドフィッシュストレッチスリーパー、日向カット。5分経過。

コマンドDDT、カウント2。首投げ、天野にタッチ。天野はさっきのお返しとばかりに中山の髪を束ねてひねり上げる。そのまま髪ホイップ、ロープに固定して中山に踏みつけのお返し(左写真)。天野コーナーに振る、中山切り返す、天野コーナーに飛び乗ってフライングラリアット、中山かわしてドロップキック。ロープワーク、ちょっとタイミング合わず中山キック、天野カニばさみで倒す、そこにコマンドがドロップキック。

関節兄弟はダブルのビクトル投げ(右写真)、レフェリーがブレーク。天野バック取る、中山切り返してパンチ、DDT。首を取るとコーナーを駆け上がってスイングDDT、カウント2。日向にタッチ。日向ニーアタック、ロープに振る、天野フライングラリアットで返す。

天野がダブルアームの体勢、日向ブレークして逆にダブルアームに、天野リバース。天野コーナーに上ってダイブ、日向は下からドロップキックで撃墜。日向ストンピング、顔面踏みつけ。日向ジャーマン、天野着地してエルボー。ローリングエルボーは日向かわしてバック取るとジャーマンに、天野前方回転してヒザ十字、日向はその勢いを利用して立ち上がるとストンピング、ロープに振る、天野切り返して飛びつき十字固め(左写真)、日向ロープ。この一連の動きはさすが。10分経過。

天野はコマンドにタッチ。コマンド飛びつくと2回転コルバタ。再度飛びつくとライムライト、カウント2。三度目は日向風車式バックブリーカーに切り返す。日向コーナーに振る、コマンド切り返す、日向コーナーに飛び乗って反転ミサイルキック、コマンドかわす。コマンドコーナーに上ってウルトラ・ウラカン・ラナ、カウント2。コマンド再度コーナーに。日向追いかけて雪崩式ダブルアームスープレックス(右写真)、カウント2。

日向ロコモーションジャーマン、2発で天野がカットイン。天野が日向を羽交い絞めにしてコマンド掌底、日向かわして天野に誤爆。日向コマンドに再度ジャーマン、カウント2。日向みちのくドライバーに抱え上げる、コマンド丸め込んで横三角絞めに(左写真)。中山がカット。しかしコマンドは再度横三角絞め、中山これもカット。

コマンドが日向をロープに振る、日向カウンターのニーアタックからみちのくドライバー(右写真)、カバーは天野がカット。日向は中山にタッチ。中山コーナーに上ってミサイルキック、天野も場外に蹴り出すとムーンサルトプレス、カウント2。

中山爆NEWスープレックス(左写真)、天野が戻ってカット。中山がコマンドをコーナーに上げる、天野が中山にジャーマン。コマンドはマットに降りて中山に掌底、日向がカット。コマンドはタイガースープレックス、中山2で返す。15分経過。

コマンドが中山を引き起こして立ったところに日向がその後頭部目掛けてスワンダイブミサイルキック、すかさず中山がラ・マヒストラルで丸め込む、カウント2。中山再度ラ・マヒストラル、これも2。コマンド立ち上がるとミドルキック、中山キャッチ、コマンドは身を沈めて下から三角絞め(右写真)、中山ギブアップ。

コマンド(15分51秒 三角絞め)中山


第6試合 輝優優 vs 井上貴子

貴子のセコンドにはBlack Jokerの風間とイーグルが(左写真後ろ姿)。ヤマモがいないと風間もこうまで簡単に来れるか。

貴子キックで先制、ターンバックルにぶつけ、エルボー連打。輝もエルボー打ち返す。貴子ローキック2発、3発目は輝キャッチして裏アキレス腱固め。リング中央に引っ張って行って逆片エビ。さらにサーフボードホールドに(右写真)。輝キャメルクラッチに、リリースして髪ホイップ。貴子エルボーで返して髪ホイップのお返し。しかも3連発。貴子首投げ、顔面を2度マットに叩きつけてからSTF。5分経過。

貴子リリースしてストンピング、バックドロップから逆エビに。輝が抵抗すると再度STFにスイッチ。輝ロープ。貴子ストンピング、引き起こしてロープに振る、輝切り返してワキ固めに(左写真)。貴子ロープ。貴子ローキック連打、輝は腕を取ってアームブリーカーからワキ固め、さらにアームストレッチ、十字に移行。貴子ロープ。輝ヒザ蹴り、貴子ローキック、ハイキック。コーナーに振る、輝切り返してイナヅマ。DDTからロープに振る、貴子キックで返してDDT。顔面キック連打、3発目輝かわすが貴子はソバット。10分経過。

貴子ボディにソバット連打、ロープに振る、輝エルボーで返す。貴子もエルボー入れてロープに飛ぶ、輝キチンシンク。輝ロープで首攻めた跡ロープで固定して助走つきエルボースマッシュ3連発(右写真)。コーナー飛び乗って三角飛び延髄蹴りからだるまジャーマン、カウント2。輝が貴子をかついでコーナーに、貴子着地して裏拳。輝場外転落。レフェリーが場外カウントより先に輝の状態をチェックする。一度脳内出血を起こした輝だけにこういうシーンはドキッとする。輝すぐに立ち上がるとカウント7でリング復帰。しかし貴子は場外連れ出すと壁にぶつける。リングに戻るとDDT。貴子コーナーに上る。輝追いかけてコーナーに。貴子雪崩式ノド輪落とし、カウント2。15分経過。

貴子裏拳、輝かわして水面蹴り。ジャーマン、カウント2。貴子バックドロップホールド、これも2。貴子コーナーに上ってデスティニーハンマー、輝かわしてエルボースマッシュ、カウント2。輝垂直落下式ブレーンバスター、貴子ブロックしてハイキック。貴子コーナーに上る、輝エルボー、貴子エプロンに。輝は引きずり上げて雪崩式ブラックバスター(左写真)、カウント2。

輝垂直落下式ブレーンバスター、これも2。貴子ソバット2連発、裏拳2発。ハイキックはかわして輝ヨーロピアンクラッチ、カウント2。輝コーナーに振る、貴子切り返す、輝再度切り返す、貴子は輝が突っ込んでくるところにカウンターの顔面パンチ。カバー、カウント2。貴子は輝を立たせて裏拳からカバー(右写真)、カウント3。

貴子(18分41秒 体固め)輝


第7試合 美咲華菜 vs 春山香代子

春山がコール中に先制、美咲にスタナー、そのまま場外戦に。春山イス攻撃、美咲は春山を客席裏のイスが積んであるところまで連れて行ってぶつける(左写真)。この攻撃で春山は額から流血。美咲さらに鉄柱攻撃加えてリングに戻す。

美咲はリング調整用の金具で傷口をさらに殴りつけるとスイングDDT(右写真)、DDT。しかし春山も2発目をかわしてフェースクラッシャー、キック連打からカバー、カウント1。5分経過。

春山ロープに振る、美咲切り返す、春山ジャーマン。美咲立ち上がるとソバットから再度スイングDDT。春山は美咲を捕らえてローリングクレイドル、カウント2。場外に押し出す。春山イス攻撃、北側ステージに連れて行く。倉垣がイスをセット、春山それにぶつけ、距離を取って倉垣と2人でフェースクラッシャーonイス。春山は美咲の額をステージの鉄柱にぶつけて流血させる。リングに戻すとダブルでロープに振ってスパインバスターからダブルのアルゼンチンバックブリーカー(左写真)。なんか、こうやって普通に2人がかり攻撃する人たちが「ピュアハート」だなんだ言ってもねえ・・・。

ハルクラはダブルのミサイルキック(春山のはヒットせず)。倉垣コーナーに上る、春山が美咲をボディスラム。美咲春山にハイキック。倉垣にもバックドロップ。春山エルボー、美咲もエルボーで返す。春山もう一発返すとジャーマン(右写真)、カウント1。10分経過。

春山コーナーに上ってダイビングプレス、カウント2。春山が美咲をコーナーに上げる。春山もセカンドロープに。美咲リングに降りて春山をパワーボム風に叩きつける。コーナーに上るとダイビングセントーン、カウント2。美咲フィッシャーマンバスター、春山ブロックしてオリジナルのスープレックス、カウント2。春山パンチ、美咲ブロックしてK-ショック。美咲ハイキック、ソバット、ミドルキック、ハイキックからもう一発K-ショック(左写真)、カウント2。

そこに倉垣がミサイルキック。あーあ。春山フェースクラッシャー、コーナーに上ると倉垣を自分の肩に乗せて倉垣ダイビングプレス(右写真)、春山もプレス。カウント2。春山コーナーに上る、美咲ハイキックからフィッシャーマンバスター、カウント2で引き起こす。

美咲コブラクロー(?)から押し付けてフォール、カウント2。コーナーに上ってダイビングセントーン、カウント2。美咲裏拳2発からまたコブラクロー風に春山を押さえつけてフォール(左写真)、カウント3。

美咲(14分31秒 体固め)春山

なんか休憩の後、セミ、メインとどんどんテンションが低くなる興行だったな。前回の「ピュアハートvs脱ピュアハート」の対立構造ができた興行は見てないんだけど、その結果がこれでは。そういう因縁とかストーリーには乏しいけど試合内容で見せられるのがJWPだと思ってたんだけど、もうそれは求めても仕方ないようだね。



観戦記INDEXへ。